【わたしのフエ旅行記】世界遺産巡りと絶品フエ料理を楽しむ。

記事をシェアする

こんにちは。Thuyです。
私は友人と2日間のフエ(Hue)を旅行しました。

今回は私のフエ旅行記をお届けします。

 

ベトナムの古都「フエ」とは?

多くのベトナム人にとって、フエは古くて歴史のある静かな都市、というイメージです。中央ベトナムの沿岸平野にあり、フエはその霊廟で有名です。宮殿やフエ料理、伝統工芸の村などもあります。

 

フエ旅行のベストシーズン

フエの気候は厳しく、乾季と雨季の2つの季節があります。フエの乾季は3月~8月まで続き、暑く快晴が続きます。雨季は8月~1月にかけてで、豪雨が多く、時々暴風雨を伴います。フエ観光に最も良い時期は、7月~9月です。

また、2年に1度の4月下旬に開催される、「フエフェスティバル」に合わせて旅行するのも良いでしょう。この祭りは各国からアーティストがフエに集結し、伝統芸能・ダンス・演劇・音楽・パレード・アオザイのファッションショーなど、華やかなイベントが1週間にわたって開催されます。

 

ホーチミンからフエまでの行き方・ホテル・移動手段

ホーチミンのタンソンニャット(Tan Son Nhat)国際空港から、フエのフバイ(Phu Bai)国際空港まで、1時間半のフライトがあります。私たちは飛行機でフバイ空港へ向かい、空港から市内へはバスで5万ドン、30分程度で到着しました。

フエにはいろいろなホテルがあり、ホテル予約サイトから探しました。スタッフの方はとても親切で、フエの観光名所や交通機関に関する旅行情報を聞くことができます。私たちはレンタルバイクを1日100,000 VNDで借りることにしました。
他にも、フエ市内ではレンタル自転車・タクシー・レンタカーなども利用可能です。ボートで川を移動することもできます。

 

~わたしのフエ旅行1日目~ フエの観光スポット巡り

翌朝、私たちは道端のローカルレストランでブン・ボー(Bun Bo)を食べました。牛肉は非常に新鮮で、値段は20,000~25,000 VNDでした。

ブンボーフエ

ブンボーフエ

 
朝ごはんを食べたら、今日の観光計画を立てます。

フエはベトナム最後の王朝である、グエン(Nguyen)王朝の帝京で、ここにはフエの帝京と王の霊廟があります。フエの墓はすべて独自の特徴と、興味深い歴史的物語を持っています。但し、霊廟は市内から離れているので注意が必要です。
トゥドゥック帝陵、ミンマン帝陵、カイディン帝廟、阮朝王宮の4つの観光地はぜひ訪れるべきです。4箇所セットでの入場料は360,000 VNDです。

私たちは今回時間がなかったので、トゥドゥック帝陵と阮朝王宮だけを訪れました。2泊3日あればもう少し回れると思います。もちろんそれより長ければ、もっとディープなフエを楽しむことができます。

 

【トゥドゥック帝陵】

まずはトゥドゥック帝陵(Lang Tu Duc)へ行きます。
入場料は1人100,000VNDです。

トゥドゥック帝陵

これは王、女王と妾(めかけ)の埋葬場所です。 また、皇帝は生前に別荘としても使用していて、本を読んだり詩を書く場所となっていました。

 

繊細な彫刻

繊細な彫刻


住所:17/69 Lê Ngô Cát, Thủy Xuân, Thành phố Huế, Thừa Thiên Huế
時間:7時00分~17時30分

 

【しじみ飯 コム・ヘン】

昼食にはコム・ヘン(com hen)を食べました。コム・ヘンは、白米を使った伝統的な料理です。シジミ・野菜・ピーナッツなどをのせて、ヌックマムを加えます。価格は10,000VNDです。

コム・ヘン

コム・ヘン

 

【阮朝王宮(フエ王宮)】

午後1時には、阮朝王宮に着きました。入場料は1人150,000VNDです。

阮朝王宮は、「Đại Nội」とも呼ばれています。グエン王朝の歴史的建造物で、王室の活動が行われる宮廷行政と政治の中心となっていました。フエ・シタデルとよばれる建築は、西洋建築と東洋建築の独創的な組み合わせです。

私はここを訪れて、その広大さと建築の美しさ、繊細さに驚きました。古代の王の豊かさが表れています。

Dai Noi- 阮朝王宮(フエ王宮

Dai Noi- 阮朝王宮(フエ王宮)

フエ王宮の中

フエ王宮の中

宮殿内の通路

宮殿内の通路


住所:Phú Hậu, Thành phố Huế
時間:8時00分~17時00分

 

【チャンティエン橋付近のナイトマーケット】

夜のフエはより静かで穏やかです。私たちは、グエンディンチエウ(Nguyen Dinh Chieu)通りの歩行者天国に行ってきました。道端での生演奏を聞きながらスナックを食べたり、散歩するにはぴったりの場所です。伝統工芸品や骨董品を扱うお店もあり、買い物にもおすすめです。

夜のチャンティエン橋とボート。

夜のチャンティエン橋とボート

これはフォン(Huong)川を横切るチャンティエン(Trang Tien)橋です。フォン川はフエの象徴でもあります。チャンティエン橋の麓にはナイトマーケットがあり、 チェー(ベトナムぜんざい)、ブン・ボーなどたくさんのおいしい料理があります。

 
フォン川

昼間のフォン川

 

~わたしのフエ旅行2日目~ 古代の塔とフエの市場へ

【ティエンムー寺トウニャン塔】

翌朝、私たちはティエンムー(Thien Mu)寺のトウニャン塔に行きました。 これは1600年に建てられた古代の神聖な塔です。

トゥニャン塔

トウニャン塔


住所:Hương Hòa, Thành phố Huế, Hương Hòa Thành phố Huế Thừa Thiên Huế
時間:8時00分~18時00分

 

【ドンバ市場】

その後、私たちはドンバ(Dong Ba)市場に行きました。ドンバ市場はフエで最も有名な市場で、100年以上の歴史を持っており、あらゆる種類のアイテムで賑わう市場です。 特に、ここでの料理は非常に多様でおいしいです。

ドンバ市場

ドンバ市場
引用:https://news.zing.vn/cac-mon-an-vat-o-cho-dong-ba-post604086.html


住所:2 Trần Hưng Đạo, Phú Hoà, Thành phố Huế, Thừa Thiên Huế
時間:6時00分~18時00分

 

【フエ風バインセオ バイン・コアイ】

ここでバイン・コアイ(Banh khoai)を食べました。
バイン・コアイはフエ風のバインセオです。生野菜と共に食べます。 普通のバインセオに比べて小さくて、生地が分厚く、サクサク感が強いです。

市場で食べたバイン・コアイ

市場で食べたバイン・コアイ

 
これで私の2日間のフエ旅行が終わりました。
まだまだ発見していない場所や物もたくさんあります。また必ずフエを訪れたいと思います。

フエについてもっと知りたい方は、フエ観光情報促進センターのWebサイト(https://www.vietnamhuekanko.com/)もご覧になってみてください。日本語でとても分かりやすくまとまっていて、今すぐにでもフエに行きたくなるはずですよ。

みなさんもぜひベトナムの古都であるフエまで足を運んでみてください。
それではまた。

鳥のように自由だ

鳥のように自由だ

ICONIC

こんにちは、Thuyです。旅行やあたらしいことを見つけるのが好きです。世界は広くてたくさんやりたいことがあります。さあ楽しみましょう!

記事をシェアする

関連する記事