インドネシアで猫は神の使い!?インドネシアのペット事情

みなさんこんにちは!!
前回、雨が降りすぎて困るとお伝えしましたが!最近全く雨が降りません。。。笑
なんて変な天気なんでしょう。。。

さて、本日はインドネシアでのペット事情について詳しくお話していきたいと思います。
愛犬`・愛猫を連れてきたいと言う方もいらっしゃるでしょうし、もし病気になった時どうしたらいいのか心配ですよね。

動物病院についてもお話していきたいと思いますのでどうぞ最後までお付き合い下さい。

 

■イスラム教は犬はダメ・・・??

あまり知られていませんが実は、イスラム教で犬は不浄の生き物とされています。
豚を食べないのはみなさんご存じだと思いますが、犬も豚と同じように衛生的な理由から禁じられています。もちろん食すのも×。(インドネシアでは犬肉が食べれる地域もあります)

犬に触ったらお風呂に入らなければならないなど決まりがあり、街中では野良犬と遭遇する事がほとんどありません。(バリなどイスラム教徒が少ない地域はいます)

その反面、猫はすごく可愛いがられています。
預言者ムハンマドが可愛がってたという事もあり、神の使いと言われているため礼拝所、食堂などに侵入してきてもおとがめなし。
逆に猫に悪い事するとバチが当たる・地獄に落ちるとも言われているそうです。

日本では残念ながらたまに道路で猫ちゃんの死骸を見かけますが、インドネシアではほとんど見かけません。
インドネシアへ来た当初、「なんで道路に猫の死骸が全くないのだろう・・・」と不思議に思っていたのですが、ひいてしまったドライバーさんががちゃんと供養しているようです。
仕事に遅れても供養する事を優先している方が多いそうな。

ちなみに私は猫アレルギーですが、今10匹のちゃんと共存中です。。。笑
毎日が戦いっ!!

 

■ペットは連れてこれる・・・??

ペットは日本からインドネシアへ連れて行く事は可能です。
しかし、まずはインドネシア農業省動物局長からの「動物輸入許可証」が必要となってきます。

そして、狂犬病予防接種証明書・血清検査証明書・健康診断書・理由書(全て英文)、、、などなど手続きが少々複雑で、現在はマイクロチップの埋め込みが必須となっています。

輸入許可には2~3週間ほど必要で、インドネシアについて少しわかる私からすれば大変そうだな。。。と感じます。

インドネシア現地の輸入許可など代行してくれる業者さんがいるようですが、費用は約8万円~とそこそこなお値段。プラス飛行機代etc…

私個人的な意見ですが、日本からペットを連れてくる事はあまりおすすめしません。

と言うのも、インドネシアに無事到着しても2週間の検疫隔離は必須ですしインドネシアは雨季があるので動物の感染症も数多く発生します。
ちなみに私の猫ちゃんも毎年雨季に命を落としています。

それに、信じがたいお話ですが毒を盛られるという話もよく聞きます。
先述した通り犬は不浄とされているので近所の人が毒を盛ったとか、猫が車をよごすなどが嫌で毒を盛るという話も。。。

慣れない環境なのでペット達もかなりのストレスで、高額な出費にもなるのでもし日本で面倒見てくれる方がいるなら一時的に預けた方がいいと私は思います。
それに、インドネシアの医療関係は日本より劣ってしまうので。。。

 

■ペットショップ

ワンちゃん猫ちゃんを見に行く時は、みなさんペットショップに行かれると思いますがインドネシアは動物の市場があるのです。
猫、鳥、金魚などなど。

かごに入ってない鳩の違いはなんなのか。。。笑

カラフルひよこは子どもに人気。

インドネシアでペットショップと言えば、動物診療所の事を指します。
↓↓画像のように、エサやトイレの砂なども売っています。

もし、大きな手術が必要なら大学付属の動物病院で受ける事もできます。
ちなみに私が住んでいるジョグジャカルタでは、抜歯を出来る獣医が少なく私も何度か大学病院まで足を運んだことがあります。

24時間やっている動物病院もありますので、ペットと暮らす予定の方は近隣の動物病院を事前に調べておいた方がいいでしょう。

 

■治療費など費用(猫ちゃん)

気になる治療費ですが、日本に比べるとはるかに安いです!!
なので10匹も飼える。笑

・診察料 30,000ルピア(約250円)
・ワクチン(年に1回) 190,000ルピア(約1,600円)
・去勢手術 250,000ルピア(約2,100円)
・避妊手術 350,000ルピア(約3,000円)
・ドライフード7kg 300,000ルピア(約2,500円)

お薬はその病気によりますが、1週間分で大体10,000ルピア(約80円)~50,000ルピア(約420円)位です。

日本でペットを飼われてる方からしたら衝撃的な金額かと思います。
日本での去勢・避妊手術は平均で15,000円~30,000円と言われていますからね。。。

ちなみに、うちの猫ちゃんがFIP(猫伝染症腹膜炎)という病気にかかってしまいました。
少し前までは致死率ほぼ100%と言われていた恐ろしい病気だったのですが、現在では薬が開発され治る可能性もあるようです。

治る可能性があるのなら、、、と思い薬投与開始しましたが1日320,000ルピア(約2,700円)の注射を毎日87日間必要なのです。

合計すると約28,000,000ルピア、なんと23万円もするのです!!!

しかし、調べると日本は100万円以上。。。
なんか安く感じてしまいました。笑

高額な費用ですが、薬があるのに治療しないのも後悔するだろうと思い私は治療する事にしました。

みなさんも悔いなき選択を!!

 

■まとめ

私はペットを飼った事がなく、人生初めて猫ちゃんをインドネシアで飼い始めました。
そしたら、猫アレルギーなんて忘れるくらい可愛くて私の生活を一変してくれました。

単身インドネシアに渡り、来た当初は友達も家族も誰もいない中、唯一の支えとなってくれて、ペットを飼っている人が「家族」と言っていた事がよーーーく理解出来ました。

インドネシア生活を少しでも楽しくなるように、現地で猫ちゃんを飼うのも一つの手だと思います。私はそれでだいぶ救われましたので。

画像猫ちゃんは、先住猫の「灯油と軽油」です。笑


それでは、素敵なインドネシアライフになるよう一緒に頑張りましょう!!
応援しています!!

最後までありがとうございました!!

 

★maki green★

 

猫アレルギーなのに猫11匹と共存中。。。

猫アレルギーなのに猫11匹と共存中。。。

maki green

「与えられた環境を楽しむ」をモットーに生きてたら、インドネシアに辿り着きました(笑) 猫アレルギーなのに猫11匹と共存してたり、甘いの嫌いなのにクレープ屋を経営してたりちょっと変わってるんだと思います。。。 楽しむことを常に探しているため、どこかにいけば何か面白いことが起こります。 そんな、面白いエピソードを交えてインドネシアの魅力をお伝えしたいと思います!

記事をシェアする

関連する記事