ベトナム人には意外な日本のボディランゲージ6選

記事をシェアする

こんにちは。ベトナム人のVyです。
日本人と一緒に仕事をしていると、日本にはたくさんのボディランゲージがあることが分かります。ボディランゲージを理解して、私自身も使ってみることで、日本人との会話がよりスムーズになっていると思います。

そこで今回は、ベトナム人から見ると意外な日本のボディランゲージを6つ紹介したいと思います。日系企業ではよく使われているそうなので、覚えてみたいですね。

 

1. 顔の前で手を合わせる

誰かに作業を手伝ってほしいときに、「Onegai(お願い)」と言いながら顔の前で手を合わせます。
ちょっと申し訳ない気持ちはあるものの、何かを依頼したいときに便利です。

 

2. 胸の前で手を交差する

何かを否定するときに、「Dame(ダメ)」と言いながら、胸の前でXをつくるように手を交差します。
出来ない・やってはいけない物事に対して使います。

 

3. 人差し指で自分の顔を指す

自分自身を示すときにする表現です。例えば、落とし物を見つけて誰のものか探しているときに、持ち主が自分の鼻のあたりを指差して「Watashi(私)!」と言ったりします。

 

4. 手のひらを上にして相手に向ける

自分のことを示すときは自分に指を差しますが、相手に指を差すことはしません。とても失礼な行為だからです。
手のひらを上にして相手に向けるのが正解です。

 

5. 手招きする

誰かを呼びたいときは、相手の人に向かって手招きします。手のひらを下にして、指先を曲げます。「ちょっと来て(Chotto Kite)」と言ったりします。

 

6. ピースサイン

写真を撮るときにするポーズです。ベトナムでは親指と人差し指でハートマークをつくります。

 
いかがでしたか?
ベトナムでは見かけない日本のボディランゲージ、やっぱり興味深いです!

日本語翻訳ライター

日本語翻訳ライター

ICONIC

私はVyと申します。友達からはMoonと呼ばれています。ベトナム人です。1992年12月12日生まれました。射手座です。HOASEN 大学を卒業し、専門はビジネス英語です。ホーチミン市に家族と一緒に住んでいます。暇な時、買い物したり、映画を見たり、音楽を聞いたりします。今まで、ICONIC会社で翻訳者として働いています。機会があれば、私は日本の人々や文化についてを学ぶために日本に行きたいです。どうぞ宜しくお願いします。

記事をシェアする

関連する記事