無料でインドネシア語が学べるチャンス!ジャカルタの渋滞を賢く活用しよう

どーも初めまして!特技は猿とのコミュニケーション、ジャカルタ在住歴1週間の中森と申します。

ジャカルタに来て1週間が経ち、そろそろ生活にも慣れてきた今日この頃。
日々生活していく中でひとつだけ、ストレスを感じることがあります。
そうです。お察しの良い方なら、もうお分かりですね。

渋滞 です。

しかし、渋滞の中でも意外な方法でその時間を楽しむことができます。
気になる方は、ぜひこのまま読み進めてみてください!

 

インドネシアの首都ジャカルタの深刻な渋滞事情

ジャカルタでは歩道の整備が進んでおらず、どこへ行くのもタクシーやバイクでの移動が基本です。それによって引き起こされる渋滞の深刻さは、世界でもトップレベル。

世界的な渋滞量調査を行う「Tom Tom Traffic Index」によるとジャカルタの渋滞の酷さはメキシコ、バンコクに続いて世界で第3位!普段生活をする中での渋滞は、正直めちゃめちゃ不便です。

もちろんジャカルタ政府も、渋滞に対するさまざまな対策を行っています。たとえば、現在注目されている2019年完成予定のインドネシア初となる地下鉄、MRT(ジャカルタ都市高速鉄道)も渋滞解消を目指して作られています。

 

ジャカルタのバイクタクシーを楽しむ秘訣は…?

しかし、対策をしているとはいえ、すぐに渋滞が解消する訳ではありません。それならば、「いっそのこと渋滞の時間を楽しんでしまおう!」というのが、ジャカルタ歴1週間の僕が導いた答えです。

考えてみてください。バイクタクシーに乗っていて渋滞に引っかかってしまった時。その間、あなたは1人ですか?違いますよね。インドネシア人のドライバーさんと一緒なんですよ!(当たり前)

勘の良い方ならもうお分かりですね。そう、バイクタクシーは「移動式無料語学学習教室」であるということに。運転手さんとのコミュニケーションで、インドネシア語を習得しましょう!

 

インドネシア語の先生(ドライバー)を呼ぼう

それでは語学学習教室のスタートです。まずはタクシーを呼ぶところから、インドネシア語の学習は始まります。タクシーを呼べる配車アプリはインドネシアに数多くありますが、その中でも人気なのはGO-JEKGrabの2つのアプリです。これでサクッとタクシーを呼べちゃうなんて便利!

自分を乗せてくれるタクシーが決まると、おおよその位置はアプリ上のマップに表示されます。ただし、具体的にどの建物の前で待っているのか…というような詳細は、ドライバーさんとのメッセージや電話で確認をする必要があります。

 

インドネシア語で居場所を確認

さっそくドライバーさんからメッセージが届きました。

チャット画面

送られてきたインドネシア語は「posisi dmn y」。

posisi」は英語でposition。場所という意味ですね。「dmn」は、di(=in)mana(=Where)の省略形なので、何処という事になります。「y」は日本語で言う~ですか?というような疑問形の単語になります。

よって彼は「場所は何処ですか?」と聞いている訳です。

 
続いて、「sy di depan city walk yg mau play oper」。
sy(=I) di(=in) depan(=in front of) city walk(※固有名詞/モールの名前)、「yg」は、yang(=関係代名詞「Which」的な語句)の省略形。
play oper」は、 正しくは「flyover」ですね。高架道路の意です。発音が「play oper」に似ているので、ドライバーさんが間違えたのかもしれません。

要約すると、「高架道路下のcity walkの前あたりにいる」といったところ。

 
以上のように、ドライバーとのメッセージのやりとりは毎回似たような単語が多いので、覚えてしまえばとても便利です!タクシーに乗るたびに、僕は簡単なインドネシア語の単語で運転手に話しかけています。もちろん笑顔でしゃべり返してくれます(今はまだほぼ聞き取れていませんが!笑)

 

渋滞=インドネシア人と話すチャンス!

渋滞でイライラするより、運転手さん(先生)とコミュニケーションをとっている方が、100倍楽しい。その上インドネシア語をタダで学べるなんて、最高じゃないですか。
仲良くなったら記念に写真でも撮りましょう。

ドライバーとの写真

パシャリ。

もちろん車のタクシーもありますが、僕はバイクタクシーを愛用中です。ドライバーさんと結構喋れますよ。
ジャカルタにいらした時は、皆様もぜひ「よっしゃ!渋滞や!インドネシア語喋ろ!」くらいの気持ちで、無料のインドネシア語学習にトライしてみてはいかがでしょうか?

特技はサルとのコミュニケーション

特技はサルとのコミュニケーション

ICONIC

最近インドネシアに移住した中森です。日本にいたときの友達はサルでした。残念ながらジャカルタにサルが居ないので会うことができませんが、頑張ってサル以外の友達も作っていきたいと思います(キジとイヌが次の友達候補です)。

記事をシェアする

関連する記事