ゆるゆるインドネシア語 その1

記事をシェアする

こんにちは。アイコニック・インドネシアのFukumuraです。

私自身、インドネシアへ住み始めて、約8ヶ月が過ぎようとしていますが、まだまだ色々と新しいインドネシアに出会う毎日です。

先日は弊社スタッフの友人の結婚式に参加してきまして、インドネシアの伝統文化に触れて きました。インドネシアの結婚式は、色々なスタイルがありますが、先日の結婚式は家で開催されるもので、誰でも(友人の友人とかでも)参加でき、また料理 もビュッフェ形式で無料でいただけるタイプのものでした。

来る時間も帰る時間もその人次第でOKで、非常にカジュアルなスタイルでした。

通常の流れは、まずは主役のお二人とご家族へ挨拶をして、皆で写真を撮ります。

そのあとビュッフェでご飯を食べて、最後にまた挨拶をして帰ります。だいたい1時間~2時間ぐらいで皆さん思いおもいの時間に来て帰っていきます。

インドネシア料理はとてもおいしかったです!ぜひ一度は経験してみてください。

++

さて、そんなインドネシアですが、公用語はインドネシア語です。

インドネシアには多くの島があり、実は地域毎にかなり多くの独自の言語が発達している国ですが、現在は公用語としてインドネシア語が用いられています。

インドネシア語は、よく世界で一番簡単な言葉と言われることがある言語です。

街中やタクシーでは英語が通じないことも多い国ですので、インドネシアにいらっしゃるときは是非インドネシア語を身につけたいですね!

インドネシア語の教材は本屋やインターネットでも結構見つけることができます。

体系だって文法を学ぶことも必要であり、基本の単語を一つひとつ覚えていくこともとても重要です。

そういった基本事項は他の本やWebサイトにお任せをして・・・ここでは弊社インドネシア人スタッフに聞いた、使える(使えないかもしれない)若者言葉をフューチャーしていこうと思います!

インドネシアの方とお話しするとき、使ってみると・・・

インドネシア語上級者と見られてめっちゃ話をされる

やたら褒められるor大爆笑される (※体験談)

のどちらかだと思います!思い切って使ってみましょう!

▼Oh begitu! / Oh gitu!  (オゥ ブギトゥ/ オゥ ギトゥ)

「なるほどね~!」

→ これは使いやすいです。バンバン使いましょう。

▼Serius? (セリウス)

「マジ?」

→ 若者言葉ですね。「本当かよ」って意味です。

▼Menurut lo!?  (ムヌルッ(ト) ロー)

「もう知ってるでしょ?分かってるでしょ?」

→ 言うまでもないでしょ?というニュアンスの意味だそうです。

▼Sakitnya tuh di sini (サキッ(ト)ニャ トゥ ディ シニ)

「心が痛い・・・(涙)」

→ 直訳すると「痛いのはここ」であり、自分の胸を指しながら言います。

  好きな人にメールをしても返事が全然来ないときに使いましょう。

ちなみにインドネシアでは、ゲイの方々が生み出している言葉もあるようで、若者の間では普通に使われるようになっている言葉もあるみたいです。

ちなみに美容室で働いているゲイの方々が使うらしく、若者にも広がりやすいとか・・・以下その例です。

▼Rempong (レンポン)

「複雑」

→ Simpleの反対の意味です。ごちゃごちゃしていることを表すそうです。

▼Mehong  (メホン)

「(値段が)高い」

→ 普通はMahal(マハル)というインドネシア語を使いますが、これもありだそうです。

▼Black Berong  (ブラック ベロン)

「ブラックベリー(携帯の機種)」

→ インドネシアではブラックベリーが人気ですが、普通にBlack Berryと呼ばれることも

  あれば、ブラックベロンと呼ぶ人もいるとか・・・。

さて、いくつかピックアップしてみましたが・・・全然使えないですね(笑)。

まぁインドネシアでも新しい言葉は若者とゲイの方々が生み出しており、やっぱり日本と変わらないですね、ということを認識していただけたかと思います。

次回はもう少し使える言葉をチョイスしたいと思います!それでは。

記事をシェアする

関連する記事