フィリピンへ行くならセブパシフィック航空がオススメ! 予約方法をご紹介

記事をシェアする

日本から実はたったの4時間半で行くことができるマニラ!

フィリピン航空、全日空などが日本の各空港とマニラ間の直行便を運航していますし、チャイナエアラインやエバー航空などは台湾経由の便を運航しています。

2013年にはフィリピン航空は成田行きのフライトを一挙に3倍近く増便! 羽田空港からの発着もできるようになったため、フィリピンと日本は気軽に行き来できるようになりました。

しかし、中国、韓国、台湾への便と比べると、フィリピン行きチケットは少し高め。往復で5~6万円が相場ですが、ピークシーズンになると10万円を超えることも珍しくありません。

そこでおすすめしたいのが「セブパシフィック航空(Cebu Pacific Air)」!

今回はセブパシフィック航空の予約方法をご紹介します。

 


格安航空会社セブパシフィック航空とは?

フィリピン国内線のほか、フィリピンを拠点としてインドネシア、マレーシア、シンガポールなどの東南アジア諸国や、中国、台湾、韓国などの東アジアの主要首都の便も運航しているフィリピン最大の航空会社です。

セブパシフィック航空は、LCC(格安航空会社)で、予約システムや機材の整備などにはお金をかけますが、無料の機内食やドリンクサービスなどは実施しないことによって低コストを実現しています。

日本とマニラ間では成田空港、関西空港、中部国際空港、福岡空港で運航。
割引プロモーションを頻繁に行っており、「東京-マニラ間 片道10,500円」「名古屋-マニラ間 7,900円」といったかなりお得なチケットがゲットできるのです!
プロモーション実施時でなくても、他の航空会社よりも安く購入できるので、とってもおすすめです。

 

実際に乗ってみた感想は、「食事やドリンクが含まれていないことを除けば、他の航空会社と大差ない」ということ。食事やドリンクがほしい場合は予約時に選べる or 機内で購入もできます。機内では免税販売もしています。

肝心の乗り心地はどうなのかというと、意外と快適なのです。座席も十分にスペースがあり、他の航空会社と大差ありませんでした。
添乗員さんもとても優しく対応してくれました。

 
 

セブパシフィック航空の予約は、インターネットで!

セブパシフィック航空のチケットはインターネットで予約ができます。
ですが、「予約が難しい」「よく分からない」という人がとても多いので、今回は予約方法をご紹介したいと思います。

 
<手順>
1.公式ホームページにアクセス(できれば英語ページ)
2.フライトの時間とオプションを選択
3.個人情報を入力
4.支払方法を選択(クレジットカードかデビットカード)
5.支払確定。メールで日程表を受領

 

1.公式ホームページにアクセス(できれば英語ページ)

まずは、セブパシフィック航空の公式ホームページへアクセスします。

日本語の言語切り替えもあるのですが、私は「英語」のページで予約することをおすすめします。日本人向けサービスがまだ充実しておらず、ページ上の日本語もまだ十分ではないようです。
公式ホームページへアクセスすると「Search Flight(フライトの検索)」で、必要な情報を入力します。

・「Round-trip(往復)」をチェック(フィリピンは復路チケットを所持していないと入国できません。必ず往復チケットを購入してください。)
・「From(出発地)」「To(到着地)」で行先を選択
・「Departure(出発)」「Return(戻り)」で往復の日程を選択
・「Adult(大人)」「Child(子供)」「Infant(幼児)」で人数を選択
・「FIND FLIGHT」をクリックし、フライトを検索

 

2.フライトの時間とオプションを選択

「Select your departure flight(往路のフライトを選択)」で行きのフライトの時間を選択します。
もしフライトのみで預け荷物がない場合は「FLY ONLY」をクリックします。預け荷物ありの場合は「FLY + BAGGAGE」、食事もつけたいなら「FLY + BAGGAGE + MEAL」を選択します。もしこの時点で分からない場合、予約後に変更もできます。
画面の下に進み、「Select your return flight(復路のフライトを選択)」でも同じように選択します。選んだら、画面の下にある青いボタン「Continue(次へ)」をクリックします。

