マレーシアでも安心!日本語が通じるクアラルンプールの病院を紹介!

こんにちは!マレーシア在住のライター Yuuuuです。
マレーシアでの生活・お役立ち情報を発信中!今回のテーマは「クアラルンプールの日本語が通じる病院」です。

マレーシアで過ごしていて、
なんだか体調が悪い・・
熱があるから風邪かな?というように、

旅行などの短期滞在、仕事などの長期滞在関わらず「病院」に行く可能性はありますよね。

英語でうまく説明できるか不安・・と感じる方もいるかもしれません。

そんな時利用したいのが、「日本語が通じる病院」です。

この記事では、日本語が通じる病院を5つ紹介します。

マレーシアにはどんな病院があるの?

マレーシアの病院には大きく分けて、「国公立病院」「私立総合病院」「クリニック」の3つの種類があります。

(1)国公立病院
・国や州が経営しており、公用語はマレー語のみ
・マレーシア人は無料に近い料金で利用可能、外国人も利用可能だが、マレーシア人より料金を高く設定されていることが多い

(2)私立総合病院
・企業が経営しており、公用語は英語、マレー語、中国語だが日本語が通じる(日本語通訳がいる、など)を場合がある
・世界水準の最新医療・最新設備を導入している

(3)クリニック
・一般医(ファミリードクター、ジェネラルドクターと呼ばれる)による個人経営で、公用語は英語、マレー語、中国語など(日本語は使用できない)
・風邪やけがなど軽度、非重病の場合に利用する

詳しくはこちら「マレーシアの医療や病院は安心?医療に関することまとめ

日本語でも安心◎日本語が通じる病院5つ

(1)Pantai Hospital Kuala Lumpur(パンタイホスピタルクアラルンプール)


◆住所:No.8, Jalan Bukit Pantai, 59100, Kuala Lumpur
◆電話:03-2296-0888 / 03-2296-0608(日本語) / 03-2296-0999(救急車)
◆診察時間:9:00~13:00 , 14:00~17:00(月~金) / 9:00~12:30(土)
◆休診日:日・祝

 

(2)Prince Court Medical Centre(プリンスコートメディカルセンター)


◆住所:39 Jalan Kia Peng, 50450, Kuala Lumpur
◆電話:03-2160-0000 / 03-2160-0125(日本語) / 03-2160-0999(救急車要請/緊急外来)
◆診察時間:9:00~17:00(月~金) / 9:00~13:00(土)
◆休診日:日・祝

 

(3)ジャパンメディケア Japan Medicare(Mahameru International Medical Centre)


◆住所:107 & 109, Jalan Maarof, Bangsar, 5900, Kuala Lumpur
◆電話:03-2287-0988
◆診察時間:8:00~18:00(月~金) / 8:00~14:00(土)※医師によって診療時間、休診日が異なる
◆休診日:日・祝

 

(4)森のまちクリニック


◆住所:1F-05, Verve Shops, Jalan Kiara5, Mont Kiara, 50480, Kuara Lumpur
◆電話:03-6211-4789 / 011-3335-7803(日本語)
◆診察時間:9:00~13:00 , 14:00~18:00pm(火~日曜)
◆休診日:日・祝

 

(5)ひばりクリニック


《Mont Kiara》
◆住所:Lot L2-01, 2nd floor, 1Mont Kiara Mall, Kompleks 1Mont Kiara, No.1, Jalan
Kiara, Mont Kiara, 50480 Kuala Lumpur, Malaysia
◆電話:03-6211-5919(日本語)
◆診察時間:9:00~12:00 , 14:00~17:00
◆休診日:なし

《KLCC》
◆住所:Suite No.3, Level 3, Menara IMC, 8 Jalan Sultan Ismail, Kuala Lumpur
◆電話:03-2022-4919(日本語)
◆診察時間:9:00~12:00 / 14:00~17:00
◆休診日:土・日・祝

まとめ

もしマレーシア滞在中に体調が悪くなっても、日本語が通じる病院があるので安心ですね。

何かあったときにすぐ連絡できるよう、病院の場所のチェックと事前に病院・日本語通訳、日本語が話せるスタッフの方に連絡しておきましょう。

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

ICONIC

マレーシア・クアラルンプールとタイ・バンコクを行き来するノマドワーカー。出産を機にフリーランスに転身。息子(1歳)の子育てに奮闘中!

記事をシェアする

関連する記事