写真付きで解説!ベトナムで買える日用品&そのお値段は?

いざベトナムで暮らし始めようとしたとき、まず手に入れたいのが日用品です。

暮らしの中のさまざまなシーンで、意外と細々としたものが必要になるんですよね。

日本から持ち込むにも、嵩張ったり重いものもあったりするので、できるだけ現地で調達したいところ。

そこで今回は、ベトナムで買える日用品を紹介します!日本から持ってくるべきアイテムもあわせて紹介したいと思いますので、ご参考になれば幸いです。

 

ベトナムで使われている通貨は?

ベトナムでは、通貨はドン(VND, ₫が使われています。

日本円と比べて、日常生活で使う金額の桁が非常に大きいので、慣れるまでにちょっと大変かも知れません。

レートによる変化はありますが、大体ベトナムドン÷200で日本円になります。

例:1,000ドン=5

主に紙幣が使われています。1,000ドン札、2,000ドン札、5,000ドン札、10,000ドン札、20,000ドン札、50,000ドン札、100,000ドン札、200,000ドン札、500,000ドン札があります。

 

200ドン札、500ドン札もありますが、お釣りで時々もらうくらいでほとんど使いません。というか、使いどころがあまりありません。笑

(私は200ドンをコツコツと5枚貯めて、1,000ドンとしてタクシー代で使ったら、ドライバーに爆笑されたことがあります。それぐらい使う機会が乏しい。)

 

VND→YEN早見表

1,000ドン= 5

2,000ドン = 10

5,000ドン = 25

10,000ドン = 50

20,000ドン = 100

50,000ドン = 250

100,000ドン = 500

200,000ドン = 1,000

500,000ドン = 2,500

 

本題へ!ベトナムで手に入る日用品とその値段

今回は、7区にあるAuchanというコープマート系列のスーパーマーケットにて、下記の7点について調査しました。

①洗濯用品

②キッチン用品

③バス用品

④ぺーパー類

⑤衛生用品

⑥掃除用具

⑦その他

日本より安いものや、物によっては同じぐらいor高い物もあるので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

※値段は202010月現在のものになります。

 

①洗濯用品

<洗濯洗剤>

OMO:189,000ドン(粉末4kg)/165,000ドン(液体3.1kg)

アタック:178,000ドン(液体3.8kg

アリエール:238,0000ドン(粉末5.5kg)/195,000〜233,000ドン(液体3.6kg)

<柔軟剤>

本体:220,000ドン〜250,000ドン

詰替:100,000ドン〜200,000.ドン

 

②キッチン用品

<食器用洗剤>

サンライト:本体30,000ドン

詰め替え:65,000ドン(2.1kg)/103,000ドン(3.6kg

<フライパン>

コープセレト:120,000200,000ドン※コープマートのプライベートブランドです。

海外ブランド: 400,000740,000ドン

<ボウル・ザル>

40,000〜130,000ドン

<まな板>

40,000〜150,000ドン

<包丁>

40,000〜600,000ドン

<ラップ>

日本のラップ:40,000100,000ドン

ローカルブランド:90,000200,000ドン(高いものはロールが600mもあります。お得感あるけどめっちゃ長い。)

 

③バス用品

<シャンプー>

パンテーン:132,000ドン(650ml)/ミセラー159,000ドン(530ml

ダブ:135,000ドン(640ml

<ボディソープ>

タブ:194,000ドン(900ml)/149,000ドン(530ml)

 

④ぺーパー類

ティッシュ>

箱:23,00030,000ドン/120,000〜137,000ドン(日本のブランド)

ビニールパック:20,00032,000ドン

<キッチンペーパー>

20,000〜45,000ドン

<トイレットペーパー>

トリプルロール10個入り:80,000ドン台

 

⑤衛生用品

<綿棒>

コープセレクト: 24,000ドン(200本入り)

<生理用品>

30,000〜80,000ドン

<歯ブラシ>

30,000〜60,000ドン

<歯磨き粉>

Colgate:31,00047,000ドン

P/S:32,00039,000ドン

<ハンドソープ>

69,000ドン(500ml

<カミソリ>

20,000(5個入り)〜323,000ドン(タイのブランド)

 

⑥掃除用具

<フロアモップ>

145,500ドン

<スポンジ>

5,000〜40,000ドン

 

⑦その他

<延長コード>

90,000〜200,000ドン

<乾電池>

17,000〜115,000ドン

リチャージできるタイプ:250,000ドン

<ハンガー>

20,000〜50,000ドン

高いもので300,000ドン(5個)

 

日本から持ってくるべきアイテム

上記のように、ベトナムでもいろいろと現地調達できそうですよね!特に消耗品は、ベトナム産のものでも十分なものが多いです。

充実度の高いベトナムの日用品ですが、私が日本から持ってくるべきと考えるアイテムは以下の4つです。

  • フライパンのフタ

本当に売ってないです!日系や韓国系のお店には多少ありますが、フタだけで別売りというのはほとんど見かけないので、よく使うのであれば日本から持ってくるのがベストです。

  • 柔軟剤

こちらのものはとにかく香りがキツめです。しかも柔軟剤を入れてもごわつくので、ほとんど香りづけのためだけのようなもの。肌が敏感だったり柔軟剤にこだわりがあれば、ちょっとかさばるけど日本から持ち込むのがベター。

  • 洗濯洗剤

柔軟剤と同じく、効果に疑問のあるものが多いです。ベトナムは1年の半分が雨季で、しかも1年を通して暑い国。服の湿気と汗を解決してくれる日本の洗剤は、もはや神です。

  • トイレの防カビ用スタンプ

売って無いです。こまめに掃除していても、湿度に招かれるようにすぐ「サボったリング」が陽気にこんにちは。(陽気にかどうかは感覚の問題です。)防臭の意味でも、気になる人はぜひ持ってきてほしいと思う一品です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?ベトナムでもひと通り揃えられそうなラインナップですよね。

ただし、ものによっては海外産のものなどは高くつくこともあるので、上手に選んで買い物ができると良いですね。

スーパーマーケットでもよくセールをしていたり、いまはネットショップも充実していたりと、お安くゲットできる機会も多いのでぜひご覧になってください。

日本からは、本当にこだわりのあるものだけを持ってくるのがベストだと思います。

 


 

ベトナム勤務の求人をお探しの方へ

iconicJobでは、「ベトナムで働きたい」「グローバルに活躍したい」方のために転職支援サービスを提供しています。
興味をお持ちの方は、以下の申し込みフォームよりお気軽にご連絡ください。ご利用は全て無料です。

転職支援サービスに登録(無料)

 

乾季に歓喜する人

乾季に歓喜する人

ICONIC

気づけばベトナム在住歴7年目。クラクションの音も気にせず寝られる普通の主婦です。

記事をシェアする

関連する記事