ASIA INFORMATION BLOG

アジア各国での生活や旅行・転職に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

渋滞知らずの水上交通! センセープ(センセーブ)運河ボートに乗ろう

バンコクっ子の足、「センセープ運河ボート(The Khlong Saen Saep Express Boat)」。 地上の厄介な渋滞から解放しくれるセンセープ(センセーブとも呼ばれます)運河ボートの航路は、バンコク市内のほぼ中央部を東西に流れております。 多くの人の生活の足となっているセンセープ運河ボートを今回はご紹介します!   センセープ運河ボートってどんな乗り物?   バンコクの中心を横断するセンセープ運河には、東西を結ぶセンセープ運河ボートが運行しています。西はカオサン近くの王宮方面、東はトンロ

フィリピンへ行くならセブパシフィック航空がオススメ! 予約方法をご紹介

日本から実はたったの4時間半で行くことができるマニラ! フィリピン航空、全日空などが日本の各空港とマニラ間の直行便を運航していますし、チャイナエアラインやエバー航空などは台湾経由の便を運航しています。 2013年にはフィリピン航空は成田行きのフライトを一挙に3倍近く増便! 羽田空港からの発着もできるようになったため、フィリピンと日本は気軽に行き来できるようになりました。 しかし、中国、韓国、台湾への便と比べると、フィリピン行きチケットは少し高め。往復で5~6万円が相場ですが、ピークシーズンになると

【初心者向け】もう怖くない! マニラ・ニノイ・アキノ国際空港攻略ガイド

皆さんは、海外の空港には慣れていますか? 今回お話したいのは、フィリピンの国際空港、マニラ・ニノイ・アキノ国際空港(Manila Ninoy Aquino Airport)についてです。 私がフィリピンを初めて訪れたのは、21歳の時。ケソン・シティのフィリピン大学ディリマン校へ留学するためでした。その際に利用したのが、マニラ・ニノイ・アキノ国際空港。空港に関する情報が乏しく、ドキドキしたことを覚えています。 これからマニラに行かれる方は、ぜひ参考にしてくださいね。   渡航前に確認しよう! ニノイ・アキノ国

路線バスのすゝめ ~ホーチミン市内の移動はバスで節約~

みなさん、こんにちは。 ホーチミン市内の移動手段として「バス」を利用したことはありますか? 走っているのはよく見るけど、実際乗ったことがないという方も多いのでは……。 実はこの路線バス、安くて本数も多く、すごく便利なんです。 ということで、今回はホーチミン市内を格安で移動できる路線バスの利用方法についてご紹介します。   ホーチミン市の路線バス [caption id="attachment_12505" align="aligncenter" width="600"] 引用元:http://file.vforum.vn/hinh/2015/10/ban-do-xe-buyt-tphcm.jpg[/caption]

タイの雨季は終わりごろが大変! 冠水だらけのバンコク

熱帯モンスーン気候のタイなど、東南アジアには日本の梅雨のように雨季があります。   ここタイの雨季は非常に長く、6月くらいから10月、へたすると11月まで続き、特に雨季の終わりに近づく10月は大雨が降りやすく各地で冠水被害が起こる大変な時期なんです。   そもそも東南アジアの雨季とは アフリカ東岸から始まってインド洋を通過してタイに来る、いわゆる季節風であるモンスーン(monsoon)の影響は多大。日本の梅雨もこれに由来するものではあるようですが、東南アジアのそれとは降水量や期間の長さが大き

バイクタクシーのすゝめ。~配車アプリ「Uber」「Grab」を活用!~

こんにちは。 ベトナムでの生活に切っても切れない必需品といえば、バイク。 しかし、外国人にとって、ベトナムでのバイクの運転は至難の業。 そこでオススメなのは、バイクタクシー(ベトナム語でXe ôm/セオム)。 バイクタクシーの使い方は、「Uber」や「Grab」といったベトナムで流行中の配車アプリ、道で待機しているドライバーなどさまざま。「どうすればいいの?」とお悩みのあなたもご安心ください! これを読めば、あなたも今日からバイクタクシーの達人に!! ということで、今回は、ベトナムでのベトナムでの移動