【ベトナムで働く前に知っておきたい】ベトナム人から見た職場の日本人とは

記事をシェアする

こんにちは!ホーチミン在住のベトナム人Thuyです。

近年、ベトナムでは日本語を学ぶ人の数が増えています。その理由は、将来的に日本や日系企業で働くことで、ローカルの企業よりも高い給与を得られるからです。

しかし、誰もが日系企業の労働環境を知っているわけではありません。同じ職場の日本人上司と上手く関係を築けなかったり、ベトナムに転職してきた日本人がコミュニケーションに苦労する姿も見受けられます。

私は幸運にも、ホーチミンにある日系人材紹介会社に勤務しています。そこで今回は、日系企業で働いている私の見解を含めた、ベトナム人から見た日本人の印象についてお伝えします。

ベトナムに転職予定の日本人の方は、ぜひ一度目を通してみてください。ベトナムで働くイメージや、職場で求められる姿勢などが見えてくるはずです。

 

ベトナムで働く日本人の仕事のスタイル

まず始めに、日本人の仕事のスタイルです。
ベトナムの日系企業で働く日本人を見ていて、私は以下のような印象を受けました。

・一生懸命に働き、最善を尽くそうとする
・仕事をサボらず、スタッフには適時に仕事を依頼する
・日系企業での残業はよくあること(遅くまで残業をしている人も)
・非常に注意深く、強い責任感を持って取り組む

総じていうと、真面目で慎重に仕事をこなす印象です。

ベトナムの日本人向け求人には、ローカルスタッフのマネジメントを任されるポジションもあります。上記のように何事も意欲的に取り組みつつ、スタッフに業務を振り分けてミスのないよう管理するスキルが必要に感じます。

 

教育熱心なところは日本人ならでは

ベトナムで働く日本人スタッフは、新入社員が来ると、仕事を上手く進められるよう必要なことを教えています。私の部署にはよく日本人学生がインターンで来ますが、学生を連れて各部署を紹介してまわる姿は印象的でした。

日本人社員は、いつも新しいスタッフを訓練する準備ができているのだと分かりますし、礼儀正しくコミュニケーションを取り、スタッフに笑顔で挨拶するところが良いなと思います。

ベトナムの職場では、日本のように新入社員に付いて、あれこれと細かく教える人は多くありません。教育熱心な日本人と働けるのは、私たちにとってもメリットになりますから、丁寧に指導できる方は職場で重宝されるでしょう。

 

日本式の職場に慣れる援助を

日本人はベトナムの職場でも、日本式のルールを守って働いています。
コンプライアンスを遵守し、定期的な報告を行い、時には厳格な態度で接します。特に日系企業においては、ベトナム人スタッフも日本式の働き方を尊重し、日本人上司に合わせていく必要があります。

そうした認識をすり合わせていくために、ベトナム語を勉強して話しかけてくれるスタッフもいます。日本語力が不足していても、ベトナム語や英語などでカバーできれば、文化の違いも乗り越えられるはずです。


 

ベトナムでの仕事は、最初は戸惑うことも多いかもしれません。
しかし、一緒に働く私たちは、毎日新しいことを学ぶことができ、快適に感じています。

ベトナムの日系企業で働きたい!もっと知りたい!という方は、ぜひ私たちにご相談くださいね。いつでも分かち合う準備ができています。

 

thuy

鳥のように自由だ

ICONIC

こんにちは、Thuyです。旅行やあたらしいことを見つけるのが好きです。世界は広くてたくさんやりたいことがあります。さあ楽しみましょう!

記事をシェアする

関連する記事