【コオロギ料理】ベトナムで虫会??【昆虫女子】

記事をシェアする

初めまして!福岡大学からきました Ayaka です!

今回、インターンシップでベトナムに初めてきました!

常に周りの環境がもの珍しくて、毎日が驚きと発見と楽しみで溢れています。

そんな中、海外に来たら一度は挑戦したいと思っていたことがあります。

 

それは・・・

ゲテモ・・・キワモノグルメです!!!!!笑

(今回は キワモノLv.を自分なりに作って発表していきたいと思います。)

 

せっかくなので果敢に挑戦していきたいと思います!

はい!ということでさっそくキワモノメンバーを紹介します!

 

エントリーNo.1

ベトナムのスナック的存在   ホビロン  (参考:1個8000ドン)

ホビロン

これはもう有名ですね。そう、普通の卵ではないんです。

じゃあ、どんな卵かって?気になりますよね?(笑)

ホビロンとは

”孵化しかけのアヒルの卵を茹でただけのシンプルな料理”

ここでのポイントは ”孵化しかけ” です!

はい。初級からなかなかレベルの高いものが来ました(笑)

 

でも、次に控える大物キワモノメンバーに挑戦するためにも

早急に倒したい相手です!!!

 

ということで・・・

早速、対戦!

孵化しかけということもあり、なかなかグロテスクな見た目・・・

よく見ると血管や羽が結構そのままの形で見ることができます。

戸惑いを隠せない・・・(苦笑い)

実食①ホビロン

でも、こんな敵に勝てなくては次に進むことはできない。

 

意を決して

まずは一口。

 

実食②ホビロン

「んん!こ、これは、、、!!?」

 

ま、まさに

鶏肉と卵の融合!!!!

食感も卵と鶏肉を一緒に食べている感じ!

卵自体には味はないけど、備えつけの塩をかけて食べるといい感じです♪

部分的に柔らかさが違って、私的には身が柔らかいところが好みでした?(笑)

 

見た目はグロいけど 味はおいしい!

(((((  キワモノLv.3  )))))

 

はい!第一の敵を倒した自分を褒めつつも

現状に満足せず、次なる敵にターゲットを絞る!!

 

エントリーNo.2

実は結構高級食材  サソリ(素揚げ)(参考:一匹36000ドン)

S

はい。これまたど迫力ですね。

 

購入したお店では ”フライ” と聞いていたので

てっきり衣がついていると思っていたら、これです。

はい。2番目の敵で早くもくじけそうです。(苦笑い)

サソリなんて生きているのを見たこともないのに

見る前に食べることになるなんて思ってもいなかったです・・・

 

いや!でもここで弱気になったら一生サソリを食べることなく人生が終わってしまう!!

そんなもったいないことはできない!(意味が分からない衝動)

 

ということで

第2回戦 開幕!!!

サソリ

はい。持ってはみたものの一向に口には進んでいかない(笑)

 

なぜなら、食べ方がよく分からなくて

ベトナム人スタッフに聞いてみたところ

 

「ベトナム人はそんなの食べないよ」

 

というなかなか不安を煽る返事が返ってきたからです。

はい。相当な不安状態です(笑)

 

でも、あまりにも馴染みのない虫だったので

「食べる」と決心してからはスムーズに口まで運ぶことができました。

実食③サソリ

食感としては、表面がツルツルしていて、皮は噛むとパリッとしてました!

食感が何かに似てると思ったら

 

まさに ”エビの姿揚げ” でした!!!!

 

味は表面(皮)は香ばしくて本当にエビみたいで

中身(内臓?)はレバーみたいに苦みがありました。

 

見た目のインパクト大!!!!!

でも味はいまいち(苦いのが好きな人にはお勧め)

食べてから、急にサソリが愛らしく感じました❤(笑)

(((((  キワモノLv.4   )))))

 

さあ、キワモノ初心者にしては頑張っていると思います!(笑)

 

いよいよ  ラスボスの登場  です!!!!

 

エントリーNo.3

日本でもお馴染み、秋の風物詩  コオロギさん

K

はい。もうモロですよね。無理なところまでやってきました。

だってこれ、秋になったら庭で鳴いている虫ですよね?ね?

しかも丁寧に、その形のままでソテーしてくれいます。

実食①こうろぎ

ラスボスに相応しいほど、威厳があって口まで運ぶことができない(泣)

今まで頑張ってきたチャレンジが無駄になってしまいそうな敗北感・・・

 

でもこれでは、今まで対戦してきた「ホビロンさん」「サソリさん」に合わす顔がない。

がんばれ自分。

そう自分に言い聞かせて、いざ真剣に FIGHT!!!

 

最終対戦!!!

実食②こうろぎ

う、、、気持ち悪いいいい。。。

 

ボスの放つオーラに圧倒され、

持っただけですぐに心折れそうになる現状

冷や汗だけが流れる緊張感。

どうしても動けない。信念がもう折れそうになる。

 

でもこれを食べなくては今回のチャレンジは失敗に終わってしまうかもしれない。

不戦敗だなんて絶対に認めない!!!

 

この瞬間、自分の運命を悟った。

 

image3

何も考えずにおしりの部分をがぶり。

実食④こうろぎ

( うえ、、、なにこれ、、、)

 

見た目、硬そうなイメージだったが

食感はすごくソフト!噛む力いらない!驚き!

 

味はよく言えば

 ピーナッツ!!!!

食感もよく言えば

 ピーナッツ!!!!

 

味付けがしっかりしてあったのに素材自体の味がした。

 

食べるまでかなり覚悟がいる!

 

また食べたいかと聞かれたら

”もう大丈夫”ということを決めた・・・・

(((((  キワモノLv.5  )))))  ダントツTOP

 

いかかでしたか?

私が今回、紹介できたのはほんの一部です。

もっともっと珍しくて面白い食べ物がベトナムにはたくさんあります!!

ぜひ、ベトナムに訪れた際は、

キワモノ料理にも挑戦してみてください!!(笑)

 

ALL

(豆知識)食虫文化の現状

国連食糧農業機関(FAO)は13日、カブトムシや芋虫などの昆虫を食べる ことを推奨する報告書を発表しました。報告書は「昆虫はどこにでも生息し、すぐに増殖するため環境への 負荷も少ない」と説明しています。  会見したFAO担当者は「昆虫は栄養価が高い。既に世界人口の3分の1に当たる20億人が食べている」と 強調しています。同席したガボンのヌチャンゴ水利・森林相も、カブトムシの幼虫や炒めたシロアリはおいしいと語り、 「われわれは日常的に昆虫を食べている」と述べています。

 

 

 

 

こんにちは!福岡大学からやってきましたayakaです! ベトナムにはインターンシップで初めて来ました! 今までに経験したことのない環境のもと、毎日が驚きとわくわくと楽しみで溢れています!!

記事をシェアする

関連する記事