シンガポールのオタクイベント「ANIME MATSURI(アニメ祭り)」に行ってみた

記事をシェアする

シンガポールでも日本のアニメは大人気。そんなシンガポールで、熱狂的なアニメファンたちが集まるイベント「ANIME MATSURI(アニメ祭り)」に行ってきました!
シンガポールのオタクは、どんな人たちなのでしょうか?


「ANIME MATSURI」とは?

場所はシンガポールの秋葉原「Funan Disitalife Mall(フナン デジタライフ モール)」。

電化製品のお店がひしめくショッピングビルですが、日本のアニメショップが充実するフロアがあり、フィギュアやゲーム、アニメグッズのお店がずらりと並んでいます。

実はシンガポールには東南アジア最大規模の「アニメ・フェスティバル・アジア」をはじめとしたアニメのイベントがたくさんあるんです!
その中でもANIME MATSURIは、日本でいうとコミックマーケットに近いかもしれません。一番くじなどのオフィシャルグッズブースはもちろんですが、個人のクリエイターによるオリジナルグッズのブースも賑わいを見せています。また、カードゲームの大会も開催されていました。

IMG_1630
IMG_1638

シンガポールのコスプレイヤーたち

6日間にわたり開催されるANIME MATSURI、毎日違ったステージプログラムが組まれているんです。

プログラムの目玉はコスプレ!

日本、台湾、中国など国外から人気コスプレイヤーをゲストに招き、撮影会やサイン会が催されていました。非常に人気で長蛇の列ができていました。

IMG_1652 (1)

また、コスプレコンテストもあるため、会場にはたくさんのコスプレイヤーたちが。

どうやら人気なコンテンツは刀剣乱舞、ラブライブ、NARUTOのようです。本格的に作り込まれた暗殺教室の殺せんせーもいました。というか全体的にクオリティがすごく高い! シンガポール人は顔の系統が日本と近いので、メイクをするともう国籍がわかりません。えっ、ここ日本?

女性だけではなく男性もかなり多いです。

IMG_1635
IMG_1650

会場の外では撮影会が行われていました。人気のコスプレイヤーには列ができています。レフ板を持ち込んでいるカメラマンもいたりと、かなり気合が入っている様子。日本と同じ光景が広がっています。

IMG_1657

お化け屋敷や脱出ゲームも!

日本で人気の「脱出ゲーム」はシンガポールでも大人気。今回は暗殺教室とコラボした脱出ゲームが開催されていましたが、チケットは発売後すぐに完売したそうです。

また、お化け屋敷も盛況でした。日本のコンテンツがそのままシンガポールで受け入れられている様子がうかがえます。

 

シンガポールは日本のアニメもほとんどタイムラグなく楽しめるほか、アニメグッズの購入も簡単にできるのでオタクに優しい国です。
クオリティの高いコスプレイヤーは憧れの的となるので、我こそはという方はぜひイベントへ! 参加すると友達が一気に増えることは間違いありません!

hitomilk

好奇心の奴隷

ICONIC

お酒と居酒屋と人間が好きです。世界で一番お酒がおいしく飲める場所を探し求めて、海外の酒場を放浪しています。最貧スラム街から天空ルーフトップバーまでお酒が呼べば何処へでも。未知との遭遇とお酒の誘惑という快楽の奴隷であること以外はごく普通の女の子です。たぶん、おそらく。

記事をシェアする

関連する記事