マレーシアの夜を楽しもう!人気ナイトクラブまとめ

こんにちは!マレーシア在住のライター Yuuuuです。

マレーシアでの生活・お役立ち情報を発信中!今回のテーマは「マレーシアの人気ナイトクラブ」です。

せっかくマレーシアにいるのなら、夜も楽しみたいですよね。

マレーシアはイスラム教が国教ですが、実はナイトクラブが充実しているんです!

「マレーシアのナイトクラブはどんなところ?」「どのナイトクラブがおすすめ?」といった方必見!

この記事ではマレーシア在住歴4年の私が、新しくオープンしたクラブや若者・外国人に人気のクラブなどマレーシア・クアラルンプールにある人気ナイトクラブを紹介します。

 

マレーシアのクラブについて知っておきたい4つのこと

外国のナイトクラブに行く際、「不安・・」「入りづらい・・」と思うかもしれません。

まずは、マレーシアのナイトクラブについて知っておきたいことを紹介します。

 

どんな種類のクラブがある?

マレーシアのナイトクラブは、VIP席をもつ比較的富裕層が多いクラブや現地の方が多いクラブ、観光客で賑わうクラブなどさまざまです。

日本人になじみの深いEDMやAll Mixが流れるナイトクラブもあれば、Hip-Hop、さらに生演奏を聴けるナイトクラブもあるなど、多民族国家のマレーシアらしくナイトクラブによって店内の雰囲気や流れる音楽が異なります。

そのため、ナイトクラブによって客層やどの人種が多いのかが異なるのもマレーシアのナイトクラブの特徴でしょう。

 

どんな人が参加してる?

インド系や中華系、マレー系のマレーシア人もいますし、マレーシアに滞在している外国人も多く参加しています。

国や人種関係なく参加できるため、日本人でも問題なくなじめるでしょう。

イスラム教はお酒を禁止しているため、お酒が飲めないマレー系マレーシア人は踊りを楽しんだり、麻雀を好む中華系マレーシア人は席で楽しんだりと、人種によって楽しみ方はさまざまです。

 

お酒は飲める?

マレーシアの国教であるイスラム教はアルコールを禁止していますが、外国人にはこのルールが適用されません。

そのため、ナイトクラブでもお酒を飲むことができます。

お酒は許可されていますが、泥酔するほど飲みすぎることや無理にお酒を飲ませようとする行為は嫌がられるため、やめましょう。

 

治安は大丈夫?

マレーシアにおいてナイトクラブは比較的裕福な遊びだといえます。

そのため、ナイトクラブの治安は悪いとは言い切れませんが、危険なことが何もないとも限りません。

安全に楽しむために、貴重品は肌身離さず持ち歩く、1人行動はしないといった身を守るための最低限の対策をしましょう。

 

マレーシアの夜遊びスポットと人気ナイトクラブ


ここからは、押さえておきたいマレーシアの有名な夜遊びスポットと人気ナイトクラブを紹介します。

夜遊びスポット1:チャンカット

マレーシアの夜遊びスポットといえば、クアラルンプールの中心地ブキッ・ビンタンにある繁華街「チャンカット」。

約200m続く通りの両側にさまざまな国のレストランやBar、パブが集まり、地元の若者や観光客で賑わいます。

女性なら、レディースデイをしているお店の多い水曜日の夜がおすすめ!

レディースデイでは、ビールやカクテルが無料で飲めたり割引があったりと嬉しいサービスが受けられますよ。

■詳細情報
住所:Changkat Bukit Bintang, Bukit Bintang, 50200 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
アクセス:ブキッ・ビンタン周辺から徒歩で約5分
営業時間:店舗によるがおおよそ15:00〜0:00
休業日:店舗によって異なる

※営業時間や休業日等は新型コロナウィルスの影響によって随時変更されるため、事前に店舗へお問い合わせください。

夜遊びスポット2:TREC(トレック)

※公式サイトより引用

最近人気を集めているのが、マレーシア政府が開発支援している「TREC(トレック)」。

「TREC(トレック)」にはレストランやBar、ナイトクラブ、ライブハウスなどさまざまなエンターテイメント施設が集まっています。

お昼12時から朝の5時まで空いているので、夜通し遊びたい人必見!

