ベトナムの高級チョコレート「Maison Marou(メゾン・マルゥ)」の歴史

今回は世界で大人気のベトナム土産、マルゥチョコレートについて紹介します。

 

たった2人で立ち上げたマルゥの歴史

Maison Marou(メゾン・マルゥ)は、2人のフランスのビジネスパーソンによって設立されました。
ベトナムの農場でカカオを採取し、ホーチミンにある施設で手作りされたメゾンマルゥのチョコレートは、発売されてからたった5年で「本場のフランス味」とも言われるまでになりました。

この2人の以前の仕事は、クリエイター、そして銀行員です。そして、チョコレートへの強い情熱を持っています。
ワイン愛好家と同様に、高級チョコレートが好きな人も、土壌・気候・環境の微妙な違いから変化する、チョコレートの味わいにこだわりを持っています。

そこに着目した彼らは、「Marou Faiseurs de Chocolat」という単一起源のチョコレート(一つの地域で採取した材料から作られたチョコレート)を作りました。

marou-11
写真引用: http://thoidai.com.vn/van-hoa-du-lich/van-hoa/marou-thuong-hieu-chocolate-viet-noi-tieng-the-gioi_t114c13n1683

「私はこのチョコレートの“大地の味”が大好きだ」と、マンハッタンにあるダニエルという伝説的レストランのシェフ、ガヤ・オリビエリさんは言いました。
「私はカカオが吸収した全てを味わいたい。土・水・日光などがこのチョコレートにはあるんです」とも言っています。

 

Maison Marou成功への道

マルゥを立ち上げた2人はまず、Bà Rịa – Vũng Tàu(バーリア・ブンタウ)、その後、Tiền Giang(ティエンザン)、Bến Tre(ベンチェ)、 Đồng Nai(ドンナイ)と、ベトナムの農村を巡りました。カカオのサンプルを買って、彼らの自宅でテストするためです。その時、2人は地域によってカカオの味と香りが違うことを発見しました。

marou-21
写真引用: http://baodaklak.vn/channel/3483/201311/trien-vong-phat-trien-cay-ca-cao-2277162/

「テストは、自分たちの手持ちのオーブンとミキサーを使って行いました。でも、すぐに壊れてしまいました」と、設立者のマルゥさんは思い出して笑いました。

次のテストではレンズ豆を挽く機材を使おうと考えました。その機材を買うためにシンガポールへ。「私たちの初めてのビジネスフライトでした」とマルゥさんは語っています。

最初の製品を生産した後、彼らは国際会議や国内展覧会などでチョコレートを紹介し始めました。そして、2011年末、Marou Faiseurs de Chocolatと名付けられたシングルオリジンチョコレートの専門店が生まれました。

 

世界的な評価を受けて、一大ブランドへ

marou-31
写真引用: http://www.phunutieudung.vn/kham-pha-hoat-dong-cua-xuong-san-xuat-chocolate-thu-nho-giua-long-sai-gon-22791.pntd

今、マルゥチョコレートは6つの地域の素材で作られていて、地域名毎に6種類のチョコレートがあります。Đắk Lắk(ダックラック)、Lâm Đồng(ランドン)、Bà Rịa – Vũng Tàu(バーリア・ブンタウ)、Tiền Giang(ティエンザン)、Đồng Nai(ドンナイ)、Bến Tre(ベンチェ)です。

それぞれのカカオの風味を保持するために、下処理の段階から高い技術のプロセスがあります。特にマルゥティエンザンのカカオ80%のチョコレートは、口に入れるとすぐに強い苦味を感じられるので、最も印象的なチョコレートと言われています。また、マルゥバーリアのカカオ76%のチョコレートは、甘みもあり、口に含むほどに味が濃くなります。

2012年にフランスでアワードを受賞した後、マルゥチョコレートは、ロンドンのチョコレート協会で3アワード(金・銀・銅)を一気に受賞しました。2013年にパリで行われた世界で一番大きなチョコレートフェア(Salon du Chocolat 2013)では、4日間で400Kgものチョコレートが販売されました。この出来事により、マルゥチョコレートは世界的に人気のブランドになっていきました。

 

美しいパッケージデザインが目を引く

マルゥチョコレートのバッケージは、ホーチミンのクリエイターRice Creativeによって作られています。
カカオの原産地によって、色とデザインが異なります。使用されている紙は、チョロン(ホーチミン市の中華街)にいる職人が作った手作りを思わせる紙です。カカオ・花・動物・芸術作品などの柄が伝統的な金箔のような印刷で作られていて、ロマンチックな近代のベトナムを思わせます。

marou-5-21
写真引用: http://marouchocolate.com/

「良い製品があっても、売れなかったら、あなたには何もない」と、Brady Brelinskiさんは言っています。Brady Brelinskiさんとは、マンハッタンのチョコレート協会の創設メンバーで、Flavors of CACAOというウェブサイトを作っている人です。

良い製品がたくさんある市場の中では、お客様に印象を残すために、目を引くということはとても大切です。

 

様々な可能性を秘めたマルゥチョコレート

現在、マルゥチョコレートをよく購入しているのは、ベトナムのホテル業者と外国人観光客などです。
それ以外の市場はヨーロッパで、特にフランス・スウェーデン・イギリスです。その他にも、アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・タイ・日本などでも販売しています。

マルゥチョコレートは、100%ベトナム材料で作られているということが、興味を持ってもらえる理由です。

marou-61
写真引用: http://www.phunutieudung.vn/kham-pha-hoat-dong-cua-xuong-san-xuat-chocolate-thu-nho-giua-long-sai-gon-22791.pntd

「いい時期に採取して、下処理もしっかりできたら、ベトナムのカカオの品質は人気の南米やマダガスカルのカカオにも負けない」と、マルゥチョコレートを生み出した1人であるサミュエルさんは言いました。

世界的に人気になり、マルゥチョコレートは有名百貨店やスーパーマーケットにも登場しました。イギリスのハーヴェイ・ニコルス(Harvey Nichols)や、アメリカのホールフード(Whole Foods)などがそうです。

ベトナムでは「SunFlower」や「FamilyMart」などのスーパーマーケットやコンビニエンスストアでも買えます。
また、ホーチミン市ではThủ Đức(トゥードゥック)区のチョコレート工場の他に、チョコレートが食べられるお店もあります。作ったばかり新鮮なチョコレートを食べられて、チョコレート作りも楽しめます。飲み物もとても美味しいです。

もし、ベトナムに来る機会があれば、ぜひお店にも行ってみてください。

marou-71
写真引用: http://www.phunutieudung.vn/kham-pha-hoat-dong-cua-xuong-san-xuat-chocolate-thu-nho-giua-long-sai-gon-22791.pntd


Maison Marou Saigon(メゾン マルゥ サイゴン)
住所:167-169, Calmette, Phường Nguyễn Thái Bình, Quận 1, Hồ Chí Minh
営業時間:月~日曜 9時00分~22時00分
電話番号:028 7300 5010
Webサイト:http://www.maisonmarou.com/

 
これでもう、ベトナムのお土産選びに悩むことはありませんね。
チョコレートに興味があれば、ぜひマルゥチョコレートのお店に立ち寄って、色々な味を楽しんでくださいね。

1日1笑!

1日1笑!

ICONIC

ベトナム人で、ICONICのマーケティング部門で仕事をしています。日本人の皆さんにベトナムでの生活などを紹介したいと思っています。 幸せなのは自分の生活を楽しむことなので、1日1笑、楽しく働きましょう(笑)

記事をシェアする

関連する記事