マレーシアの日本大使館はどこにある?どのような時に利用したらいいの?

こんにちは!マレーシア在住のライター Yuuuuです。
マレーシアでの生活・お役立ち情報を発信中!今回のテーマは「マレーシアにある日本大使館について」です。

大使館の画像

「マレーシアの日本大使館はどこにあるの?」
「どんな時に日本大使館を利用したらいいの?」
と感じることはありませんか?

この記事では、いざという時に役立つ「日本大使館」の情報をまとめています!

参考にしてくださいね。

在マレーシア 日本大使館(在ペナン日本国総領事館、在コタキナバル領事事務所)の紹介

まずは場所や開館時間などの基本的な情報を見ていきましょう。

在マレーシア 日本大使館
英語名:Embassy of Japan in Malaysia
住所:11, Persiaran Stonor, Kuala Lumpur, 50450 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, Malaysia
開館時間
・大使館:月曜日~金曜日 8:30~12:30/13::0~17:15
・領事部、広報文化センター窓口:月曜日~金曜日 8:30~12:00/14:00~16:00
※開館時間、閉館日の最新情報は変更となることがあります。確認はこちら
電話番号
・代表:+603-2177-2600
・領事部:+603-2177-2751
・広報文化部:+603-2177-2741 (プレス取材・教育・文化事業等に関するお問い合わせ)
・経済部・日本企業支援窓口:+603-2177-2719
・政務部:政治外交に関するお問い合わせ:+603-2177-2718

在ペナン日本国総領事館
(当館管轄:ペナン州、ペラ州、ケダ州、ペルリス州、クランタン州及びトレンガヌ州)
英語名:Consulate-General of Japan in Penang
住所:Level 28, Menara BHL, No. 51, Jalan Sultan Ahmad Shah, 10050 Penang, Malaysia
開館時間
・領事窓口受付:月曜日~金曜日 8:30〜12:00
・広報文化、資料閲覧室:月曜日〜金曜日 8:30〜12:00/14:00〜16:00
※開館時間、閉館日の最新情報は変更となることがあります。確認はこちら
電話番号:+60-42-263030

在コタキナバル領事事務所
(管轄地域 : サバ州、サラワク州及びラブアン連邦直轄区)
英語名:Consular Office of Japan at Kota Kinabalu, Malaysia
住所:No. 18, Jalan Aru, Tanjung Aru, 88100 Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia
開館時間
・事務所:月曜日~金曜日 8:30〜12:30/13:30〜16:30
・査証及び領事窓口業務 :月曜日~金曜日 8:30 〜12:00/13:30〜16:00
※開館時間、閉館日の最新情報は変更となることがあります。確認はこちら
電話番号:+60-88-254169

どのような時に利用したらいいの?

大使館の画像

◆パスポートを発行したいとき
新規作成、切り替えのための手続き用紙が備え付けてあります。
必要書類と現地通貨であるマレーシアリンギットで手数料を準備しておけば申請から受け取りまで大使館で行うことができます。
※くわしくはこちら※(マレーシアでパスポートを作成・更新したい!必要書類や手数料は?、https://iconicjob.jp/blog/malaysia/renew-passport/

◆証明書が欲しいとき
勤務先の企業や出産時など様々な場面で「証明書」が必要になります。大使館では下記の証明書の発行が可能です。
発行には手数料が必要になる場合があるので、こちらから確認してください。
・身分事項に関する証明
・印章の証明
・在留証明
・署名証明
・翻訳証明
・警察証明

◆戸籍情報に変更があるとき
国籍の変更や、マレーシアで出産、死亡した場合の手続きを行うことができます。
必要になる書類や書き方などは大使館内にあり、わからない場合は担当職員が教えてくれます、

◆選挙の際に投票したいとき
海外に3ヶ月以上在住している場合、「在外選挙」という形で国政選挙の際に投票することができます。

◆在留届を提出するとき
海外に滞在する場合、トラブルなどの際に滞在先や緊急連絡先が必要となるため、「在留届」を提出する必要があります。

◆何かのトラブルに遭ったたとき
持っているものを紛失した、盗難に遭ったとき、現地警察への届け出方法などの助言を受けることができます。
また、パシポートを盗難などにより紛失した場合、再発給又は旅券に代わる「帰国のための渡航書」の発給を行うことができます。
(失くしたものの捜索や現地警察への手続きの代行はできません。)
また、事件や事故に遭ったとき、医療機関の情報提供や家族との連絡を取り次ぐなどのサポートを受けることができます。

◆入国や滞在中に知っておくべき情報が知りたいとき
日本大使館のホームページでは日本人がマレーシアに入国や滞在する場合に知っておくべき情報(法律や制度、注意すべき情報など)を随時発信しています。


外国に住んでいると、意外と日本大使館を利用することが多いことに驚きます。
私はこれまで、自分のパスポートの切り替えや子供の出産関係の手続き、証明書の発行、就労ビザの手続きなど何度もお世話になっています。
利用する際に注意したいのは、注意開館曜日と時間が決まっていて、かつタイミングによってはかなり待つこと。
すぐには用意できない書類の不備などがあると別の日に再度来なくてはいけなくなります。
「不安だな」と感じる人は大使館へ行く前に、電話で用件についての質問や必要書類の確認を行うといいですよ。

ここまでマレーシアにある日本大使館についてお話ししてきました。この記事が役立つと幸いです。

 
 


 

マレーシア勤務の求人をお探しの方へ

iconicJobでは、「マレーシアで働きたい」「グローバルに活躍したい」方のために転職支援サービスを提供しています。
興味をお持ちの方は、以下の申し込みフォームよりお気軽にご連絡ください。ご利用は全て無料です。

転職支援サービスに登録(無料)

 

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

ICONIC

マレーシア・クアラルンプールとタイ・バンコクを行き来するノマドワーカー。出産を機にフリーランスに転身。息子(1歳)の子育てに奮闘中!

記事をシェアする

関連する記事