ベトナム屈指の水上マーケット・カントー【ベトナム三人娘執筆】

記事をシェアする

今回は、ホーチミンの西約 160 kmににあるカントーという都市観光についてです。
このあたりは、昔カンボジアの一部であった場所なので、今でもクメール人が多く住んでいます。


 

カントーにも雨季(5月〜11月)と乾季(12月〜4月)があります。平均湿度は83%、平均降水量は 1,635 mm、年間平均気温は27℃でホーチミンと同じくらい蒸し暑いですが、メコンデルタの中心で米などの穀物や南国の果物の産地として有名な場所です。

竜眼、ドラゴンフルーツ、ドリアン、ジャックフルーツ、釈迦頭、パラミツなど、日本では中々見かけられないフルーツもありますよ!

md0409

 

さて、カントーといえば、「水上マーケット」も有名ですよね。

多くの場合、主に輸送ルートとなっている水域に水上マーケットがあります。この水域では、売り手と買い手の両方が輸送の手段として船を使っています。狭すぎることもなく、広いすぎることもない川に水上マーケットがあります。川が深すぎる場合には、危険でボートやカヌーが簡単に船を止めることはできません。

images432982_cn3a
Floating market <http://mientay.cungbandulich.info/gi-choi-gi-o-dau-khi-di-phuot-du-lich-bui-hau-giang-618.html>

水上マーケットは一日中開かれていますが、午前中が最も賑やかです。船の上に商品をたくさん積んであります。一番人気は果物です。各ボートにはとまり木があり、その上に品物が掛けられています。

 

135117599250894f388e972
木にぶら下がって物事を見て、訪問者がボートの所有者が販売することを知ることができるもの (1)

 

5989671641_10ddb9c880
にぶら下がって物事を見て、訪問者がボートの所有者が販売することを知ることができるもの (2)

 

ベトナムの他のエリアには、河川系や堤ばかりなので、奥地まで船が潜入することはできません。

 

最後に、カントーにある人気の水上マーケットを紹介します。

・CAI BE水上マーケット:ティエンザン、ヴィンロンとベンチェの3県に接するティエン川にあります。

・フンヒェップ水上マーケット(ハウジャン):フンヒェップ地区の7つの支流が交わる場所にあります。

・フォンディエン水上マーケット:カントー市の中心部から17km離れた場所で、たくさんのフルーツがあります。

 

ベトナムへ来た際には、ぜひ水上マーケットを訪ねてみてください !

私はVyと申します。友達からはMoonと呼ばれています。ベトナム人です。1992年12月12日生まれました。射手座です。HOASEN 大学を卒業し、専門はビジネス英語です。ホーチミン市に家族と一緒に住んでいます。暇な時、買い物したり、映画を見たり、音楽を聞いたりします。今まで、ICONIC会社で翻訳者として働いています。機会があれば、私は日本の人々や文化についてを学ぶために日本に行きたいです。どうぞ宜しくお願いします。

記事をシェアする

関連する記事