ゆっくり楽しむベトナムのコーヒー文化

「cà phê(カフェorコーヒー)を飲むことは、女の人をナンパするようなものです。 『彼女』に対する想いが十分なら、いくら複雑な事も可愛い物になります。」 - Dinh Tien Dungさん

彼はベトナム大手通信会社FPT社の文化部門の部長職に就いており、「週末のリラックス」という番組で上記のように答えていました。

私自身、ベトナム人のコーヒーの飲み方は時間を無駄にすると言われた事がありますし、面白いとも言われた事があります。それはなぜでしょうか?ベトナム人のコーヒーを飲む文化は特別なのでしょうか?

今回は、ベトナム人のコーヒー文化についてご紹介していきます。

 

ベトナム人はいつ、どこでコーヒーを飲むの?

私の父は毎朝6時~7時まで、小さな喫茶店で近所のおじさんたちとコーヒーを飲みながら、色々な話をします。これ、本当に毎朝なんです(笑)。コーヒーを飲みながら喋ると言うよりかは、コーヒーができるのを待ちながら話す、のほうが正しいかもしれないです。

ベトナムで一番人気のある飲み方は、ベトナム式コーヒーフィルターを使って淹れたもの。

引用:https://www.vietnam-tour.biz/vietnamese-coffee-everything-need-know/

これがワンセットです。ベトナムのコーヒーフィルターは、他の種類のフィルターよりも抽出スピードがゆっくりで、出来上がったコーヒーはとても濃くなります。

そのため、完成まで待っていると時間を無駄にすると言われていますが、それもまた人生の楽しみ方の一つではないかと感じています。日頃から仕事で忙しい人は、そばにいるみんなと話をする機会が少なくなっています。だから、コーヒーの時間は一緒にゆっくりして、人生を楽しむ時間にするよう心がけています。

引用:http://japan-travel.lucotravel.com/vietnamese-drink/hanois-coffee.html

みなさんがベトナムに来られたら、どこの喫茶店も人でいっぱいという景色をよく見ると思います。もしそれが早朝なら、コーヒーを飲んでいる人よりも、待って話している人のほうが多いでしょう。

熱いコーヒーの香りはみんな好きだと思います。私はあまりコーヒーを飲まないけれど、香りが大好きです。最近の若者は忙しいので、出社ついでに途中でコーヒーを買って、会社で飲みます。ただ、それはちょっと寂しいかなと思っています。若い人たちは仕事ばかりな気がします。

 

ベトナム人のコーヒーを飲む速度は全く違う

ベトナム人の正しいコーヒーの飲み方は、すごく「ゆっくり」です。少しずつ飲みながら、コーヒー香り・味・雰囲気などを感じたいのです。これはベトナム人の特徴的なコーヒーの飲み方です。

1杯飲むのにすごく時間がかかるので、週末に喫茶店入るといつも混んでいます。ただ、時間がかかるおかげでしたいことが何でもできます。例えば、のんびり滞在して体を休めたり、本を読んだり、友達と色々な事を喋ったり、もちろん仕事やクライアントと交渉することだってできます。

但し、いつも急ぐ若者にとって、コーヒーを飲むのは結構時間がかかる行為です。彼らは時間がもったいない!と感じて、あまり待てません。だから、冒頭のDinh Tien Dungさんの「カフェを飲むことは女の人をナンパするようなもの、『彼女』に対する想いが十分なら、いくら複雑な事も可愛い物に…」という言い回しは、ベトナムのカフェ文化をよく表している事になります。

引用:https://asia.nikkei.com/Business/Business-trends/Vietnamese-coffee-scene-heats-up-while-Starbucks-takes-its-time

現代のベトナム人にとって、コーヒーはただの飲み物の一つではありません。「休憩しよ!」とか「しゃべろ!」なんていう意味も持っています。例えば、同僚や友達と喫茶店に行きたい時、単純に「カフェ行く?」と誘ったら、みんな何がしたいのか分かります。でも、喫茶店に入ったら絶対コーヒーを飲まないといけない!という訳じゃありません(笑)。

 

ベトナムコーヒーの淹れ方

ここで、ベトナムコーヒーの淹れ方について紹介します。

準備するもの:
・コーヒー粉
・ベトナム式コーヒーフィルター
・お湯
・計る道具
・スプーン

淹れ方:
① 20~25mgのコーヒーの粉をフィルターに入れます。粉の表面が平らになるよう、ちょっとだけフィルターを振ります。
② 余計な空気を抜くために、コーヒーの粉の上から中ぶたで抑えます。この時、コーヒーの粉がカップに落ちないように、指でフィルターの底をさっと払います。
③ 20mlのお湯を使って、半分ぐらいをフィルターの受け皿の部分に注ぎ、その上にフィルターを置いて、中ぶたの上から残りのお湯を注ぎます。
④ 20~30秒後、フィルターの中にある中ぶたを軽く押して、さらに50~60mlのお湯を入れ、蓋をします。
⑤ 10~15分後、コーヒーの完成です。

甘いコーヒーが好きな方なら、淹れる前にコンデンスミルクをカップに入れましょう。

▼参考動画

 

ベトナムコーヒーの概要

最後に、簡単にベトナムコーヒーの概要をお伝えします。

生産量:2007年から今日まで、コーヒー豆の生産量は世界2位(1位はブラジル)。
主なカフェブランド:Trung Nguyen, Vinacafe, Cafe An Thai, Passio cafe,Phuc Long, Milanoなど。
値段:10.000VND~70.000VND(約48~340円)/1杯

3年に1回、Buon Ma Thuotでカフェフェスティバルが行われています。フェスティバルの際に無料でコーヒーが飲める店、値引きをしている店も多いです。

 
以上、いかがでしたでしょうか?
みなさんはベトナムのコーヒー文化を知って、どのように感じましたか?
ベトナムに来られた時は、ぜひベトナムコーヒーを存分に味わってくださいね。

日本語翻訳ライター

日本語翻訳ライター

ICONIC

私はVyと申します。友達からはMoonと呼ばれています。ベトナム人です。1992年12月12日生まれました。射手座です。HOASEN 大学を卒業し、専門はビジネス英語です。ホーチミン市に家族と一緒に住んでいます。暇な時、買い物したり、映画を見たり、音楽を聞いたりします。今まで、ICONIC会社で翻訳者として働いています。機会があれば、私は日本の人々や文化についてを学ぶために日本に行きたいです。どうぞ宜しくお願いします。

記事をシェアする

関連する記事