マレーシアのコンセント事情!電圧は?変圧器は必要?

記事をシェアする

こんにちは!マレーシア在住のライター ノマドゆきこです。
マレーシアでの生活・お役立ち情報を発信中!今回のテーマは「マレーシアのコンセント事情!電圧・変圧器について」です。

マレーシア コンセント 電圧の画像

旅行に行く時、長期滞在する時、電気製品の充電は必須ですよね。
日本と同じなのか、何が違うのか、何を準備しておけばいいのか…そんな疑問を解決します!
知らずに大事な電化製品を壊してしまった…とならないように、事前にしっかり確認しておきましょう。

 

マレーシアのコンセントは日本と違う?

引用:https://www.elecom.co.jp/products/T-HPABFWH.html

マレーシアと日本のコンセントの形状は違います。
一般的には「BFタイプ」という、イギリスなどと同じ、先が3つ分かれているタイプになります。

マレーシアはイギリスの植民地だった歴史があります。
そのため、イギリスの生活や文化が取り入れられた名残で、今もコンセントの形状は「BFタイプ」が多く使用されています。

 

電圧・周波数をチェック!

マレーシアの電圧は240V、周波数は50Hzです。
日本の電化製品を使う場合には、変換アダプタや電圧変換器が必要です。

コンセント

マレーシアのコンセントの形状はBFタイプです。
コンセントの形状以外にも知っておいた方がよいことが3つあります。

(1)コンセントのスイッチ
日本では全く見たことのない、コンセントのスイッチ。
マレーシアは電圧が高いので、感電防止など安全面からコンセント自体のON/OFFができるスイッチがついているのです。
スイッチをONにしないと、コンセントを差しても電流は流れません。使用する際はONにしましょう。
240Vの電圧は感電事故になる恐れもあります。そのため、コンセントを抜き差しする時や長時間使用しない時は必ずOFFにましょう。

(2) 差し込み口のシャッター
マレーシアのコンセントには安全のため差し込み口にシャッターがついているものがあります。
3つの穴はそれぞれ役割が異なり、上の縦向きの穴はアース端子用、横向きの下2つの穴が実際に電気が流れている穴になります。
間違って電流が流れている穴に入らないように、横向きの下2つの穴にシャッターが付いています。
プラグをコンセントに差し込む時に、長めのアース端子がロックを外し、電気が流れている穴のシャッターが開くようになっています。

(3) ヒューズつきプラグ
BFタイプのプラグは、とても大きいのが特徴です。
異常な過電流から電化製品を守るため、プラグの中に棒状のヒューズが内蔵されているのです。
電化製品を安全に使うために必要なのものなので、故意に折ったりしないようにしましょう。

 

電圧

マレーシアの電圧は240Vです。
スマートフォン含め、電化製品を使用する際は電圧が対応しているか確認しておきましょう。
最近のパソコン・スマートフォンなどは、100V~240Vの電圧に対応しているものが多く、変圧器なしで使用可能なものが増えていますが、念のため確認しておくと安心です。

【電圧の確認方法】
「入力」または「Input」の欄を確認します。
例)100V~240Vと書いている場合→変圧器なしで使用可能です。

 

周波数

マレーシアの電気の周波数は日本と同じ50-60HZです。
使用に関しては基本的には問題はありません。
ですが万一のことを考え、電圧と同じように電化製品に記載されている周波数を確認しておくと安心です。

 

日本から電気製品を持って行きたいときは?

カメラやヘアドライヤーなど、使い慣れているものを持っていきたいですよね。
そんな時の対応方法をご紹介します。

(1)変換アダプターを使う
電圧、周波数がマレーシアに対応していて、コンセントの差し込み口が対応していない場合、変換アダプターを使いましょう。
ホテルに滞在しているのであれば、貸し出してくれることもあります。フロントに聞いてみましょう。
マレーシアで購入する場合、デパートやスーパー、家電専門店、雑貨屋などで約200円ほどで売っています。
種類は様々で、USBの差込口もあるアダプターや、複数差せる延長コード、差し込み口が世界共通タイプなどがあります。

(2)変圧器を使う
本体や電源アダプターが240Vに対応していない場合、変圧器が必要になります。
240Vの電圧を、ステップダウントランスフォーマー(降圧トランス)を使い、電化製品が使えるよう変圧します。
私の経験ですが、ヘアアイロンをマレーシアのコンセントに差したら、白い光とともに壊れてしまったことがあります。
変圧器はマレーシアで購入可能です。こういったことにならないよう、気をつけましょう。

【注意】
日本の電化製品の中には、240Vに対応していても、海外での使用時の故障は保証対象外となっているものもあります。注意してください。

(3)現地調達する
変圧器を使えば、基本的には日本の電化製品は使えるようになります。
しかし、ドライヤーやアイロン、調理家電のような熱を出すものや、掃除機やミキサーなど消費電力が高い家電製品は、変圧器の使用をおすすめしません。
こういった家電製品は、マレーシアで購入しましょう。

 

まとめ

マレーシアのコンセントの形状は日本と違うため、電圧、周波数が対応している場合は変換プラグを使いましょう。
マレーシアの電圧は日本の2倍以上もあるので、必ず電化製品の電圧を確認してくださいね。
長期滞在の場合は、変圧器の使用や電化製品を現地で調達してみるのも一つの方法ですよ。

うまく適応して、快適なマレーシア生活を過ごしましょう!

タピオカ中毒

タピオカ中毒

ICONIC

マレーシア・クアラルンプールとタイ・バンコクを行き来するノマドワーカー。出産を機にフリーランスに転身。現在0歳の息子の子育て奮闘中!

記事をシェアする

関連する記事