バンコクの巨大ショッピングモール「セントラルワールド・プラザ」

バンコクではたくさんのエリアでショッピングを楽しむことができますが、全カテゴリーのアイテムがそろっているショッピングモールは大変便利ですね。

今回はバンコクで最も有名な巨大モール、セントラルワールド・プラザ(Central World Plaza)をご紹介したいと思います。

 

セントラルワールド・プラザってどんなとこ?

バンコクで最も有名な巨大モール、セントラルワールド・プラザ(Central World Plaza)の外観

2006年にオープンしたセントラルワールド・プラザは、同じく人気モールであるサイアム・パラゴン(Siam Paragon)と人気を二分するショッピングモール。なんといっても売り場の延べ床面積が計55万平方メートルと国内最大級!伊勢丹やZEN、紀伊國屋、ユニクロなどが入居しており、ここに来れば大抵のものは手に入ります。

また、館内には巨大シネマコンプレックスや、充実したグルメのフロア、銀行だけが集まったフロアなど、市民生活に欠かせない存在でもあるんです。

 

セントラルワールド・プラザへの行き方

バンコクで最も有名な巨大モール、セントラルワールド・プラザ(Central World Plaza)の内装ver1

セントラルワールドの最寄り駅はBTSチットロム駅 (Chit Lom)です。

駅を降りると西方向へ長いスカイウォークがあります。バンコクの原宿サイアム(Siam)へと繋がっており、そのスカイウォークを真っ直ぐ歩いて行くとセントラルワールド・プラザ入口に直結しています。

 

迷うも楽しい!セントラルワールド・プラザの広い館内

セントラルワールド・プラザ(Central World Plaza)の吹き抜けホール

巨大なセントラルワールド・プラザは、私見ですがおおむね4つのブロックに分けられるかと思います。まずはスカイウォークから入ってすぐのゼン(ZEN)、そしてセントラルワールド本体、その奥にバンコク伊勢丹、あと2013年にオープンした飲食店専門の別館のグルーヴ(GROOVE)です。

とにかく店舗数が多いので、ウィンドウショッピングだけでもあっという間に時間が過ぎてしまいますよ。

 

バンコクのファッショントレンドの発信地

セントラルワールド・プラザ(Central World Plaza)のマネキン

世界の有名ブランドに加え、タイのブランドも多数入っているセントラルワールド・プラザは、まさにファッショントレンドの発信地。外資の多いタイではファッションの情報も欧米からいち早く入ってくるため、日本では感じられなかった世界のトレンドの動きを感じられるかもしれません。

あと、1月と6月は大きなバーゲンシーズンで、タイではほぼ全商品が50%オフになるので大量買いにはもってこい!

 

カウントダウンといえばセントラルワールド!

セントラルワールド・プラザ(Central World Plaza)の巨大なクリスマスツリー

セントラルワールド・プラザ前の広場では、タイ国内でも最大規模のカウントダウンイベントが毎年行われており、タイ国内外からたいへん多くの人々が訪れます。
また、ジャパン・エキスポでは日本の有名アイドルのコンサートが行われ、ジャパンカルチャーが好きなタイ人の若者たちによる、アニメやゲームキャラのコスプレ会場と化すなど、ショッピングだけでなく各種イベントでも人気を集めています。

クリスマスには巨大ツリーと毎年変わるイルミネーションやオブジェが出現!写真好きなタイ人にとって、大人気の撮影スポットとなっています。

 

いかがでしょうか?
セントラルワールド・プラザはサイアムやアソーク、シーロムにも近く、短い旅行日程であっても訪れやすいですよ!是非ショッピングを楽しんでくださいね!

ではまた~


セントラルワールド
住所:999/9 Rama I Rd, Pathum Wan, Pathum Wan District, Bangkok 10330 タイ

寒冷地好き

寒冷地好き

ICONIC

寒冷地好きのくせにバンコクに住んで3年。内省的な創作活動も陽気なタイではさっぱり似合わず。しかし独特の個人主義というか堪え性のないこの国の気質に呆れつつ助けられつつの毎日を過ごしております。

記事をシェアする

関連する記事