《マレーシア語・数字》よく使う数字と場面別の読み方を紹介

こんにちは!マレーシア在住のライター Yuuuuです。
マレーシアでの生活・お役立ち情報を発信中!今回のテーマは「マレーシア語での数字の数え方」です。

マレーシア語 数字の画像

マレーシアの公用語(母国語)はマレーシア語です。

マレーシアは多民族国家であるため、マレーシア語だけでなく英語や中国語も使われています。

しかし、一部のレストランやお店ではマレーシア語で聞かれたり、マレーシア語しか通じない場所もあるのです。

マレーシア語で1番使用することの多い「数字」を覚えておけば、買い物やレストランの注文などで役に立ちますよ!

マレーシア語の数字の基本から応用編までまとめていますので、さっそくみていきましょう。

 

マレーシア語とは

マレーシア語 数字の画像

マレーシア語は”Bahasa Malaysia :バハサマレーシア”と呼ばれ、マレーシアの公用語(母国語)と定められています。

マレー語はローマ字を読むのと同じように読むことができるため、日本人にとって非常に読みやすい言語です。

 

マレーシア語の数字《基本の1〜10》

1〜10はマレーシア語の数字の基本です。

聞き慣れない読み方ばかりですが、まずはよく使う1〜10の表記と読み方をマスターしましょう。

 数字  マレー語  読み方
 0  kosong/sifar  コソン/スィファー
 1  satu  サトゥ
 2  dua  ドゥア
 3  tiga  ティガ
 4  empat  アンパッ
 5  lima  リマ
 6  enam  アナム
 7  tujuh  トゥジョー
 8  lapan  ラパン
 9  sembilan  センビラン
 10  sepuluh  スプロゥ

 

マレーシア語の数字《11〜20、以降の数字》

 数字  マレー語  読み方
 11  sebelas  スブラス
 12  duabelas  ドゥアブラス
 13  tigabelas  ティガブラス
 14  empatbelas  アンパッブラス
 15  limabelas  リマブラス
 16  enambelas  アナムブラス
 17  tujuhbelas  トゥジョーブラス
 18  lapanbelas  ラパンブラス
 19  sembilanbelas  センビランブラス
 20  duapuluh  ドゥアプロゥ

 

1を意味するSatu(サトゥ)は、11のように1+10となる時はSe(ス)と変化します。

11~19は、1桁目の数字 + “belas(ブラス)”と覚えましょう。

10,100,1000の単位はそれぞれ以下です。

《マレーシア語の数字の単位》
・10の単位 “pulun(プロゥ)”
・100の単位 “ratus(ラトス)”
・1,000の単位 “ribu(リブ)”

 

これまでに紹介した数字と単位を組み合わせてみましょう。

30,55,100,200,300,1000,2000をそれぞれマレーシア語で表すと以下になります。

 数字  マレー語  読み方
 30  tigapuluh  ティガプロゥ
 66  duabelas  アナムプロアナム
 100  seratus  スラトス
 200  duaratus  ドゥアラトス
 300  tigaratus  ティガラトス
 1,000  seribu  スリブ
 2,000  duaribu  ドゥアリブ

 

【応用編】〇〇の数え方

マレーシア語 数字の画像

《1》お金の数え方

マレーシアの通貨はRM(リンギットマレーシア)です。

リンギ札と硬貨の2種類があります。
・リンギ札は1,5,10,20,50,100の6種類
・硬貨はSen(セン)と読み、5,10,20,50の4種類

たとえば、RM8.00なら「ラパンリンギ」、RM3.50なら「ティガリンギ・リマブロセン」「ティガ・リンギ・スタンガッ」または、リンギとセンを省略し「ティガ・スタンガッ(※)」と読むこともあります。

(※)setengah (スタンガッ)はマレーシア語で半分を意味し、1リンギの半分が50センであることから、50センの意味で使用されることもあります。

《2》電話番号の数え方

マレーシアの電話番号は固定電話・携帯電話関係なく 10 桁で、数字を 1 桁ずつ頭から順に読みましょう。

たとえば、03-1234-5678なら 「コソン ティガ サトゥ ドゥア ティガ アンパッ リマ  アナム トゥジョー ラパン 」です。

 

【応用編】読み方を練習しよう!

(1)RM13.50 Tigabelas setengah RM「ティガブラス・スタンガッリンギ」

(2)543  Lima ratus empat puluh tiga「リマラトス アンパップロ ティガ」

(3)188,000 Seratus lapan puluh lapan ribu「スラトス ラパンプロ ラパンリブ」
※日本語のように「188 千」と読みます。

 

まとめ

大きい数字はあまり使うことがないため、1〜5ほどの数字の読み方を覚えてしまえば、レストランの注文などに使えるでしょう。

マレーシア語を使うと、喜んでくれたり親近感を感じてくれたりします。

この記事で数字を覚えて、実際に使ってみましょう!


 

マレーシア勤務の求人をお探しの方へ

iconicJobでは、「マレーシアで働きたい」「グローバルに活躍したい」方のために転職支援サービスを提供しています。
興味をお持ちの方は、以下の申し込みフォームよりお気軽にご連絡ください。ご利用は全て無料です。

転職支援サービスに登録(無料)

 

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

ICONIC

マレーシア・クアラルンプールとタイ・バンコクを行き来するノマドワーカー。出産を機にフリーランスに転身。息子(2歳)の子育てに奮闘中!

記事をシェアする

関連する記事