タイムスリップ!ベトナムで写真現像する方法

写真現像の設備がまだまだ発達していないベトナム。

日本ではいたる所にセルフで現像できる機械がありますが、

ベトナムにはそういった機械が 一 切 あ り ま せ ん

一体どのようにして写真を現像できるのでしょうか・・・

 

そんな現在のベトナムでの写真現像事情を紹介します!

 

 

ホーチミンの有名な大通り グエンフエ通り を、

市庁舎とホーチミン像を背にして左側の歩道を進んで行くと、

 

昔ながらのカメラ屋さん、写真屋さんが数軒並んでいます。

その中から、ビテクスコタワーが見える辺りの、

こちらの緑色のお店で現像をお願いしました。

 

店員さんは英語も日本語も通じない為(もちろん私もベトナム語ができないので)、

カメラを見せ、身振り手振りで現像したいことを伝えます。

 

すぐに理解してくれ、お店の奥の階段を上がるように言われます。

 

おそるおそる上がってみると、ものすごく古いパソコンが・・・

 

店員のおじさんと共に、ここで、このパソコンで、写真を選びます。

 

iPhoneやスマートフォンの写真は現像できません。

デジカメのメモリーカードを挿入するだけです。

 

1人でこっそりじっくり写真を選ぶこともできません。

おじさんとともに、「○○に行ったんだね~」とか、

「この写真良いんじゃない?」とか言われたり、

大量の猫の写真を笑われたりしながら写真を選びます。

(お互い言葉が通じないので雰囲気だけですが。)

 

そして最終的にどの写真を何枚現像するかを確認し、

あとは全ておじさんに任せます。

 

日本のように、写真を編集したり、1枚に何枚かの写真を組み合わせたりはできません。

できあがりは、見てのお楽しみです。

 

大きさは の2種類だけです。

(中で日本の普通の写真より若干大きいサイズです。)

 

大きさを選び、会計をし、引き換えの紙をもらいます。

 

今回は12枚の写真で、30,000VND(約150円)

注文してから約2時間半後の受け取りでした。

 

画質は、決して良いとはいえません。

(カメラの性能や私の腕の問題ではないはずです。)

 

まるで何十年か前にタイムスリップしたかのような

ベトナムの写真現像クオリティー。

しかし、それもベトナムらしくて良いのかもしれません。

 

在住者の方は、たまに日本のご家族にベトナムでの写真を送ってみては

いかがでしょう?(私は全てシンガポールの写真でしたが。。。)

 

※ベトナムから日本への手紙の出し方は→旅の記念に。格安国際郵便の送り方

 

 


 

写真を撮るのが大好きなベトナム人。

街のいたるところでポーズを決めて撮影している人々を見かけます。

自撮りにも全く抵抗がありません。

 

スマートフォン等からセルフで現像できる機械が普及し、

もっと手軽に写真現像ができるようになれば、

すごく需要があるのではないかな~と思います。

 

これからますます発展していくことを願います!

 

 

ICONIC

2015年よりホーチミン在住の、ICONICアルバイト Lyly です。 時間とお金ができればすぐどこかに行きたくなる、旅行大好きな日本人です♪住んでいるからといって決してベトナム大好き!というわけではないですが、そういう人って意外と多い。そんな、私なりの視点で、ベトナムについて綴っていきます:)

記事をシェアする

関連する記事