バンコクで洋食を楽しみたいなら、アクセスのよいスクンビットソイ11へ

記事をシェアする

バンコクに来たら、タイらしい寺院巡りやチャオプラヤー川クルーズなどを楽しまれることと思いますが、ここは東南アジアきってのコスモポリタンな大都市バンコク。

ちょっとインターナショナルな空気も味わってみたいですね。
そんなときは、バンコクの中心街でも欧米系の観光客がよく集まるエリア「スクンビットソイ11」がありますよ。
 


インターナショナルな空気を感じるナナエリア

観光、ビジネスの中心地であるアソーク(Asok)地区。便利な高架鉄道BTSスカイトレインのアソーク駅を中心に、連日多くの観光客やビジネスパーソンが行き来します。

そのお隣の駅であるBTSナナ(Nana)駅周辺は、ちょっとしたアラブ街などがあり、国際色豊かなエリアとなっています。こうした中東、インド料理のレストランが多いナナ界隈ですが、いわゆる洋風のお店が集中した通りがあります。

それが「スクンビットソイ11」です。

 
sukhumvitsoi11_1

 
 

スクンビットソイ11(Sukhumvit soi 11)を歩こう

東南アジアを旅行中に、洋食レストランや洋風バーを楽しみたい、でも欧米からの旅行客が集まるバックパッカーの町・カオサン(Khao San)あたりは遠いし、そもそもノリが違う、とそういったときにはナナエリアにある、スクンビットソイ11がおすすめです。

ソイ(ซอย)とはタイ語で「小さな通り」、その11番通りというわけです。

 
sukhumvitsoi11_2
 

ソイ11はBTSナナ駅の3番出口を降りてすぐ。標識が見えたら駅の階段を背に左手です。

では、早速ソイ11に入ってみましょう。

 
sukhumvitsoi11_3

 
 

おしゃれなレストランやバーはナイトタイムに

ソイ11に入ると、ホテルやレストランがちらばっています。
欧米の観光客から好まれそうなオープンスタイルのレストランや、バーなども目に入ってきます。

全体的に、かしこまってお食事、というよりはカジュアルな感じでワイワイできるレストランや、ダイニングっぽいお店などが中心といえるでしょう。気軽に選べる感じがいいですね。

 
sukhumvitsoi11_4

 
sukhumvitsoi11_5
 

夜はライブを楽しめるガーデンレストランやバーが目立ちます。

おしゃれをした金髪の若者を見掛けることも多くなるでしょう。もちろんアジアからの観光客も食事やお酒を楽しんでいます。

また、バンコクはサッカー人気からスポーツバーも多く、ソイ11でもサッカー中継をしているバーがいくつかあります。週末などは、英国のプレミアリーグを観戦しながらビールというのもいいですね!

いわゆるクラブが集まっているエリアではありませんが、DJのいるお店もありますので、気分でお店選びをしてみてください。

 
sukhumvitsoi11_6

 


スクンビットソイ11、いかがでしょう。

大繁華街というわけではありませんが、ちょっと入ってみたくなるお店が多い通りです。

アジアで洋食、ささやかながら満足な時間を過ごせるのではないでしょうか。

ではまた~

neu

寒冷地好き

neu

寒冷地好きのくせにバンコクに住んで3年。内省的な創作活動も陽気なタイではさっぱり似合わず。しかし独特の個人主義というか堪え性のないこの国の気質に呆れつつ助けられつつの毎日を過ごしております。

記事をシェアする

関連する記事