【国民的スポーツ】インドネシアの国技って・・・??<バトミントン>

みなさん、こんにちは。
運動不足を痛感しているgreenです。

今日は、インドネシアのスポーツ事情を詳しくお話したいと思います。
オリンピックで金メダルを獲得する選手は、アメリカやロシア、オーストラリアというイメージが強いと思いますが、インドネシア代表選手も金メダルを取ったことがあるんですよ!

意外と知られていないインドネシアのスポーツ事情、それではどうぞ最後までお付き合いください。

 

インドネシアの国技

日本の国技はみなさんご存じ、相撲や柔道ですよね。
インドネシアの国技はというと、「バトミントン」なんです。

なぜ、バトミントンなのかルーツは確かな物ではなく聞いた・調べた推測の域ですが バトミントンは英国発祥の競技と言われており、大英帝国時代に植民地政策の一環として英国発祥のバトミントンを取り入れたという説。
中華系の方の食文化としてアヒルや鴨が養畜としてた為に、シャトルの材料には事足りたという説があります。

あとは、白い羽を追いかけて光を見出していたのかも・・・と、推測してみますが定かではありません。。。

そのバトミントンの功績はと言うと、1992年バルセロナオリンピック男子シングルスで、インドネシア初となる金メダルを獲得。そしてなんと!!バルセロナオリンピックでは金銀銅の表彰台をインドネシア選手で独占しました。

女子シングルスも金メダルはインドネシアの選手が獲得と、男女共に好成績を残しており、後にこの金メダリストのお二人はご結婚されたそうです。

その次のアトランタオリンピックでも、男子ダブルスで金メダル、シドニーオリンピックでも金メダルと、世界に通用する選手がいる事は確かですね。
#初のメダル獲得は1988年ソウルオリンピックで銀メダル(アーチェリー)

ちなみに夏季オリンピックでのメダル獲得数は、金7個・銀13個・銅12個の合計32個。
種目は、バトミントンが圧倒的に多いですが他にアーチェリー、重量挙げでメダルを獲得しています。

 

一般人もバトミントンはうまい

オリンピックで金メダルを獲るだけあって、バトミントンは国民のレベルも高く社会人になっても友達同士で体育館を借り汗を流しています。

サークル的なバトミントンコミュニティがあり、毎週体育館を借りて楽しんでたりしますので、タイミングがあればぜひ参加してみてくださいね。
「バトミントンしたいんだけど」と、屋台のおじちゃんなりに聞いたらどこでやってるかなど情報貰えると思います。
#近所に体育館があればそこに聞くのが一番早い

他に盛んなスポーツといえば、フットサル場が最近増えたように感じます。
こちらも、地域別やコミュティ同士で練習したり対戦したりしています。
ジャカルタでは日本人会でソフトボール部やフットサル部などありますので、移住先の地域の日本人会をチェックして親睦を深めてくださいね。

バレーボールやスポーツ観戦で言うとバイクレースも人気。
子どもは圧倒的に水泳が好きですね。
#水泳と言うより、プール遊び。。。笑

 

インドネシア国民は運動不足??

インドネシア人は日本人より運動不足と言われています。
と言うのも、バイク文化なので家からすぐバイクに乗り目的地まで移動するので歩く人が少ないのが現状です。
日本は駅まで歩いたり乗り換えなどで割と歩きますよね、それがインドネシアではあまりないのです。
そして、インドネシア人はめんどくさがり屋な国民性なので100ⅿ先でもバイクで行ったりします。。。笑
#そりゃ運動不足になる

私もインドネシアに移住してから歩く機会が減り、運動不足を痛感しております。
みなさんも、インドネシアに移住の際はなるべく歩く、ジョギングをするなど心がけてくださいね。

ジャカルタのタムリン通りとスディルマン通りでは、毎週日曜日にカーフリーデーというのがあり誰でも楽しめるよう歩行者天国になります。
6時から11時までは車・バイクの通行がないので、ジョギングをしたりサイクリングをしたり屋台も出てますのでお祭り気分で楽しむ事が出来ます。もちろん無料です!!
インドネシアではかなりの交通量なので、ラッシュ時などにジョギングするのは少々危険が伴いますのでぜひこのカーフリーデーをご利用下さい。

そして気になる体育の授業ですが、こちらも日本と同様きちんと授業があります。
でも、1週間に12回の授業数で運動場も日本ほどは広くなく、体育館やプールも全部の学校にあるわけではないようで運動会のような催し物もないのだそう。

こちらががとある中学校の運動場として使われていて、バスケットやバトミントン、バレーボールなどが出来るようになってますが少し狭いですよね。
そう考えると、日本の学校施設はすごく整っていますよね。

#感謝

 

まとめ

社会人になり忙しくなって運動を後回しにしてしまいがちで、体力がどんどん衰えてる方も多いのではないでしょうか

インドネシアでもフィットネスジムや体育館、プール(1150円)など運動施設はありますのでインドネシア移住をきっかけに、ジム通いもありでしょう。ジムは1ヶ月1,000円~4,000円ほどで利用できますので経済的。
ジャカルタでは、駐在員の奥さんが通うのが流行っており施設もかなり充実しているようです。
なんと!あのゴールドジムもあります。

地元ローカルの人たちとのコミュニケーションをとれる場所にもなりますので、ぜひ運動しながらインドネシアライフを楽しんでください。

応援してます!!
それでは、今日も最後までありがとうございました。

★maki green

猫アレルギーなのに猫11匹と共存中。。。

猫アレルギーなのに猫11匹と共存中。。。

ICONIC

「与えられた環境を楽しむ」をモットーに生きてたら、インドネシアに辿り着きました(笑) 猫アレルギーなのに猫11匹と共存してたり、甘いの嫌いなのにクレープ屋を経営してたりちょっと変わってるんだと思います。。。 楽しむことを常に探しているため、どこかにいけば何か面白いことが起こります。 そんな、面白いエピソードを交えてインドネシアの魅力をお伝えしたいと思います!

記事をシェアする

関連する記事