さらに通りが歩行者天国になっていたり、エリア全体が整備されていたりと安全・安心できるのも嬉しいですね。

お洒落で洗練された最先端のナイトスポットへ行きたい方におすすめです。

■詳細情報
住所:438, Jalan Tun Razak, Kelab Golf di Raja Selangor, 50400 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
アクセス:ブキッ・ビンタン周辺から車で約10分
営業時間:8:00〜翌5:00
休業日:無休
公式サイト:http://www.trec.com.my/

※営業時間や休業日等は新型コロナウィルスの影響によって随時変更されるため、最新の情報は公式サイトより確認ください。

人気ナイトクラブ1:Zouk Club KL(ズーク)

※公式サイトより引用

Zouk Clubはシンガポール発祥で、東南アジア最大のナイトクラブです。

現地の若者はもちろん、日本人をはじめとする外国人も多く集まり、週末になると身動きできないくらいの人で賑わいます。

VIP専用フロアや滑り台があるフロアなど、フロアがいくつもあるのがZouk Clubの特徴。

フロアによって雰囲気も流れる音楽のジャンルも異なるので、色々なフロアを見て回って楽しむのがおすすめです。

流れる音楽は日本でも多く流れるEDMやAll Mixがメインで、Hip-Hopも人気。

Zouk Clubは出入り自由なので、クラブ周辺にあるオシャレなBarやレストランに行って帰ってくることも可能。

有名なDJが参加するイベントを開催することもあるので、公式サイトでイベント内容を確認しておきましょう。

■詳細情報
住所:436, Jln Tun Razak, Kelab Golf di Raja Selangor, 50400 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
アクセス:ブキッ・ビンタン周辺から車で約10分
営業時間:日〜水22:00〜3:00、木22:00〜4:00、金・土22:00〜5:00
休業日:無休
公式サイト:www.zoukclub.com.my

※営業時間や休業日等は新型コロナウィルスの影響によって随時変更されるため、最新の情報は公式サイトより確認ください。

人気ナイトクラブ2:Mango's Tropical Cafe(マンゴートロピカルカフェ)

※公式サイトより引用

チャンカットとTRECの2カ所にあるMango's Tropical Cafeは、東南アジアらしい熱帯雨林をイメージした雰囲気の店内と開放的な外エリアのフロアがあったりと開放的なナイトクラブ。

現地の方ももちろんいますが、西洋系の外国人観光客が多い印象です。

他にも現地のプロバンドの生演奏を楽しむことができ、流行りの曲はもちろん好きな曲をリクエストすることも可能!

もちろん日本でおなじみのEDMやAllMixも流れているので、海外のナイトクラブが初めての方でも安心して楽しめるでしょう。

踊ったりお酒を飲んだりとナイトクラブらしい楽しみ方も、食事をしつつお酒を嗜むBarらしい楽しみ方もできるカジュアルな雰囲気のナイトクラブです。

■詳細情報
・チャンカット店
住所:1st Floor,37,3941, Changkat Bukit Bintang, Bukit Bintang, 50200 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
アクセス:ブキッ・ビンタン周辺から徒歩で約5分
営業時間:16:00〜0:00
休業日:月曜日
Facebook: https://www.facebook.com/mangoscafe.kl/

・TOREC店
住所:Lot E, 12-14, TREC, Jln Tun Razak, Kelab Golf di Raja Selangor, 50400 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
アクセス:ブキッ・ビンタン周辺から車で約10分
営業時間:17:00〜翌3:00
休業日:月曜日
Facebook: https://m.facebook.com/mangos.trec/

※営業時間や休業日等は新型コロナウィルスの影響によって随時変更されるため、最新の情報はFacebookより確認ください。

 

まとめ

マレーシアにもさまざまなナイトクラブがあります。

「夜遊びしてみたい」「ナイトクラブに興味がある」という方は、ぜひこの記事を参考にマレーシアのナイトクラブに行ってみてくださいね。

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

Yuuuu(外部ライター)

マレーシア・クアラルンプールとタイ・バンコクを行き来するノマドワーカー。出産を機にフリーランスに転身。息子(3歳)の子育てに奮闘中!

記事をシェアする

関連する記事