マレーシアの治安は?注意すべき犯罪と対策まとめ

こんにちは!マレーシア在住のライター Yuuuuです。
マレーシアでの生活・お役立ち情報を発信中!今回のテーマは「マレーシアの治安、注意すべき犯罪&対策」です。

治安 危険の画像

マレーシアといえば、移住したい国No.1!海外転職先におすすめ!といったテーマで、日本のテレビ番組で見かけることが多くなりましたね。街が清潔で治安が良いと言われているマレーシアですが、
「本当に安全なの?」
「気をつけた方がいいことは?」

など、実際に行くとなると気になる事もたくさんありますよね。
そこで今回は、実際住んでいる筆者の視点で治安・注意点・安全対策をご紹介します!

 

マレーシアの治安はいいの?

物価が安くLCCによって気軽に行けることもあり、日本からの旅行客が増加しているマレーシア。温暖な気候ということもあり、日本人の移住先としても注目が高まっています。実際、旅行・居住する上で治安はどうなのでしょうか。

マレーシアは比較的安全な国と言われています。その理由は、
・政府が観光客誘致増進のため、治安の改善などを行なっている
・マレー系や華人系、インド系など多民族国家のため、外国人が訪れやすい
などが挙げられます。

このように治安は良い印象がある一方で、所得の格差による貧富の差があることから、軽犯罪としてスリや窃盗、強盗などの犯罪が多発しています。観光客や女性を狙った犯罪も多いので、十分注意して行動しましょう。

 

知っておきたい!マレーシアではどんな犯罪が多い?

治安が良いとされているマレーシアでは、どんな犯罪に気をつけるべきなのでしょうか。外国人観光客に起きる可能性が高い犯罪を確認しておきましょう。

スリ・ひったくり

スリ・ひったくりは、クアラルンプールのような大きな都市の混雑している場所で起こります。スマホを操作しながら歩いている歩行者や、肩がけのカバンを持っている人がよく狙われており、後ろからバイクで近づき、すれ違いや追い抜きざまに所持物を奪い取るという手口が一般的です。

声をかけられ油断していた隙に、他の人に所持品を取られたといったことも発生しており、集団で犯行に及ぶケースが多いのが特徴です。エレベーター・電車・空港などで、ターゲットを囲って所持品を持ち去るといったことも起きています。親切な人を装って席を譲流ように見せかけて、犯罪グループで取り囲むといった手口も起きています。
犯罪のターゲットになるのは、財布やスマホ・カメラなどの電化製品の所持者です。貴重品の管理には気をつけましょう。

《対策》
・肩がけカバンではなく、斜めがけバックやリュックにする
・カバンを道路側に持たない
・貴重品、電化製品はチャックポケット内かカバンの奥にしまう
・声をかけられても簡単に反応しない

置き引き

置き引きは空港、ホテル、レストラン、電車内など荷物を自分のそばに置いている時に発生しやすい犯罪です。荷物が多い時やスマホの操作、トイレなどで目を離した隙に狙われる可能性が高くなります。

《対策》
・膝の上に置くなどして荷物から目を離さない
・リュックやショルダーバックのように肌身から離さないタイプのカバンにする
・声をかけられても簡単に反応しない

タクシー

あまり使わない方がいいタクシーは、メーターを使わない・交渉制が多い「流しのタクシー」です。流しのタクシーの場合、メーターを使いたがらず通常の何倍もの料金を提示される、最悪の場合は傷害事件に巻き込まれることもあります。
言語が通じにくい、マナーがよくないということもあるので、出来るだけホテルに呼んでもらう、メーターが利用できるか確認する、タクシー配車アプリの「Grab」を使うようにしましょう。「Grab」を使えば、配車から目的地の設定、支払いまで全てアプリでできて便利です。目的地の設定と料金確認が事前にできる点が安心できますね。できれば旅行前にダウンロードして設定しておきましょう。

《対策》
・メーターを使わない、交渉制のタクシーはなるべく使わない
・ホテルに呼んでもらう、タクシー配車アプリの「Grab」を使用する
・声をかけられても簡単に反応しない

 

自分の身は自分で守ろう!やっておくと良いことは?

楽しいマレーシア旅行・生活を過ごすためにも、犯罪に巻き込まれるきっかけを作らないことが重要です。身を守るために、自分で気をつけるべき事をまとめましたので、参考にしてくださいね。

人通りの少ないところ・夜間の外出を避ける
必要がないのであれば、人気の少ないところに行ったり、夜に出歩くのは控えましょう。万が一犯罪にあったとしても助けを呼べない、暗いため周りの人が気付きにくくなります。軽犯罪が多いマレーシアでは、地元に住むマレーシア人も被害に遭うぐらいなので、夜に道を歩くことは少ないです。
どうしてもという場合は、人気の多い場所以外は出来るだけタクシーを利用すれば、犯罪に遭う可能性を減らすことができます。

旅行者らしい服装・露出の高い服装は避ける
犯罪のターゲットになりやすいのは、観光客です。観光客らしい格好や派手な格好をすると、目立ってしまいターゲットになりやすくなってしまいます。出来るだけ目立たない、現地の人に近い服装にすることも、犯罪被害に巻き込まれないためには重要です。カバンはリュック・斜めがけがベターです。

 

万一の備えは万全に!準備しておいた方が良いこと

備えあれば憂いなし!です。万が一の場合を考えて準備しておいた方が良いことを紹介します。

パスポートのコピーを取っておく
海外で大事なものと言えば「パスポート」です。スリやひったくり、置き引きの多いマレーシアでは、いつパスポートを紛失するかわかりません。パスポートを紛失または盗難にあうと、帰国できなくなります。安全に過ごすためにもパスポートのコピーを必ず用意し、通常使うバックとは別の場所に所持しておきましょう。

海外旅行保険に入っておく
海外旅行の際は、海外旅行保険に加入しておくと安心です。旅行中のアクシデントはいつ起きるかわかりません。盗難による携行品損害や身体への危害など、犯罪に巻き込まれた場合や、病気や怪我をするなどの不測の事態が起きた場合、医療費などの金銭的な補償や日本語によるサポートを受けることができます。
保険会社やプランの種類もさまざまです。自分の旅程や行く国に合わせて加入しておくと良いですよ。

マレーシア在日本大使館HPなどで情報収集をする
事前にネットなどで情報収集してくと、犯罪に遭うリスクをおさえることができます。治安情報は情勢によって常に変化します。ですので、渡航前に現地の日本大使館のサイトを確認しましょう。どういった犯罪が起ていて、どこが危険な地域なのか、といった最新の情報が入手できます。
私はメールマガジンを登録しています。最新の情報がメールで届くので登録しておくと便利です。
こちらをチェック!マレーシア在日本大使館HP

 

まとめ

マレーシアは比較的治安がよく、旅行で訪れやすく住みやすい国です。
しかし、犯罪がゼロというわけではありません。
犯罪に遭う確率を減らすためにも、自分の身を守るための情報収集や準備をしておきましょう。

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

ICONIC

マレーシア・クアラルンプールとタイ・バンコクを行き来するノマドワーカー。出産を機にフリーランスに転身。息子(1歳)の子育てに奮闘中!

記事をシェアする

関連する記事