【後編】フィリピンに住むならどこがオススメ? 住みやすい街ベスト10

記事をシェアする

フィリピンの「住みやすい街ベスト10」の後編!

今回は、大注目の第5位から第1位までを発表いたします。

※第10位~第6位をご紹介の【前編】は、こちら
DH Top Tens, LLCの運営する投票サイト「THE TOP TENS」の「Top Cities in the Philippines」にランクインした都市の詳細をご紹介しています。


第5位 ロハスシティ(Roxas City)

ロハスシティ(Roxas City)
Junnjun Mendoza-Robinsons Place Roxas
https://www.flickr.com/photos/junnmendoza/6940957326

“シーフードの首都(Seafood Capital of the Philippines)”と呼ばれるロハスシティ。
その名の通り、豊富な水産資源に恵まれた都市です。養殖が盛んで、特に貝が有名。
ロハスシティのご馳走といえば、やはりシーフード! 現地のレストランでは高級魚もお手頃な値段で食べることができます。

近年、養魚池が団地、分譲地、商業地へと改築され、急速に都市化が進んでいます。
街にはスポーツ施設、ショッピングモール、公園、ホテル、銀行が多くあり、ロハスシティの人口は15万人と小規模ですが、学校(幼稚園・小学校・高校・大学)は公立・私立合わせて97校もあるため子育てにも適した街です。

街はとても清潔で緑が多く、エコ・フレンドリー。フィリピンでもっとも分煙が進み、喫煙者用にスモーキングエリアが設置されています。


第4位 ダバオシティ(Davao City)

ダバオシティ(Davao City)
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Quezon_Boulevard_Davao-c.JPG

フィリピン南部ミンダナオ(Mindanao)にあり、メトロ・マニラ、セブシティに次ぐ“第3の都市”とも呼ばれるダバオシティ。

犯罪件数が非常に少ないため、ミンダナオでもっとも生活がしやすい都市とも言われています。
その背景は、以前ダバオシティの市長を務めていたのは、2016年に大統領に就任したドゥテルテ氏。犯罪者に厳しい処罰を与えることで、平和で治安のよい街へ変えたと言われています。

市内にはモール、病院、世界的に有名なホテルやレストランがたくさんあり、飽きることがありません。ホワイトウォーターラフティングやフィリピン最高峰の山、アポ(Mt. Apo)登りなど、観光スポットもかなり充実。エキサイティングな体験がお好きな方にはぴったりです。


第3位 セブシティ(Cebu City)

セブシティ(Cebu City)
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Cebu_City.jpg

フィリピン屈指の避暑地であり、近代的な施設が集まるリゾート地としても知られるセブシティ。“南部の女王都市(Queen City of the South)”と呼ばれています。

フィリピンにおける“第2の都市”であり、産業の中心地です。メジャー産業は観光業と、家具・ギターなどの製造業。近年ではコールセンターなどのビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)が経済成長を牽引しています。

ここ10年経済が安定しており、年6%以上の経済成長率を維持しているため、フィリピンでもっとも成長が見込まれている都市です。そのため、多くのフィリピン人が仕事を求めてセブシティに集まります。

セブシティはフィリピン最古の歴史を誇り、歴史的建物や記念碑がたくさん残されています。スペイン統治時代に建築されたサン・ペドロ要塞(Fort San Pedro)、1565年に建てられたフィリピン最古の教会サント・ニーニョ教会(Sto.Nino Church)、冒険家マゼランが建てた木製の十字架マゼラン・クロス(Magellan’s Cross)など、見所はいっぱい。


第2位 バコロドシティ(Bacolod City)

バコロドシティ(Bacolod City)
Constantine Agustin-Bacolod Cathedral
https://www.flickr.com/photos/biagkensiak/14973194886

フィリピン中部ヴィサヤ諸島のネグロス島(Negros)北部にあり、ネグロス島の中で最大の都市です。“最大の都市”とは言うものの、街はのどかでローカルな雰囲気が漂っています。

バコロドシティに住む人々は、見知らぬ人であっても、家族のような笑顔で接してくれます。そのため、“ほほえみの街(City of Smile)”と呼ばれています。

グルメも有名で、ロコバドシティを訪れた際に外せないのは、チキン料理!
「チキンハウス(Chicken Deli)」というチェーン店が非常に有名で、フィリピンで一番オススメのチキン料理「イナサル(Inasal)」が食べられます。また、バコロド名物の「ピアヤ(Piaya)」というスイーツが旅行のお土産としてメジャーです。

メトロ・マニラやセブシティなどの観光地と比べると、世界から観光客が訪れるような街ではないため、外国人の数が非常に少ないのも特徴。
そのため、他の都市にある“外国人はお金持ち”という認識は住人になく、旅行者にとっては非常に安全な街です。


第1位 イロイロシティ(Iloilo City)

イロイロシティ(Iloilo City)
Constantine Agustin-Plazoleta Gay Iloilo
https://www.flickr.com/photos/biagkensiak/8765999623

栄えある第1位に輝いたのは、イロイロシティ!
フィリピン中部ビザヤ諸島のパナイ島(Panay)南部にある都市です。

フィリピンで9番目に人口が多く、人口密度が非常に高いのが特徴ですが、実はのどかで落ち着いています。
街に住む人々はイロンゴス(Ilonggos)と呼ばれ、優しくて思いやりがあり、“とってもスイート(Sweetness people) な人々”だと言われています。フィリピンでは“愛情の街(City of Love)”と表現します。

イロイロシティはフィリピン有数の教育都市としても有名で、20の大学が存在。教育レベルも高く、静かな環境でのびのびと勉強することができます。

 


いかがでしたか?

日本人にはあまり馴染みのない都市が多いランキングですが、フィリピン人に感想を聞いたところ「あ~、納得!」とのこと。

フィリピンに行くなら現地の人も納得の「住みやすい街」へ足を伸ばして、将来のフィリピンライフの計画を立ててみては?

※「THE TOP TENS」のランキングは一般の方の投票によるもので、治安、文化、公共交通機関、インフラ、貧困率、失業率、公園やショッピングモールの数などに基づいて評価されています。

【参考サイト】
THE TOP TENS-Top Cities in the Philippines
http://www.thetoptens.com/top-cities-philippines/

Tourist Spots Finder-Top 10 Most Livable Cities in the Philippines 2015
http://touristspotsfinder.com/2015/05/top-10-most-livable-cities-in-the-philippines-2015/

カジコ

好きな食べ物はタコス

ICONIC

カジコと申します。フィリピン人の楽観的でなまけものなところに惹かれ、フィリピンのマニラに住みはじめました。いまは愛しい彼氏と、のんびりマニラの生活を楽しんでいます。好きな食べ物はメキシコ料理のタコスです。

記事をシェアする

関連する記事