GLOBAL INFORMATION BLOG

海外転職やアジアでの生活に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

文化・宗教の記事一覧

【2019年】クアラルンプールのクリスマス風景レポート

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。 以前にもお伝えしましたが、マレー系、中華系、インド系を中心とした他民族国家のマレーシアは祝日や行事が多いのが特徴です。   そして1年を締めくくる最後のイベントがクリスマス。マレーシアではなんと12月25日のクリスマスも祝日となっています。 以前にも民族ごとの行事とディスプレイなどをお伝えしました。ハリラヤ(マレー系)、チャイニーズニューイヤー(中華系)などです。 そこで今回はクアラルンプールのクリスマス風景をお伝えします。 クアラルン

ベトナムの国花「蓮」ってどんな花?

日本と言えば「桜の国」。ベトナムでも多くの人がそのようにイメージします。 では、ベトナムと言えば何の国?日本のみなさんは何をイメージしますか? ベトナムの国花は蓮(ハス)で、ベトナムといえばロータスを思い浮かべる方もいると思います。そしてどの国も国花を決めるときは、いろいろな理由を考えて決定しますよね。 今回は、ベトナム人が蓮の花を好む理由や、蓮の花が私達ベトナム人にもたらす効果などについてお伝えします。   すべてが清らか。「清楚な花」の象徴である蓮の花 まずは、蓮の見た目とその

シンガポールのエスニック・言語事情

アジアでも珍しい多国籍な国で知られるシンガポールは、2019年1月時点の外務省のデータ(https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/singapore/data.html)によると中華系約74%、マレー系約14%、インド系約9%で構成されています。こうした民族構成に応じて、公用語も英語、標準中国語(マンダリン)、マレー語、タミール語(南インド系が多いため)、宗教も仏教,イスラム教,キリスト教,道教,ヒンズー教と様々です。今回はそんなエスニック事情を感じられるシンガポールの日常場面を綴りたいと思います。   1. 多彩な生活・就

【わたしのフエ旅行記】世界遺産巡りと絶品フエ料理を楽しむ。

こんにちは。Thuyです。 私は友人と2日間のフエ(Hue)を旅行しました。 今回は私のフエ旅行記をお届けします。   ベトナムの古都「フエ」とは? 多くのベトナム人にとって、フエは古くて歴史のある静かな都市、というイメージです。中央ベトナムの沿岸平野にあり、フエはその霊廟で有名です。宮殿やフエ料理、伝統工芸の村などもあります。   フエ旅行のベストシーズン フエの気候は厳しく、乾季と雨季の2つの季節があります。フエの乾季は3月~8月まで続き、暑く快晴が続きます。雨季は8月~1月にかけてで

メコンデルタ地方のドンタップ省を旅する【黄水黎の家・蓮の花・国立公園】

こんにちは。Thuyです。 今回はĐồng Tháp(ドンタップ省)という、ホーチミン市内から離れた郊外への旅についてご紹介します。   メコンデルタのドンタップ省とは? Đồng Tháp(ドンタップ省)は、ホーチミン市から170km離れたメコンデルタの南西に位置し、バスや車で行くことができます。市内中心部から一足運んで、静かな景色と新鮮な空気、シンプルな村の生活を楽しみたい方にぴったりな場所です。   ドンタップ省の観光名所 次に、ドンタップ省ではどんな楽しみ方があるのか見ていきましょう。 黄水黎の家 -

ベトナムの伝統工芸品「トーヘ (Tò He)」とは?

トーへ(Tò He)はベトナムに古くからある伝統的な工芸品で、重要な文化の1つとされています。 作り方は今も昔も変わりません。 今回はそんなトーへについて紹介します。   ベトナムの伝統工芸、トーへとは? トーへ(Tò He)はベトナムの伝統工芸品の1つです。水と米粉をこねて作った生地に、木の粉末やウコン、ターメリックなどの粉末を混ぜ、色の付いた生地を作ります。それを竹串に付けて、牛・鶏・犬・猫などの動物、アニメのキャラクター、食べ物(バナナ・りんご・ドラゴンフルーツ)などを形作ります。