マレーシア|予算5万円で何ができる?4つの楽しみ方を紹介

 

こんにちは!マレーシア在住のライター Yuuuuです。

マレーシアでの生活・お役立ち情報を発信中!今回のテーマは「マレーシア生活で、予算5万円でできること」です。

日本と比べて物価が安いマレーシアでは、日本ではなかなかできないちょっとした贅沢や経験ができちゃうんです。

「せっかくだから贅沢してみたい!」「普段なかなかできない経験がしたい!」といった方に向けて、今回はマレーシア生活で5万円でできることをピックアップしました。

さっそく見ていきましょう!

 

《マレーシア》予算5万円の楽しみ方4選

予算5万円あると、マレーシアでは何ができるのでしょうか?

ここからは4つの楽しみ方を紹介していきます。

(1)5つ星ホテルのスイートルームで優雅なホテルライフ

アジアの中でも、マレーシアはお得にホテルに宿泊できる国と言われています。

日本にいるとなかなか泊まる機会のない一流ホテルも、マレーシアなら半額に近い非常にお得な料金で宿泊可能!

クアラルンプールには、「ザ・リッツカールトン」や「シャングリラホテル」、「フォーシーズンスホテル」といった名だたる5つ星ホテルが集まっています。

特にマレーシアのザ・リッツカールトンはその宿泊料金から、「世界で1番のお値打ち価格」と言われることも。

参考:THE RITZ-CARLTON KUALA LUMPUR
2名/2泊3日/ジュニアスイート, 1ベッドルームスイート, 1 キング/朝食付き,宿泊料金 約5.1万円

 

マレーシアのザ・リッツカールトンは、1人なら1泊1万円ほどで宿泊できるんです!

5つ星ホテルや有名ホテルは観光やビジネスに便利なエリアにあるので、ホテルステイだけでなく周辺の飲食店や観光スポットも気軽に楽しめるのも魅力。

普段味わえない、贅沢で優雅なホテルライフを楽しんでみては?

※2022年2月現在の価格です。料金は変動しますのでご注意ください。

(2)巨大テーマパーク!ゲンティンハイランドで遊び尽くす

(画像引用:ゲンティンハイランド公式サイト

ゲンティンハイランドは、クアラルンプールから車で約1時間ほどの標高1700Mに位置する高原リゾートです。

政府公認のカジノや屋内・屋外遊園地、映画館、スノーパーク、クラブ、ショッピングモール、アウトレットモール、レストラン・カフェ、寺、ゴルフコース、ホテルなどが集まり、1日中遊べる巨大アミューズメントパークとして人気。

1年を通して14℃〜25℃ほどの気温であることから、避暑地としても有名です。

(画像引用:ゲンティンハイランド公式サイト

《ゲンティンハイランドのおすすめスポット》
Genting Highlands Premium Outlets
2017年にオープンし150種類以上ものショップが入居。ナイキやアディダスといったスポーツブランドや、バーバリー、コーチ、マイケルコースなど日本でも人気のブランドが集結。洋服以外にもバッグ、アクセサリー、子供服までなんでも揃う。

Skytropolis Indoor Theme Park(屋内遊園地)
2018年12月にオープン。天気を気にせず小さな子供から大人まで遊べるのが魅力。有名映画の世界を体験できるVRや、スカイダイビングといった最新技術を駆使したアトラクションも体験できる。
・料金:1day-pass RM62(約1700円)

Genting Sky Worlds Theme Park(屋外遊園地)
観覧車やローラーコースター、フリーフォールといった、子供向けからちょっとスリルを体験したい大人向けまでさまざまなアトラクションが体験できる。
・料金:1day-pass RM128(約3500円)

Casino(カジノ)
入場料無料でブラックジャックやポーカー、ルーレット、スロットマシンなど24時間遊べ、カジノ内にはフードコートやカフェ、バーが併設。

Resorts World Genting(5つ星ホテル)
カジノに直結しており、周辺施設まで徒歩で行ける。
・参考:2名/2泊3日/スーペリアルーム, 1 キング,宿泊料金 約5.2万円

Genting Highlands
住所:Genting Highlands, 69000 Genting Highlands, Pahang
公式サイト:https://www.rwgenting.com/home/

 

