マレーシアから日本への荷物の送り方|送付方法から送る手順まで解説

こんにちは!マレーシア在住のライター Yuuuuです。
マレーシアでの生活・お役立ち情報を発信中!今回のテーマは「マレーシアから日本への荷物の送り方」です。

マレーシア 荷物 送り方の方法

「マレーシア旅行のお土産を日本に送りたい」
「使わなくなったものを日本に送りたい」
といった時、知っておくと便利なのが「マレーシアから日本への荷物の送り方」です。

この記事では、送り方の種類から送る方法まで紹介します。

この記事を読んで、マレーシアから日本へ荷物を送ってみましょう。

マレーシアから日本へ荷物を送る方法は?

マレーシア 荷物 送り方の方法

マレーシアから日本へ荷物を送る方法としては「EMS」を利用する人が多いのではないでしょうか。

EMSとは、国際スピード郵便(英語表記: Express Mail Service, EMS)のことで、国際郵便の一種です。

加盟している国同士であれば、最も迅速に配達することが約束されています。

マレーシア国内はマレーシアのPOSが、日本に着いてから届け先までは日本郵便が運びます。

《EMSを利用するメリット》
・輸送中は最優先で取り扱われるため、速達と同等以上の速さで送ることができる
・世界の多くの地域へ2日〜10日後に届けることができ、通常郵便物の航空扱いよりも、数日〜1週間早く届く
・引受から配達までの配達状況の確認・追跡ができ、補償がついている
《EMSを利用するデメリット》
・他の郵送方法より料金が高い

 

EMSを利用する場合、マレーシアの郵便局「POS Laju」から送ることができます。

POS Lajuの場所、営業時間はGoogleマップやPOS Laju公式サイトで調べるか、公式アプリ(※)から確認しておきましょう。

(※)マレーシア郵便局公式アプリ
Pos Malaysia on the App Store
Pos Malaysia Google Play

金曜日午後はムスリムのお祈り時間があったり、他にもマレーシアならではの祝日があったりと日本と異なる点も多くあります。

営業時間の変更や休業日となることもあるので、事前に確認をしておきましょう。

下記に主なPOS Lajuの場所をまとめていますので、参考にしてくださいね。

《主なPOS Lajuの場所》
・POS Malaysia Headquarters
最寄駅:Pasar Seni(パサールセニ)駅 徒歩約3分 ※駅からPOSまで連絡通路あり
営業時間:月〜金 8:30から20:00、土 8:30〜17:00
休業日:第一土、祝日

 

マレーシアから日本へ荷物を送る手順

(1)荷物を梱包する
日本と違い、発送した荷物は税関や交通機関など、陸路だけでなく空路といった多くの場所を通って送付先の住所まで届けられます。

何千キロも運ばれるため、荷物の外装は凹んだり、穴が空いてしまったりと多くのダメージを受けます。

そのため、クッション性のある梱包資材やビニール袋、厚紙などを使って、事前にしっかり補強しましょう。

郵便局で発送用のダンボールが購入できる
発送用のダンボールは郵便局で購入することができます。

郵便局にガムテープや破損を防ぐための緩衝材などの販売はしていないため、必要な場合は事前に購入しておきましょう。

販売されている段ボールの種類はS・M・Lの3種類です。
・段ボール箱の値段:S/2KG(RM3)、M/5KG(RM4)、L/10KG(RM6)
・発送可能な重さ:一度に送付可能な荷物の最大重量は30KGまで

(2)荷物を郵便局へ持っていき、伝票に必要事項を記入する
発送カウンターへ行き、「EMSを利用して、荷物を日本に送りたい」と伝えましょう。

【EMS宛名用紙の書き方】
・差出人の情報:名前、住所、連絡先(電話番号またはメールアドレス)
※マレーシアに在住でない場合は日本の住所
・受取人の情報:名前、住所、連絡先(電話番号またはメールアドレス)
・送付方法:船便か航空便かをチェック
・内容物についての詳細
・サインと日付
・返品方法
・追跡番号

伝票に必要事項を書いたら、荷物には貼らずに荷物と一緒に窓口へ提出します。

(3)伝票を書き終えたら、重さを計り送料を支払う
送料は発送先のエリアと荷物の重さで決まります。

係員が重さを計って料金を計算しますが、EMSで送る場合のおおよその送料はこちらから確認することができます。

日本への荷物を送る場合の送料の目安は「ZONE4」を確認してください。

定期的に送料の見直しがあるため、上記のリンクが変更されている場合こちらから最新の送料を確認することができます。(SENDINGページ→Courierタブ→Express Mail Service (EMS)タブ→RateのPDFより確認できます

【マレーシア→日本・EMS料金】
2kg   RM151.00(約3,800円)
5kg   RM247.00(約6,200円)
10kg RM407.00(約10,200円)
※上記の料金からさらに20%の税金がかかります
※2020年7月現在 RM1=約25円で計算
【マレーシア→日本・所要日数の目安】
EMS 一週間〜二週間ほど(税関の通過タイミングによる)


(4)荷物を発送したら、送り先に届くまで配達状況を確認する
荷物の発送後、伝票の控えに記載されている追跡番号を入力すれば、以下の方法で追跡状況の確認することができます。

1)マレーシア郵便局公式アプリ
Pos Malaysia on the App Store
Pos Malaysia Google Play

2)POS Laju公式サイトトラッキングサービス「Track&Trace

◆EMS以外の送付方法は?
参考に、他の送付方法をいくつか紹介します。

POS Lajuで選択できる発送方法
・航空便(SAL便):EMS(速達)とは違い、普通郵便のため到着まで数週間かかる)
・船便:料金が安いが、到着まで三ヶ月ほどかかる

《民間業者の国際宅急便
・DHL
・UPS
・FedEX
・MAIL BOXES ETC (※)など

(※)MAIL BOXES ETC:コピー、印刷、配送、企業の私書箱など幅広いサービスを提供している。ここではPOS Lajuも含めた国際宅急便各社の中から、顧客のニーズに合わせた発送方法を選ぶことができ、梱包資材も買うことができる。

ーーーーーーー

今まで送り方がわからなかった方も、この記事を参考に日本へ何か送ってみてはいかがでしょうか?

 


 

マレーシア勤務の求人をお探しの方へ

iconicJobでは、「マレーシアで働きたい」「グローバルに活躍したい」方のために転職支援サービスを提供しています。
興味をお持ちの方は、以下の申し込みフォームよりお気軽にご連絡ください。ご利用は全て無料です。

転職支援サービスに登録(無料)

 

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

ICONIC

マレーシア・クアラルンプールとタイ・バンコクを行き来するノマドワーカー。出産を機にフリーランスに転身。息子(1歳)の子育てに奮闘中!

記事をシェアする

関連する記事