【AirAsia】簡単!予約確認メールから予約内容を変更する方法

こんにちは!マレーシア在住のライター Yuuuuです。
マレーシアでの生活・お役立ち情報を発信中!今回のテーマは「AirAsiaの予約確認メールから予約内容を変更する方法」です。

AirAsiaで航空券を予約した後、
「荷物の重さを追加したほうがいいかも・・」
「やっぱり機内食つけようかな」
といったこともありますよね。

AirAsiaでは、受託手荷物の重量変更や機内食の追加などのオプションであれば、Webサイト・アプリから予約内容の変更が可能
です。

この記事では、予約確認メールから予約内容を変更する方法を紹介します。

予約したあと、どんなことが変更できる?

予約確定後でも変更可能な項目は以下になります。
項目によって変更可能タイミングが異なりますので注意しましょう。

・フライト日程(旅程)
(スタンダードの場合は予定出発時刻の48時間前まで、プレミアムフラットベッドあるいはプレミアムフレックスの場合は予定出発時刻の2時間前までフライト日時の変更が可能。ただし、4時間以内に作成された新規予約には適用されません。エアアジア・インド(I5便)は運賃クラスを問わず予定出発時刻の4時間前までフライト日時の変更が可能)
・座席の追加、変更
(予定出発時刻の4時間前まで)
・座席のアップグレード
(エアアジアX (D7・XJ・XT便、ただしエアバスA330型機)のフライトのみを対象として予定出発時刻の48時間前まで)
・機内食の追加、変更
(予定出発時刻の24時間前まで、一部路線は48時間前まで)
・受託手荷物の追加、サイズアップ
(予定出発時刻の4時間前まで)
・旅行保険の加入
(予定出発時刻の48時間前まで)
・快適キットの追加
(予定出発時刻の24時間前まで)
・乳幼児の追加
(予定出発時刻の4時間前まで)
・車椅子サービスの事前予約
(予定出発時刻の4時間前までに事前予約すれば無料(一部有料)で利用可能。
無料条件1. D7便をご利用の場合。
無料条件2.フライトのご予約時に、障がい者番号または障がい者カード番号を入力された場合、または、チェックインカウンターで提示された場合。
※当日、チェックインカウンターで証明書の確認が取れない場合には、有料となる場合あり)
・スポーツ用品の追加、変更
(予定出発時刻の4時間前まで。スポーツ用品として預けることができるのは、自転車・ゴルフ・ダイビング用具・スキー用具・スノーボード・サーフボード・クリケット用具となっている)

予約内容を変更する方法

この記事では、「座席の変更」を例に紹介します。

(1)メールボックスに届いている予約確認メールを開き、「予約の管理」をクリック
エアアジアの画像
(2)会員ログイン/登録画面が開くので、必要な項目を入力する
エアアジアの画像
(3)現在予約中のフライト、完了したフライトの一覧が表示されるので、変更したいフライトの右側にある「変更」をクリック
エアアジアの画像
(4)フライト情報が表示されるので、変更したい項目をクリック

(今回は座席の変更をしたいので、「座席指定」をクリック)
エアアジアの画像
(5)往路・復路なのか、またどの搭乗者の座席を変更したいのかを選ぶことができる

変更したい座席をクリックすると、シート番号と差額が表示されるので、確認したら「次へ」をクリック
エアアジアの画像

エアアジアの画像
(6)変更内容と差額を確認したら「支払い」をクリックし、支払いを済ませる
エアアジアの画像

まとめ

もし追加、変更が必要になった場合でも変更締め切りまでであれば、手数料や差額を払えば変更が可能です。

当日変更となるとかなり高額がかかってしまったり、最悪の場合搭乗できないといったこともあるので、事前に確認しておきましょう。

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

ICONIC

マレーシア・クアラルンプールとタイ・バンコクを行き来するノマドワーカー。出産を機にフリーランスに転身。息子(1歳)の子育てに奮闘中!

記事をシェアする

関連する記事