※2022年2月現在の価格です。料金は変動しますのでご注意ください。

(3)オールインクルーシブリゾートで贅沢三昧

(画像引用:クラブメッド公式サイト

宿泊料金内にレストランでの食事やルームサービス、アクティビティなどが含まれているのが、オールインクルーシブシステム。

世界24ヵ国約70箇所にオールインクルーシブリゾートを展開しているのが「Club Med(クラブメッド)」。

Club Med Cherating Malaysiaを紹介します。(参考:1名/2泊3日/宿泊料金 約5.5万円)


(画像引用:クラブメッド公式サイト

東南アジアのマレーシアらしく、Club Med Cheratingは東京ドーム約17個分の80ヘクタールもの広さをもち、熱帯雨林に囲まれた自然豊かな場所にあります。

手付かずの自然や色とりどりの花・植物、猿やオオトカゲ、ウミガメなどと触れ合えるのが魅力。

G.Oと呼ばれるクラブメッドで働くスタッフはとてもフレンドリーで、顔を合わせるたびに声をかけてくれ、さまざまな気遣いをしてくれます。

日本人のG.Oもいるので、困ったときも安心。

宿泊中は世界各国のさまざまな料理が楽しめるビュッフェレストランや、ヌードルバー、完全予約制のコース料理がいただけるお洒落なレストランで食事を。

バー『Orchid』では子供専用のバーカウンターからフレッシュジュースやキッズカクテルが注文できるので、子供も大人の真似をして注文できます。

Club Med Cherating Malaysiaにはレストラン・バー以外にも、子供も利用できるプールや大人専用のプール、託児所、テニス・バドミントン・卓球・アーチェリー・空中ブランコスポーツ施設なども利用可能。

シーカヤックやロッククライミング体験、ヨガやダンス、キッズクラフト教室など、日替わりでさまざまなアクティビティを受けることができ、夜に行われるG.Oによるショーは圧巻!

モンスーン時期以外なら、ウミガメの産卵を観察するツアーや小ガメを海に返すツアーもあります。

自然の中でリラックスしたり、普段体験できないアクティビティに挑戦したりと色々な楽しみ方ができる「オールインクルーシブリゾート」を、ぜひ体験してみましょう。

Club Med Cherating Malaysia
住所:Hvom 29th miles Jalan Kuantan -Kemaman Pahang Darul Makmur, Jalan Kuantan Sungai Lembing, 26080 Kuantan, Pahang
電話番号:+60-9581-9133
公式サイト:https://www.clubmed.co.jp/

 

※2022年2月現在の価格です。料金は変動しますのでご注意ください。

(4)東南アジアの各国へぶらり旅

マレーシアから東南アジア各国へ旅行するのはどうでしょうか?

マレーシアに本社を持つLCC・エアアジアを利用すれば安価に旅行することができます!

エアアジア以外にもさまざまなLCCがマレーシアから飛んでいるので、最安値を狙えばよりお得に空の旅が可能です。

移動費を安く抑えられればその国の食を楽しんだり、遺跡巡りやアクティビティで刺激を味わったり、自分へのご褒美マッサージ・スパでリラックスしたりできますね。

参考 ※( )内はクアラルンプール〜各都市への往復航空券の価格
飛行機で片道約1時間:シンガポール (約7000円)
飛行機で片道約2時間:タイ・バンコク(約8000円)、カンボジア・プノンペン(約7000円)
飛行機で片道約3時間:ベトナム・ホーチミン(約)、インドネシア・バリ(約8000円)、ラオス・ルアンパバーン(約1万円)、ミャンマー・ヤンゴン(約6000円)

 

※2022年2月現在の価格です。料金は変動しますのでご注意ください。

 

まとめ

今回は予算5万円の楽しみ方を紹介しましたが、ホテルステイから近隣国への旅行まで楽しみ方はさまざまです。

日本と比べ物価が安いぶん、いままで手が出せなかったことにも挑戦できるのがマレーシア生活の醍醐味かもしれません。

この記事が参考になれば幸いです。

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

Yuuuu(外部ライター)

マレーシア・クアラルンプールとタイ・バンコクを行き来するノマドワーカー。出産を機にフリーランスに転身。息子(2歳)の子育てに奮闘中!

記事をシェアする

関連する記事