ASIA INFORMATION BLOG

アジア各国での生活や旅行・転職に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

インドネシアビジネスの最前線③(2017年版)

日系企業がインドネシアに進出する際に、さまざまな投資恩恵を受けられることは前回解説しましたが、一方で、外資企業の進出・参入が認められていない産業も存在します。 本稿では、インドネシアにおける外資規制の概要について解説します。   1. インドネシアの外資規制 i. インドネシアの外資規制の概要 インドネシアの外資規制は、他の東南アジア諸国に比して、規制が厳しいことが特徴です。インドネシアの外資規制は、①投資法と、その下位規範である②新大統領規則、③原則許可に関する規則、④事業許可に関する規

今、アジアで求められる若手営業特集! 営業経験はアジアでいかせる!

  アジア転職において、営業職は最も募集が多い職種の1つ! 今回、若手の皆さんにぜひご注目いただきたい“アジア勤務の営業職”について、ご紹介します。   漠然と「海外で働きたい!」と思っているけれど、「自分の経験で海外で戦えるのかな・・・?」なんてお思いのあなた!   日本での営業経験は、アジアでも十分に活かせるんです。   営業職にとって、キーとなる ・相手の本音を引き出すコミュニケーション力 ・目標への達成意識 ・まわりを巻き込む力 これらは、アジアでの営業職として

インドネシアビジネスの最前線②(2017年版)

前回の記事では、日系企業がインドネシアのビジネス概況と日系企業の進出状況を解説しました。インドネシア進出において、当局の必要条件を満たした際には各種の投資優遇の恩恵を受けられることも可能です。 本稿では、そのインドネシアの投資優遇制度の概要について解説します。   1. インドネシアの投資優遇制度の概観   インドネシアにおいては、外国資本を呼び込むために、様々な投資優遇制度が存在します。これは、インドネシア政府が外国企業の投資や誘致を積極的に推し量っていることの表れで、日系企業

現地在住者が教えます! インドネシアの住居事情

初めまして。 グローバル転職支援サイトiconicJobのジャカルタオフィスキャリアアドバイザー、中島と申します。 日頃、海外勤務を希望される方とお話をさせていただく中で「インドネシアの生活について教えてほしい!」というご要望をよくいただきます。 そういったご要望にお応えするために、ジャカルタ在住の私がインドネシアの生活情報やその魅力をブログで発信することにいたしました。 一人でも多くの方にインドネシアに興味を持っていただけたら嬉しいです!   さて、今回ご紹介するのは、インドネシアの住居事

インドネシアビジネスの最前線①(2017年版)

近年、日系企業の東南アジア進出が加速しています。日系企業にとって、東南アジアは魅力的な市場であり、どの日系企業にとっても事業拡大のために避けては通れない市場という位置づけではないでしょうか。 その中でも今回は東南アジア一の人口を誇るインドネシアのビジネス概況についてご紹介します。   1. インドネシアのビジネス概況   インドネシアは、東南アジアの南部に位置する共和国家であり、大小多数の島から構成され、首都はジャワ島にあるジャカルタとなっています。 人口は、全土で約2億5,800万人

ジャカルタ在住者がオススメする意外な渋滞の楽しみ方!~インドネシアの渋滞事情~

どーも初めまして! 特技は猿とのコミュニケーション、ジャカルタ在住歴1週間の中森と申します。 ジャカルタに来て1週間が経ち、そろそろ生活にも慣れてきた今日この頃。 日々生活していく中でひとつだけ、ストレスを感じることがあります。 そうです。お察しの良い方なら、もうお分かりですね。 渋滞 です。   インドネシア(ジャカルタ)の超深刻な渋滞事情!     ジャカルタでは歩道の整備がまだ進んでおらず、どこへ行くのもタクシーやバイクでの移動が基本です。 それによって引き起こさ