シンガポールで店舗を増やす「メイソウ」に行ってみた

「名創優品(メイソウ)」をご存知ですか?

中国で急速に拡大している生活雑貨のお店なのですが、シンガポールでもどんどん店舗を増やしています。
今、気になるメイソウに潜入してきました。

 


「名創優品(メイソウ)」とは?

商品平均単価が約200円~2,000円の生活雑貨を取り揃えるお店です。
英字では「MINISO」と書きますが、「メイソウ」と読みます。公式サイトの会社概要によると本社は東京・銀座にありますが、日本企業ではなく、経営は中国の方がしています。

かつてネットでは「ユニクロとダイソーと無印良品を足したお店」として話題になったこともありました。

 
 

「メイソウ」の店内の雰囲気

東京23区ほどの国土面積しかないシンガポール国内に、メイソウはなんと11店舗もあります。店舗展開も急速に拡大しているようなので、人気なのかもしれません。

 
こちらがお店の外観です。(遠くから見るとユニクロのロゴに見えるような)

 
ブランドのキャッチコピーは「今の生活が好き!だから、名創優品」。

 
ロゴはユニクロ似でしたが、店内は無印良品のような雰囲気です。

 
 

「メイソウ」の商品説明は、全て日本語

生活雑貨のお店だけあって、なんでも売っています。化粧品、スピーカーなどの電子機器、ネクタイなどの服飾雑貨、お菓子などなど。
商品の価格帯は$3.9前後(約320円)が多いように見受けられました。

 
なぜかマッサージグッズが充実しています。

 
ぬいぐるみもバリエーション豊富でした。その中でも最も大量に陳列されていたのはくまモンのぬいぐるみ。

 
下着のデザインは、シンプルですね。

 
全ての商品説明文は日本語で書かれています。

 
「ミニ濡れタオル」

 
「天然水でできていゐ 素肌をたっぷり 栄養保湿の化粧水です」

日本語がちょっと惜しい・・・!

 
「ブロッ」

ナノブロックシリーズのような商品。なかなかにバリエーションが豊富でした。

 
 

シンガポール人の友人に「メイソウ」について聞いてみた

日本語がふんだんに使われているし、海外の人がメイソウを見たら、日本企業だと思うのではないだろうか……?
不安になったので、シンガポール人の友人に聞いてみました。

私「メイソウって知ってる?」

友人「知ってるよ、日本っぽいのあのお店でしょ? でも、中国のお店だっけ。ユニクロみたいだよね~。」

シンガポールではメイソウが日本ブランドでないことは有名なんだそうです。その子曰く、「商品は豊富だけど、それだったらダイソーの方が安いよね」とのこと。確かにシンガポールのダイソーは全ての商品が$2(約160円)です。

 


メイソウの店舗展開を見ていると、生活雑貨店の需要の高さに気づかされます。

シンガポールに住んでいると、日本の商品・サービスに影響を受けたのかな? と思う外国のお店に出くわすことが多々あります。そのような企業がビジネスを自国内で展開するだけでなく、海外にも展開していることに最初は驚きました。

世界にはいろいろな商売の方法があるのだなあと感心しますが、それでもやっぱり、日本企業には頑張ってほしいと思うのでした。

 

☆名創優品(メイソウ)
http://www.miniso.jp/

好奇心の奴隷

好奇心の奴隷

ICONIC

お酒と居酒屋と人間が好きです。世界で一番お酒がおいしく飲める場所を探し求めて、海外の酒場を放浪しています。最貧スラム街から天空ルーフトップバーまでお酒が呼べば何処へでも。未知との遭遇とお酒の誘惑という快楽の奴隷であること以外はごく普通の女の子です。たぶん、おそらく。

記事をシェアする

関連する記事