日系企業に就職するベトナム人が知っておきたい3つのポイント

記事をシェアする

こんにちは!ホーチミン在住のベトナム人Thuyです。

現在、ベトナムで日本語を勉強している人の数が増えています。ほとんどの学習者は日系企業で働きたいと思っています。彼らはより高い給料を望んでいるからです。
しかし、誰もが日系企業の労働環境を知っているわけではありません。

私は幸運にも、ホーチミン市で日系の人材紹介企業に勤務しています。
そこで今回は、日系企業で働いている私の考えや、日系企業における職場環境について、私が感じていることを共有したいと思います。
私の記事が、日系企業で働きたいと思っている方の役立つことを願っています。

 

日本人の仕事のスタイル

私が日本人と一緒に働いて感じたことは、以下のとおりです。

・日本の人々は一生懸命に働き、また勤勉であろうとします。
・日本人は勤勉さを大切にしているので、仕事をサボらず、従業員に適時に仕事を依頼します。
・日系企業での残業はよくあることです。会社の日本人は深夜まで残業をしていることが多いです。
・日本人はよく働き、最善を尽くそうとします。
・日本人は仕事に対して非常に注意深く、強い責任感を持って働きます。

どのような環境でも、仕事を通じて学ぶ意欲があるのは良いことだと思います。

 

日本人は教育熱心?

あなたが日系企業で働くとき、日本人のスタッフはあなたが仕事をうまく進められるように、必要なことをすべて教えてくれるでしょう。
私の部署にはよく、日本人学生がインターンに来ています。新しい学生が来るたびに、日本人のスタッフは自己紹介をし、新人を案内します。
それを見ていると、彼らはいつも新しいスタッフを訓練する準備ができていることがわかります。
また、日本人は礼儀正しくコミュニケーションをとっています。彼らはいつも同僚に笑顔で挨拶します。

 

日本式の働き方を理解しよう

日本人はベトナムで働いている間も、日本式のルールを守っています。コンプライアンスを遵守し、定期的な報告を行い、きちんとした、時には厳格な態度で接します。
私たちは、そうした彼らの仕事のスタイルを尊重する必要があります。彼らはベトナムで働いていますが、あくまでも日本人で、あなたの上司なのです。
また、コミュニケーションをとる上で言語は最大の障壁になると思います。そんな時は、日本人の同僚が手伝ってくれるはずです。日本語力が不足しているならば、周りの力を借りて、上達のために最善を尽くしましょう。

 


 

日系企業で働くことは、少し窮屈に聞こえるかもしれませんが、私にとっては快適に感じます。彼らと一緒に働く毎日は、新しいことを学ぶ日々だからです。

ベトナムの日系企業で働く経験について、もっと知りたいという方は、ぜひ周りの人に聞いてみてくださいね。私を含め、みんないつでも分かち合う準備ができています。

thuy

鳥のように自由だ

ICONIC

こんにちは、Thuyです。旅行やあたらしいことを見つけるのが好きです。世界は広くてたくさんやりたいことがあります。さあ楽しみましょう!

記事をシェアする

関連する記事