ベトナム建国記念日に味わう花火で感じる日本の懐かしさ

記事をシェアする

2014年9月2日火曜日の夜9時、僕はホーチミンのドンコイ通りにあるカフェにいました。

オレンジ色の薄暗い照明によって作り出された空気と、落ち着きのある音楽がどこからか流れる中、様々な国籍の方がゆっくりとした時間を過ごしています。

 

こんにちは! ガクです!

この日はベトナムの建国記念日。

会社も休みで、休日をゆっくりと過ごしていました。

 

そして夜9時頃、パソコンをカチカチいじっていたら、

 

ドン!

ドン!

ドン!

 

最初は何の音かと思いましたが、 すぐに気づきました。

懐かしい音。

そう、花火です。

 

僕も一気にテンションが急上昇して、外に見に行ってみると・・・

file_2fg3

半端じゃない量の人とバイクです。

さすがに花火となると交通規制をかける必要がありますね。

ただ花火始まった途端に規制になって、ちょっと急過ぎない?とは思いましたが。

事前の広報等はあったのでしょうか。

ちょっと打ち上げられている方向に歩いていくと、、、

file_22

めっちゃきれいーーー!!!

日本を思い出しました。

まさかベトナムはホーチミンで花火が見れるとは!

しかも意外と長い!

20~30分くらいはやっていたでしょうか。

十分に楽しめました!

file_24

 

MAG

所有物はロープライススマホ

ICONIC

2015年からホーチミンへ来ました。 アイコニックへの転職、移住、そして結婚(日本人妻です)、と3つの転機が同時に押し寄せましたが、いまはそれなりにハッピーに生きています。笑 最近、iPhoneをタクシー内に置き忘れ、妻に怒られ、画質の悪いロープライススマートフォンに切り替えました。 よって、写真がイマイチだとしても、それは僕の「腕が悪い」のではなく、単なるハード側の問題だ、とご容赦くださいませ。 宜しくお願い致します。

記事をシェアする

関連する記事