現地の人に学ぶ! シンガポールの交通機関を快適に使いこなす便利な裏技とは?

記事をシェアする

シンガポールの公共交通機関はとても便利!
電車(MRT)、バス、タクシーを使ってどこへでも簡単に、かつ安全に行くことができます。今回は3つの交通手段それぞれの特徴と、現地の人が知っている【快適に乗りこなすための裏技】をご紹介します。


移動手段①電車(MRT)

シンガポール初心者でも最も簡単に乗りこなすことができるのは、MRTと呼ばれる電車です。南北線、東西線、北東線、環状線、ダウンタウン線の5つがあり、それぞれ色で区別されています。日本の地下鉄と似ていますね。

1

電車は2〜4分に1本走行しており、運行が遅れることはほとんどありません。
時間通りに目的地へ着きたい時には便利です。

 

ポイント:EZ—Linkカードを使うと安く乗れる!

IC乗車カードである「イージー・リンク・カード – EZ Link Card」。
シンガポール版Suicaをイメージしてもらうと分かり易いかもしれません。このカードを使うと、普通にチケットを購入するよりも安くMRTに乗ることができちゃうんです!

カードは窓口で購入することが可能で、チャージは券売機の他、街中のセブンイレブンで簡単にできます(手数料50セント)。

2

MRTだけでなく、バスやコンビニ、スーパーマーケットでも使用することのできる、とても便利なカードです。
シンガポールに来たらすぐに作ってみましょう!

 

移動手段②バス

現地のシンガポール人が最も頻繁に使う交通手段は、バスです。
便数が多く、シンガポール国内のほとんどを網羅しているためどこへでも行くことが出来、運賃も非常に安くてとっても便利!

3

バスはエアコンも完備されており座席も広く、2階席に座れば観光気分で街の景色を楽しみながら目的地まで行くことができます。

ポイント:アプリを使えば土地勘がなくても迷わない!

シンガポールのバスは時刻表がなく、また停車するバス停のアナウンスもないので、土地勘がないと乗るのは難しいと思われがち。

しかし、現地の人がみんな使っている便利なアプリを使えば、初心者でも簡単に乗りこなすことができるんです。

 

・アプリ①GoogleMap

4

まずは目的地までのバスの番号をグーグルマップで調べます。
「Lucky Plaza」から106番のバスに乗れば良いということがわかりました。

 

・アプリ②MyTransport

5

時刻表はありませんが、次のバスが何分後に来るのかをアプリで調べることができます。
106番のバスは12分後に来るようです。

無事に乗れたら、グーグルマップを見ながら最寄りの駅で降りましょう!

 

移動手段③タクシー

シンガポールのタクシーはメーター制ですので、東南アジアにありがちな料金交渉をする必要がなく、安心です。
24時間走っており、現地の人も気軽に使っています。初乗りも3.7ドルと、日本に比べてとても安い!急いでいる時に便利です。

6

ポイント:アプリを使えば待たずに乗れる!

タクシーはとても便利ですが、雨が降った時や夜などは、タクシースタンドに長い列が出来てしまうこともしばしば。

7

そんな時、現地の人が使っているアプリが「Grab Taxi(グラブタクシー)」というタクシー配車アプリ。

現在地と目的地を入力すると、近くのタクシーを呼ぶことができます。ほとんど待たずに捕まえられますし、送迎料金も2ドル程度なので、時間を効率的に使いたい人にはオススメです!

 

シンガポールの移動はとっても簡単。MRT、バス、タクシーといずれも綺麗で安全なので、日本より快適だなと思ってしまうほど!目的に応じて交通機関を使いこなして、快適なシンガポールライフを送ってくださいね。

hitomilk

好奇心の奴隷

ICONIC

お酒と居酒屋と人間が好きです。世界で一番お酒がおいしく飲める場所を探し求めて、海外の酒場を放浪しています。最貧スラム街から天空ルーフトップバーまでお酒が呼べば何処へでも。未知との遭遇とお酒の誘惑という快楽の奴隷であること以外はごく普通の女の子です。たぶん、おそらく。

記事をシェアする

関連する記事