【エリアガイド】ホーチミンに移住したらどこに住む?おすすめの居住地を紹介

記事をシェアする

みなさん、こんにちは!
ホーチミン在住のベトナム人Hanです。

近年、ホーチミン市は経済・文化・社会面において急速に発展しており、ベトナムの中でも住みたい街の1つとして知られています。特に経済成長によって国内外の資本が集中し、それが都市部の人口を急増させています。故郷を離れて自身のスキルを磨きたい、家族の暮らしを豊かにしたいといった人が集まっているのです。

ベトナムには「An cư lập nghiệp」という決まり文句があるのですが、これはまず安心して暮らせる場所を見つけて、その上で安定した仕事が得られるという意味です。きっと外国人のみなさんにとっても同じだと思います。

そこで今回は、ホーチミンで長期的に住む予定のみなさんにとって参考になる、居住エリアについて解説していきます。みなさんはどこに住んでみたいですか?

 

ホーチミン1区

賑やかでモダンな街並みが特徴の1区は、行政機関や大手企業、主要な観光地が集中しており、ホーチミンの中心地として知られています。「リトルジャパン」と言われているLe Thanh Ton通り、Hai Ba Trung通り、Ton Duc Thang通りには日本人もよく訪れます。1区の地価・家賃は非常に高くなりますが、利便性が良いため住みたいと思う人は多いようです。

引用:https://a25hotel.com/kham-pha-nhung-dia-diem-noi-tieng-khi-den-quan-1-sai-gon-s255.html

 

ホーチミン2区

私は以前2区に残っている小さな農村を紹介しましたが、大部分は都市化プロジェクトが進んでおり、将来的にはさらに広く発展する見込みです。Thu Thiem トンネルを挟んで1区に隣接しており、建設予定の地下鉄も停車する予定で、第二の経済区域として期待されています。

また、2区のタオディエン(Thao Dien)エリアには多くの外国人が住んでいます。豪華なマンションや高級デパートが並び、バイクの通りも少ないため、便利かつ静かに暮らせます。但し1つ欠点があり、大雨が降ると浸水してしまうエリアがあります。

引用:https://atlas.etihad.com/five-best-boutiques-thao-dien/

 

ホーチミン3区

3区は1区に隣接しており、10区やフーニャン(Phu Nhuan)区へも行ける橋が架かっており、アクセスに優れています。また、カメの湖(Ho con rua)や戦争証跡博物館、ヴィンギエム(Vinh Nghiem)寺やサロイ(Xa Loi)寺もあるなど、歴史的なスポットが多いのも特徴です。色々な商業施設や飲食店、ファッション店、各国の大使館などもあります。程よい混み具合で道路も安全ですし、家賃も悪くないと思います。

引用:https://vietnambiz.vn/ho-con-rua-duoc-quy-hoach-thanh-quang-truong-van-hoa-du-lich-32657.htm

 

ホーチミン5区・6区

5区・6区には華人が多く住んでおり、ホーチミンの「チャイナタウン」として知られています。華人は優しくて真面目で簡素な生活を過ごしており、少し退屈するかもしれませんが、ビンタイ(Binh Tay)市場付近は賑やかで活気があります。ここでは美味しい中華料理をお手頃価格で味わうことができます。家賃も非常に安いのですが、中心地からは遠く、雨が降ると一部の道路が浸水するため注意が必要です。

引用:https://bang.vn/Di-Mot-Vong-Chinatown-Cua-Viet-Nam-157751-1486666861

 

ホーチミン7区

7区は中心地からバイクで20~30分、南に位置する住宅街です。韓国人を始めとする多くの外国人が居住しており、ヨーロッパ風のような街並みです。特にフーミーフン(Phu My Hung)エリアは、緑や小河などの自然を活用した高級マンション街の建設プロジェクトが進んでいます。
 
インターナショナルスクールや高級レストラン・バーなどもあり、まるでヨーロッパにいるような感覚で生活できます。但し、中心地に勤務する方にとっては少し不便な立地です。

引用:http://reatimes.vn/toan-canh-khu-do-thi-phu-my-hung-bi-mui-hoi-thoi-tan-cong-722.html

 

ホーチミン10区

私の家は10区にあります。会社がある1区までは少し遠くて、通勤するのにバイクで30分程度かかります。とりわけ便利なエリアとして知られている訳ではありませんが、私は10区がとても好きです。穏やかで安全で文化的で、なによりサイゴンNo.1のグルメ天国エリアだと思っています。ほとんどの飲食店が安く、家賃も抑えて暮らすことができます。ローカル向けの飲食店経営にも適した立地です。

引用:http://2saigon.vn/tin-tuc-saigon/sai-gon-nhin-cuc-doc-tu-tren-cao.html

 

ホーチミン Binh Thanh(ビンタン)区

1区に隣接するBinh Thanh区は、数年前まではホーチミンの象徴的なエリアでした。ここには1A国道や13国道、統一鉄道などが走る複雑な交通網となっており、バイク移動に不慣れな外国人の方には、少し難しく感じるかもしれません。
 
とはいえ、大きな公園や川沿いからくる涼しい風、豊かな自然、ロマンチックな街並み、湖や噴水といった様々な魅力があります。特に、高級マンションのビンホーム付近の公園はきれいで、外国人もたくさん住んでいます。1区への距離も近く、日々の暮らしを楽しみたい方にはオススメです。もちろん家賃も悪くありません。

引用:http://kinhtedothi.vn/toa-thap-cao-nhat-viet-nam-landmark-81-chinh-thuc-di-vao-hoat-dong-321673.html

 

ホーチミン Phu Nhuan(フーニャン)区

フィーニャン区は、ホーチミン内でも人口密度が最も高い賑やかなエリアです。中心地から5キロ程度の場所にありますが、逆に空港へは近くて便利です。Gia Dinh、Hoang Van Thuなどの大きい公園がたくさんあり、小さな子どもがいるローカルの家族に適しています。

Nhieu Loc川沿いにあるTruong Sa通りは夜景が綺麗で、朝晩多くの人が来ては体操やスポーツ、遊ぶなどして過ごしており、とても賑やかです。

引用:https://vietnammoi.vn/nhip-song-binh-yen-ben-bo-kenh-nhieu-loc-2806.htm

 
ご紹介した以上のエリアが、安定した生活・仕事を得る上で、そして幸せな家族を築いていく上で、ローカルの人々にとって理想的な場所です。予算や立地条件、セキュリティ面など気になる点はあるかと思いますが、みなさんがホーチミンのどこに住むことになっても、ベトナムならではの生活を楽しみ、住民の人たちと溶け込めるよう願っています。

人生は一度きり!

人生は一度きり!

ICONIC

大学で日本語学科を専攻していましたHanです。2013年よりICONICでアルバイトとして働き始めました。かれこれ4年もの間、いろいろな外国人の方と接する機会をいただいています。人生は一度きりなので、これからも有意義に楽しんでいきたいと思います。

記事をシェアする

関連する記事