マレーシアで揃う日用品と日本から持っていくべき持ち物

こんにちは!マレーシア在住のライター Yuuuuです。
マレーシアでの生活・お役立ち情報を発信中!今回のテーマは「マレーシアで揃う日用品と日本から持っていくべき持ち物」です。

マレーシア 日用品の画像

マレーシアへ長期滞在、移住するとき、
・マレーシアで揃う日用品って?
・物価はどのくらいで、いくらで買えるの?
・日本から持っていった方がいいものは何?
と感じる方も多いのでは?

この記事では、マレーシアで買うことのできる日用品や価格の紹介から、日本から持っていくべきものまで詳しくお伝えします!

この記事を参考に、さっそくマレーシアへ行く準備をしましょう!

マレーシアで購入できる日用品って?物価はどのくらい?

まずはマレーシアでどのようなものが手に入るのか、項目別にまとめていますので見てみましょう。

※RM1=25円で計算(2020年9月現在)
※価格は販売しているお店や通貨レートによって異なります。あくまで参考としてください。今回はJaya GrocerとWatosonにて撮影・価格調査をしています。

【キッチン用品】
自炊したり、食器を洗ったり・・キッチン用品は必須ですよね。

キッチン用品は台所洗剤から、包丁、まな板、クレンザーなど必要な物はほとんど手に入ります。

マレーシア 日用品の画像
↑台所洗剤

マレーシア 日用品の画像
↑キッチンスポンジ

マレーシア 日用品の画像
↑フライパン

キッチン用品の一例 価格RM(日本円)
台所洗剤 約RM6(150円)
キッチンスポンジ4個入 約RM6.5(163円)
クレンザー 約RM5(125円)
フライパン 約RM20(500円)
包丁 約RM30(750円)
まな板 約RM15(375円)

 
【トイレ、バス用品】
毎日使う物なので、どのような物があるのか知っておきたいところ。

マレーシアブランドと海外製品で値段がかなり異なりますので、主にマレーシアブランドの価格を記載しています。

マレーシア 日用品の画像
↑トイレットペーパー

マレーシア 日用品の画像
↑歯磨き粉

マレーシア 日用品の画像
↑シャンプー

トイレ・バス用品の一例 価格RM(日本円)
トイレットペーパー10ロール 約RM15(375円)
歯ブラシ3本入 約RM10(250円)
歯磨き粉 約RM5(125円)
シャンプー 約RM15(375円)
ボディソープ 約RM9(225円)
フェイスウォッシュ 約RM13(325円)

 
【洗濯、掃除用品】
1年中夏のマレーシアでは日本にいた時よりも洗濯回数が増えます。

また、部屋の床がフローリングではなく大理石などのツルツルした素材が多いので、掃除用品の購入が必要です。

マレーシア 日用品の画像
↑洗濯洗剤

マレーシア 日用品の画像
↑柔軟剤

マレーシア 日用品の画像
↑モップなどの掃除道具

洗濯、掃除用品の一例 価格RM(日本円)
洗濯洗剤 粉・2KG 約RM16(400円)
柔軟剤 約RM7(175円)
ほうき 約RM12(300円)
デッキブラシ 約RM12(300円)
クレンザー 約RM5(125円)
パイプウォッシュ 約RM11(275円)

 
【虫除け関連用品】
どうしても避けられないのが、虫。特に蚊やアリはよく出没します。

その分マレーシアの虫除け関連の商品はとても充実しているので安心です。

マレーシア 日用品の画像
↑虫除けスプレー

マレーシア 日用品の画像
↑殺虫剤

マレーシア 日用品の画像
↑ゴキブリ用トラップ

虫除け関連用品の一例 価格RM(日本円)
蚊取り線香 約RM5(125円)
虫除けスプレー 約RM10(250円)
殺虫剤 約RM11(275円)
ゴキブリ用トラップ 約RM9(225円)

 

マレーシアで買える日本製品はどんなものがあるの?

なんと日本でおなじみの「アレ」も実はマレーシアでも手に入るんですよ!

ここからは、いくつかの例を写真を使って紹介します。

お店によって扱っている商品が異なるので、注意してくださいね。

【洗濯洗剤・柔軟剤類】
マレーシア 日用品の画像

マレーシア 日用品の画像

マレーシア 日用品の画像
代表的な日本製‥アタック、トップ、ソフラン

【歯ブラシ・歯磨き粉類】
マレーシア 日用品の画像

マレーシア 日用品の画像
代表的な日本製‥システマ,オーラルビー

【虫除け類】
マレーシア 日用品の画像
代表的な日本製‥フマキラー

日本のものが手に入りやすいスーパーやドラッグストアはどこ?

