マレーシアのSIMカード「HOTLINK」購入方法と専用アプリの設定方法

こんにちは!マレーシア在住のライター Yuuuuです。


マレーシアでの生活・お役立ち情報を発信中!今回のテーマは「HOTLINK専用アプリの設定方法」です。

HOTLINKの画像

引用:https://www.hotlink.com.my/en/plan/hotlink-red/

マレーシアに来る時の必須アイテム「SIMカード」。

 

「HOTLINK」には、SIMカードを購入した後、専門店に行かなくてもデータ容量の確認や、金額のチャージ、プランの選択ができる専用アプリがあるんです!

 

今回は、HOTLINKの購入方法や便利なHOTLINK専用アプリの設定方法、プランについてまとめました。

 

この記事を読んで、マレーシアでの生活に欠かせないSIMカードを購入する際の参考にしてくださいね。

 

HOTLINKとは

HOTLINKの画像

最大手maxis社が提供しているSIMカードが「HOTLINK(ホットリンク)」です。


SIMの購入は空港以外にも看板が出ている専門店・ブース、コンビニなど様々な場所で購入できます。


※HOTLINKが使えるエリアはこちらから確認可能です※

 

マレーシアの大手通信会社は、最大手maxis社を含め4社。

 

HOTLINK以外のSIMカード会社は以下です。

 

・XPAX/celcom社(セルコム)

celcomはマレーシア大手の通信キャリア。そのため、田舎や山間部といった他の通信会社では繋がりにくいエリアでも繋がる可能性が高いです。SIMカードはRM10(約300円)〜。

XPAX/celcom社(セルコム)公式サイト:https://www.celcom.com.my/

 

・Traveller Sim/Digi社(ディジ)

DigiのSIMカードはRM8(約240円)〜。7日間の短期滞在者用やデータ容量別、日本を含む複数国へのフリーコール付きなどの用途で選べるのに格安と、人気があります。

Traveller Sim/Digi社公式サイト:https://www.digi.com.my/

 

・UnlimitedPower/U Mobile社(ユー モバイル)

 

2007年からサービスを開始したU Mobile。SIMカードはRM8.5(約260円)〜と格安です。最低プランはRM30(約900円)で2.2GBのデータ使用が可能。

UnlimitedPower/U Mobile社(ユー モバイル)公式サイト:https://www.u.com.my/

 

▼空港での購入方法やSIMカードについてはこちら▼

 

《日本・マレーシア別》HOTLINKの購入方法

「空港で購入するのは不安・・」「マレーシアで購入する時間がない」という方は日本で事前にHOTLINKを購入しておけば、マレーシア到着後すぐにスマートフォンが使えて安心!

日本とマレーシア別に、HOTLINKの購入方法を紹介します。

 

日本で購入するならオンラインで購入しよう

参考:Amazon_マレーシア MAXIS プリペイドSIMカード

※2022年6月時点の価格です。随時変更となる可能性があります。

 

Amazonや楽天市場で購入可能。マレーシアでSIMカードを購入するよりも高額ですが、使用するのに必要な設定も事前に日本でできます。開通後にSIMカードをスマートフォンに挿入するだけで、マレーシア到着後すぐに利用できるのがいいですね。

 

マレーシア到着後に購入するなら空港がおすすめ

マレーシア到着後にHOTLINKを購入するなら、空港内のSIMカードショップで購入するのがおすすめです。

▲空港のSIMカードショップ

空港で購入する場合は、店頭に行きHOTLINKを購入する旨を伝え、スマートフォンとパスポートを手渡すだけ。滞在期間やどのくらいデータ容量が欲しいのかを考慮してプランを選びます。数分で設定してくれるので、料金を支払えばすぐに使用可能。

 

空港以外でも、ショッピングモール内に入っているHOTLINKの専門店や、看板や入り口にポスター・シールを貼っている場所ならコンビニや雑貨店でも購入できます。

▲ポスターやシールがあれば、コンビニでもHOTLINKは購入可能

 

専門店では空港のように設定してくれますが、コンビニで購入すると自分で設定する場合が多いです。

 

設定が不安な場合は、空港のブースかショッピングモールに入っている専門店で購入しましょう。

 

HOTLINK専用アプリでできること

・インターネットのデータ残量の確認
・チャージ残高の確認
・チャージ(Top Up)、プランの追加
・ポイントを貯める、など

 

HOTLINK専用アプリの設定方法

(1) アプリをダウンロードしインストールする
HOTLINKの画像

(2) アプリを開き、電話番号を入力する
HOTLINKの画像

(3) SMSでPINコードが送られてくる
HOTLINKの画像

(4) PINコードを入力する
HOTLINKの画像

(5) ログイン完了後、アプリのトップページが表示される

・「credit」プリペイドSIMにチャージしている残金と有効期限が表示されています。「Top Up」ボタンからチャージできます。
・「internet」利用できるインターネットの残量が表示されています。タップするとプラン内容ごとに細かく表示されます。

 

HOTLINKアプリからプランを購入しよう

「データの残量が少なくなった!」「追加でプランを購入したい」なら、アプリを使ってプランを購入してみましょう。

 

HOTLINKアプリからプランを購入する手順は以下の通りです。

 

 

1)クレジットカード/デビットカード、電子決済アプリなどからアプリへ金額をチャージする

 

プランを購入するためには、アプリに金額をチャージする必要があります。オンラインバンク、クレジットカード/デビットカード、GrabPay・Touch’nGo eWalletなどの電子決済アプリから金額をチャージしましょう。現金でチャージしたい場合はコンビニでチャージしたい金額分を支払い、レシートに記載された番号をアプリに入力すればチャージできます。

 

 

21day,weekly,monthlyなどから欲しいプランを選ぶ

 

データ容量や有効期間から、欲しいプランを選びましょう。

 

《HOTLINKの主なプラン》

・3時間‥RM1.2(約36円)

・1日‥RM3(約90円)

・1週間‥RM10(約300円)〜

・1ヶ月‥RM35(約1050円)〜

 

※RM1=30円で計算

 

3購入完了のSMSが届いたら手続き完了

プランを購入したらSMSが届きます。購入したプラン分のデータ容量が増えているかアプリのトップ画面から確認しましょう。問題なくチャージできていれば手続き完了です。

 

▼HOTLINKのプランについてはこちら▼

 

まとめ

購入したSIMのデータ残量をすぐに確認できれば、滞在中安心してインターネットが使えます。


マレーシアでは安くSIMカードを購入できるので、ちょっとした旅行でもSIMカードの購入がおすすめです!


HOTLINKを購入する場合は、専用アプリも忘れずにインストールしましょう。

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

Yuuuu(外部ライター)

マレーシア・クアラルンプールとタイ・バンコクを行き来するノマドワーカー。出産を機にフリーランスに転身。息子(3歳)の子育てに奮闘中!

記事をシェアする

関連する記事