ホーチミンとダナン、住むならどっち?

記事をシェアする

ベトナムの各都市で雰囲気が全く違いますが、「住む」のならどこがいいんでしょうか。
グルメ・物価・清潔さ・エキサイティング度の4つの観点から、ホーチミンとダナン住むならどちらがいいか比べてみました!
ベトナム移住の参考になれば幸いです。


 

美しいビーチやフエやホイアンなどの世界遺産にも近い中部の都市、ダナン。
外国企業が多く進出しているベトナム最大の商業都市、ホーチミン。
「住む」としたらあなたはどちらを選びますか?
ホーチミン1区在住の筆者が個人的に重要だと思う4つの観点から、この2つの都市を比較してみました。

 

食欲には勝てません「グルメ」

人間の三大欲求の1つ、食欲。どうせなら美味しいものがあるところに住みたい。

ホーチミンとダナンなら、どちらのほうが美味しいものがたくさんあるんだろうか・・・

s_008s

結論から言うと、これはホーチミンの圧勝!

なんといってもレストランの数が違いますし、食のバリエーションも豊富で、クオリティも高め。さすがは多くの外国企業が集まる商業都市。新しいグルメもどんどん入ってきます。

シーフードが美味しいダナンですが、ずっと同じものを食べるわけにもいきませんからね。これは文句なしにホーチミンでしょう。

 

現実的に大切な「物価」

基本何でも安いベトナムだけど、さらに安いに越したことはない!

地理的距離はそんなにないダナンとホーチミンでも若干の物価の差がありました。

images

例えば、朝の定番バインミー。ホーチミンでは10,000~12,000ドンくらいが多いかなという印象。一方、ダナンは「10,000ドンすることなんてほぼない!」らしいです。
聞いてみれば、家賃などもダナンのほうが少しずつ安い様子。うらやましい。
塵も積もれば山となる、物価面ではダナンの勝利です!

 

生活するなら大事な「清潔さ」

空気や街の清潔さは、最初は気にならなくても長く住むことを考えるなら重要ポイント。

そもそも、バイクが多く空気が汚いイメージのベトナム。ホーチミンはまさにイメージそのままです。朝の通勤ラッシュの様子がこちら。

photo 3

ベトナム全体そんな感じだろうと思っていましたが、ダナンにいって驚きました。
バイク渋滞がない! 落ちてるゴミ少ない! 空気、めっちゃキレイ!
なんでも、市長がダナンを観光都市としてアピールしていこうという方針で、街の清掃に力をいれているらしいのです。いたるところで清掃員の方がゴミ収集をしていました。
また、人口もホーチミンより少ないので交通渋滞も少ないんだと思われます。

 

清潔さの観点でもダナンの圧勝。ホーチミン、劣勢です。

 

毎日楽しめる?「エキサイティング度」

住んでみたら街に慣れてくる(飽きてくる)のは当たり前ですが、アフター5や週末を楽しめるかってとても大切。ホーチミンとダナンでは何ができるかというと、

 

ホーチミン:ダナンに比べてショッピングモールが充実。おしゃれなバーやクラブもあり、いろいろなイベントが開催されていたりもします。バスで行ける範囲だと遊園地や大きなプールもあるし、日帰りツアーに参加しても楽しい。

ダナン:なんといっても美しいビーチ!川にかかる3本の橋と観覧車の夜景も美しいです。また車で30分くらい行けばホイアン、バスで2時間のところにフエと2つの世界遺産へも好アクセス。仕事帰りに車でホイアンデートなんかもできるらしい、うらやましいです。

photo 2

うーん、これは好みの問題かなあ。ホーチミンは若者向けのスポットが、ダナンは癒される場所が多いですね。どっちがいいとも言い切れないので・・・引き分け!

 

 

結果ホーチミン1勝、ダナン2勝、1引き分けということで「住むならダナン」という結論になりました!ホーチミンにはぜひ、清潔さの点で頑張ってほしいですね。
(今回の結果は、あくまで個人的な観点によるものです)

okawa

ICONIC

都内の大学4年生。就活が終わり、卒業旅行も兼ねてホーチミンでインターン中!人事部採用担当として働いている。高校生のときにチェコ共和国に留学。大学生になってからはより多くの若者に海外に踏み出してほしいという想いからイベントの企画などを行う。趣味はダイビング、茶道、読書、カフェめぐりなど。

記事をシェアする

関連する記事