マレーシア 日用品の画像

ここでは、5つのお店を紹介します。

(1)AEON
日本のイオンがマレーシアに出店してはや10年以上。

マレーシアでも高い知名度を誇り、規模が大きいスーパーです。

商品のラインナップは日本と同じで、日本でおなじみの「トップバリュー」商品やさまざまなメーカーの商品を扱っています。

日本製品も多く販売しており、日本食品のコーナーが必ずあるので便利です。

HP:http://www.aeonretail.com.my/

(2)Village Grocer
日本人が多く住むエリアに出店しており、新鮮な食材や輸入食材・商品を多数取り扱っています。

「中島水産」が出店しているため、日本のようにスーパーで手軽にお刺身やお寿司などの魚を使った商品を購入できるのが特徴です。

HP:https://villagegrocer.com.my/

(3)JAYA GROCER
Village Grocerと同じく日本人が多く住むエリアに出店しており、日本製品・食品だけでなく英国製、オランダ製などの欧州のものも豊富です。

クアラルンプール国際空港(KLIA2)の中にも出店しています。

輸入食品も幅広く取り扱っているので、日本人でもある程度満足できる買い物ができるスーパーの一つです。個人的にもお気に入りのスーパーの一つです。

HP:https://www.jayagrocer.com/

(4)Watoson
・香港で誕生し、1994にマレーシアに進出し、現在約550店舗(2020時点)出店しているドラッグストアです。

化粧品、シャンプーなど日本製はもちろん海外製品も多く扱っています。

HP:https://www.watsons.com.my/

(5)guardian
現在、マレーシア、ブルネイ、シンガポール、インドネシア、ベトナム、カンボジアなど東南アジアで幅広く展開しているドラッグストアです。

マレーシアには440以上の店舗があり(2020年現在)、Watsonと同じく日本製のものを購入することができます。

HP:https://guardian.com.my/

ドラッグストアについてはこちらの記事も参考にしてくださいね!

ーーーーーーーーーーーーーーー

今回ご紹介したスーパー・ドラッグストアは、日本製品が購入できる一例です。

どのお店も、日本人が多く住むエリア、よく使うショッピングモールに出店しているので大変便利です。

上記以外にも、DAISOや無印良品など日本でおなじみのショップがマレーシアに出店しているので買い物に困りません。

あると便利!日本からマレーシアへ持ってきてよかったもの

マレーシア 日曜品の画像

これまでお話してきたように、大体のものはマレーシアで手に入れることができます。

これまでの経験で「便利だったもの、あると便利なもの」を以下にまとめていますので参考にしてくださいね。

《便利だったもの、あると便利なもの》
・よく使う、または使い慣れている薬類
・箸
・お椀
・包丁
・ラップ
・化粧水や化粧落としなど直接肌に塗るもの
・生理用品(ナプキン・タンポン)
・ボールペン
・パソコン(日用品ではないですが・・)
※海外で買うと、日本語キー対応してないので慣れるまで時間がかかります。

 
海外に住んでいると、日本製品の質の良さを痛いほど感じます。

食器類ももちろん売っていますが、大きすぎる皿や滑り止めのない箸といった、”ちょうど良い”大きさのお椀がなく困りました。

他にも、化粧水や生理用品など肌に触れるものはある程度持ってきておいて、マレーシアで合うものがないか探す方法がおすすめです。

まとめ

マレーシア 日用品の画像

マレーシアはさまざまな国の人たちが生活をしていることもあり、ある程度の物は手に入りやすい環境です。

品数も商品の質など年々よくなっており、生活しやすいと感じます。

日系スーパーのAEONをはじめ、DAISO、無印良品、衣服で言うとUNIQLOもあります。

しかし、日本製品は輸入品扱いのため日本で購入するより値段が高かったり、取り扱っているお店が限定されていたりと少し不便を感じることもあります。

「使い慣れている物がいい」「これがないと不安」というものは日本で準備しておくと安心ですね。

 


 

マレーシア勤務の求人をお探しの方へ

iconicJobでは、「マレーシアで働きたい」「グローバルに活躍したい」方のために転職支援サービスを提供しています。
興味をお持ちの方は、以下の申し込みフォームよりお気軽にご連絡ください。ご利用は全て無料です。

転職支援サービスに登録(無料)

 

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

ICONIC

マレーシア・クアラルンプールとタイ・バンコクを行き来するノマドワーカー。出産を機にフリーランスに転身。息子(1歳)の子育てに奮闘中!

記事をシェアする

関連する記事