 

3.個人情報を入力

「Guest Information(個人情報)」で名前、誕生日、国籍などを入力し、「Passport Information(パスポート情報)」でパスポートの情報を入力します。内容を入力したら、「Continue(次へ)」をクリックします。
次の画面へ行くとオプションサービスを選択する画面へ行きます。この時に手荷物へ機内食も追加できます。

 

4.支払方法を選択(クレジットカードかデビットカードのみ)

「Booking Summary(予約内容)」という灰色のボックスが表れるので、一番下にある「I HAVE REVIEWED MY BOOKING SUMMARY(予約内容を確認しました)」のボックスにチェックを入れ、青いボックス「Confirm and Continue(確定・次へ)」をクリックします。

すると、支払方法を入力する画面へ進みます。
日本で予約する場合は、クレジットカードもしくはデビットカードのみ可能です。(フィリピンで予約をする場合は、バヤッドセンター(Bayad Center)やコンビニエンスストアなどで現金払い可能です。)

VISA、MasterCard、UATP、AMERICAN EXPRESSしか使用できませんのでご注意ください。住所やメールアドレスなども入力するところがありますので、英語で記入します。

 

全ての入力が終わったら「Continue(次へ)」を押します。これで予約は完了!

少し待つと予約が完了し、予約番号(Reference Number)が表示されます。予約番号は予約の確認をする際に必要になるので控えておくとよいです。
また、セブパシフィック航空からメールが届き、旅程表と領収書が添付されています。出発当日は添付の旅程表を印刷して持っていきましょう。当日、チェックインカウンターで予約時に使用したクレジットカードの提示を求められる場合があるので、持っていきましょう。

 

フライト当日に必要なものは、印刷した旅程表、パスポート、航路チケット(もしくは往路の旅程表)
写真付き身分証明書(パスポート以外)の提示を求められることもあるようなので念のため持参します。チェックインカウンターは出発時刻の3時間前から45分前まで開いていますので、遅れないように気を付けてください。

 

また、公式ホームページであらかじめ「オンラインチェックイン」ができるので、事前に済ませておくことをおすすめします。フライトの168時間から1時間前まで、公式ウェブサイトでオンラインチェックインができます。

オンラインチェックインの方法は、ホーム画面の「Check-in」をクリックし「Reference Number」を入力すると予約画面へ進みます。「Check-in Now」をクリックするとチェックイン完了です。
すると、画面上のステータス(Status)が「Confirmed」となります。ボーディングパス(Boarding Pass)を印刷しておけば空港でスムーズに搭乗手続きに進むことができますよ。

 
 

予約時の注意点

セブパシフィック航空のチケットを予約する際に、気を付けなければいけない大きな点は2つ。

第一に、割引プロモーション対象チケットやスペシャル料金のチケットはキャンセル・変更ができません。
予約の際は必ず旅行日程が確定してから購入してくださいね。
(正規料金で購入した場合はキャンセル可能ですが、キャンセル料が発生します。)

次に、セブパシフィック航空の書類やボーディングパスは全て英語です。ホームページも予約画面以外は全て英語となっています。
トラブルなどがあった場合は英語で問い合わせをしなければいけないため、日本人にとっては少しハードルが高いかもしれません。不安であれば、一度予約をしたことがある人に手伝ってもらうとよいですね。

 


いかがでしたか?

お得にフィリピンへの航空チケットが購入できるセブパシフィック航空、ぜひ試してみてください。
 

カジコ

好きな食べ物はタコス

ICONIC

カジコと申します。フィリピン人の楽観的でなまけものなところに惹かれ、フィリピンのマニラに住みはじめました。いまは愛しい彼氏と、のんびりマニラの生活を楽しんでいます。好きな食べ物はメキシコ料理のタコスです。

記事をシェアする

関連する記事