年に6回もある!女性のための日!ここはまさに女性にとってユートピアだ!!

記事をシェアする

どうも!イオンの記事が好評で今まさに人生の絶頂期を過ごしているtrung清水です!
僕自身も先週知りましたが
10月20日はベトナムでは女性の日のようです。


就職フェア

歴史的背景から説明しましょう。
10月20日は1930年に女性の地位の向上のために、ベトナムで初の婦人の組合が設立された日です。ベトナムの女性は2つの戦争で大変な苦労をしてきました。 
 「女性の日」はベトナムが「ドイモイ政策」が浸透してきた1990年頃より一般的になりました。 
 「女性の日」には子供、妻、母を含めた全ての女性にとって、特別な日です。 
 多くの男性もこの日に自分の愛情を表現できるとあってこの日を指折り数えています。
 つまりは、日本のバレンタインデーの逆で、男性から女性へ愛を告白する日です。 
 多くの男性は女性に花を贈るため、街は花でいっぱいになります。道路では花売りが、そしてバイクに乗っている殆どの人が花を持っています。その日だけは通常より花の値段は1.5~2倍に値上りします。
※以下参照

ベトナム・キッチン@ウィークエンド
 
という背景があるそうで
実際本当にそこらかしこに花屋ができていましたし
本当にバイクWithフラワーばかりでした
という訳で
そんな伝統のイベントに
(そんなイベント知りません。日本人だし?僕みたいな人が花をあげても、ベトナム人の心をお花畑にできないですし?)
なんて思いながら、花の一つも渡さなかったらそれはもう
信じられないわ!日本男児はナンセンスよ!
となるわけですね。
これからベトナムに進出しようとしている日本人のためにも
ここで日本人のイメージを下げるわけにはいきません。

買うしかない
という訳で
日本男児の未来を背負って
朝一で女性スタッフのために弊社スタッフのオッシーと買いにいってきました。

20141020030744

一つ一つじっくり見て真剣にチョイスします。
少し多めに買っていざ会社へ!
花の美しさにやられたのか、僕もドキドキしてきました。
僕はいつも翻訳などでお世話になっているChau(チャウ)さんに男性スタッフの代表でプレゼントしました。

20141020030736

嬉しさのあまり、照れてる顔隠すところもかわいいですね!
20141020030727

(僕が隠しているわけじゃありません!)
オッシーもいつもお世話になっているVan anhさんとVyさんに代表として花をプレゼントしました。

20141020030751

マネージャーの森松さんもいつもお世話になっている副社長みぎわさんに代表でプレゼント!
20141020030808

最後に女性スタッフ皆さんでパシャリ

20141020030801

みなさんとても喜んでくれて良かったです。
やっぱり女性の笑顔は素敵ですね!
こんな素敵な笑顔を見れるならこういったイベントも全然アリだと思います。
ちなみに、女性のための日はチャウさん曰く、
・バレンタインデー
・国際婦人デー
・バースデー
・女性の日
・クリスマス
・旧正月
の、計6回あるらしく、クリスマスなども、プレゼント交換ではなく

男性から女性へ
というのが主流のようです。
年に6回もあるとなると女性はとっても良いですね!
男性は少しお財布がキツイとこですが
素敵な笑顔が見れるのなら安いものでしょう。
日本人女性のみなさん、これを機にベトナムで住んでみてはいかがでしょうか!

記事をシェアする

関連する記事