GLOBAL INFORMATION BLOG

海外転職やアジアでの生活に役立つ情報を現地からお届けするブログです。

タイの記事一覧

タイ人と働く~タイに住んで、食べて、そして働いて~【コロナ対応】

さて、今回一休みコラムの題材としては、今はもうこのテーマしかないであろうということで、ずばりタイのコロナ対応としました。コロナをめぐってのタイ人の反応や日本人の対応など執筆時点で把握しうる限りの情報や自分を含めた今起きている実体験からご案内しようと思います。 まずはタイトルのテーマでもあるタイ人と働くという観点からすると、日本からきた日本人をはじめ感染国から来た人は一様に私達が思っている以上に警戒されているのが実態です。私なども実は3月始めに日本からタイに戻ったわけですが、午前中に少し事務所に

現地採用日本人の個人所得税~タイの経理現場から~

今年も個人所得税の申告時期がやってまいりました。海外で居住する日本人にとっては、申告書の作成をした経験がないのは普通のことです。そのことも踏まえ、最初のテーマは日本人の給与の取り扱いについてということで第1回~5回まで個人所得税の観点で詳細にご案内もしておりました。 【連載①】日本人の駐在員・現地採用者の給与の取り扱いについて 【連載②】日本人駐在員の所得の合算を決める基本軸とは 【連載③】税務調査の実例から見る給与負担按分とは 【連載④】日本人の駐在員・現地採用者の給与の取り扱いについて 【連載⑤】

タイのビジネスビザ(VISA)と就労許可証(ワークパーミット)Vol 3. ~タイの経理現場から~

今回も前回の続きでいよいよ最終段階のVISAの更新についてご案内していきます。 前回までのところでは、タイ国外で取得した90日のNonB-VISAを持って入国し、その後WPを取得するまでの手順をご案内しました。ですのでWP取得後の続きからの話になります。   VISA取得後の国外出国は注意が必要 最初に前提を思い出して欲しいのですが、皆さんは90日までの有効期限のVISAを持っています。これはつまり90日以内に手続きを完了することを当然意味するわけです。日付は取得した大使館でVISA記載のスタンプに日付が記載してありま

タイのビジネスビザ(VISA)と就労許可証(ワークパーミット)Vol 2. ~タイの経理現場から~

前回は主にタイでのビジネスビザ(VISA)と就労許可証(通称ワークパーミット、略してWP)についての取得・更新時のポイントとなるような事例をいくつか紹介しました。 今回はより全体のスケジュール的な視点に立ち、手続き全体の流れを追っていきたいと思います。   タイでの就業、Non-Immigrant Business VISAの取得 まず皆さんが一般的にタイで就業する時に、取得するVISAの種類は、ほとんどの方がNon-Immigrant Business VISA(通称NonB)と言われているものになります。読んで字のとおり、永住者でない人向けの就労

タイの不動産開発進む道は発展か、 衰退か。Vol.4

前回に引き続き、タイの不動産開発に関する記事をお届けします。   大型施設開発が市場を牽引 総合不動産サービスのコリアーズの調査によると、2019年の第一四半期時点で総延べ床数は861万㎡を超えている。19年に新たに供給される床面積は15万5,000㎡、20年にはさらに28万4,000㎡となっており、右肩上がりで増床している(図1)。 商業施設といえば、セントラルワールド(セントラル)、サイアムパラゴン(サイアムピワットとモール)、エンポリアム(モール)、メガバンナー(サイアムフューチャー)を想起するので

【失敗しない】デジタル時代の英語面接(6)– 海外・外資系企業の面接回答例

今回は、英語の面接で面接官の質問に答える際の注意点を2点ご紹介します。   具体例を盛り込む 面接官の質問には、Yes/No だけで答えないようにしましょう。きちんと5W1Hを入れて過去の経験など具体例を挙げ、「その経験によって、どういったメリットを応募企業にもたらすことができるか」を盛り込みます。大事なのは、応募企業の視点です。 また、協調性が求められているからといって、“Yes, I’m a team player.”とだけ言っても、何も伝わりません。自分がteam player であることを証明できる具体例を述べる必要があり