SIMカードなくてもOK!?クアラルンプールのフリーWi-Fi事情

記事をシェアする

こんにちは、マレーシア在住のライター パンダンです。

以前にマレーシアの通信会社とSIMカードについてお伝えしました。
マレーシアの通信会社とプリペイドSIMカードについて

海外旅行、留学、就職などの予定がある場合、下見にマレーシアを訪れることもあるかと思います。期間にもよりますが例えばクアラルンプール滞在が数日の場合、行動予定にもよりますが、マレーシア国内通信会社のSIMカードがなくてもなんとか乗り切れる……かもしれません。

 

クアラルンプールではフリーWi-Fiが利用しやすいか?

実はレストラン、飲食店のWi-Fiが使えることが多いクアラルンプール。しかも4G回線のため通信速度も比較的サクサク。ただしファストフードなどでは利用者が多いと、スピードが遅くなったり、キックアウトされることも。そのため何度も接続し直さなければならないこともあります。

フリーWi-Fiクアラルンプール

公共の場所では例えばショッピング・モールなどでは一部エリアにフリーWi-Fiがあり利用できることも。ただし条件(ポイントカードを持っている)がある場合もあります。クアラルンプール国際空港(KLIA、KLIA2)では、Airport WiFiに接続するだけでOK

ところで気をつけたいのは、どこに接続されているかわからない、いわゆる野良Wi-Fiです。最悪の場合、カード情報が抜かれたり、ウィルスがダウンロードされたりする可能性もあります。スマホやタブレットなどの設定でWi-Fiのネットワーク名を確認してからつなぎましょう。

 

フリーWi-Fiへの接続する方法

ホテルやレストラン、バーなどの飲食店、ファーストフードなどにおける主な接続方法は、以下のパターンが多いようです。

フリーWi-Fiクアラルンプール

①チェーン系カフェで飲み物などを購入してゲット
ドリンクなど商品を購入すると渡されるレシートの下の部分にパスコード(パスワード)が記載されています。該当店舗のネットワーク名(Network Name)を選び、そこにパスワードを入力すると、一定時間店内でWi-Fi接続可能。

②店内や施設内でパスワードを入力
施設や飲食店、お店などでパスコードをスタッフに口頭で尋ねる、店の壁や柱に書いて貼ってあるといったパターン。中には日替わりでパスワードが変わる店もあり、頼むとその日のパスコードが印刷されたメモを持ってくるなど。

ホテルなどの宿泊施設
部屋ではチェックイン時に渡されるカードキーのホルダーなどに記載されているか、ホテル案内などと一緒に別紙で渡されることも。ロビーなどの公共エリアではパスコードなしのフリーWi-Fiとなっていることも。

 

クアラルンプールでフリーWi-Fiがある主なチェーン店

クアラルンプールで見かけることの多い以下のチェーン店では、フリーWi-Fiが利用できるので、休憩や食事などで立ち寄った時に利用してみてはいかがでしょうか。

フリーWi-Fiクアラルンプール

スターバックスコーヒー(Starbucks Coffee)
URL: http://www.starbucks.com.my/

フリーWi-Fiクアラルンプール

マクドナルド(McDonald’s®)
URL:https://www.mcdonalds.com.my/

フリーWi-Fiクアラルンプール

コーヒー・ビーン・ティー・リーフ(The Coffee Bean tea Leaf=CBTL)
URL:https://www.coffeebean.com.my/

フリーWi-Fiクアラルンプール

オールドタウン・ホワイト・コーヒー(Oldtown White Coffee)
URL:https://www.oldtownmy.com/


 
最初にもお伝えしましたが、ツアーなどを利用している、現地でアテンドがあるため単独で移動することがない、という場合はマレーシア通信会社のSIMカードは不要で、このような形で乗り切ることもできそうです。

写真:全て筆者撮影

野生の勘を磨け!

野生の勘を磨け!

ICONIC

暑いところが大嫌いだったはずが、住んでみたらマレーシアの南国独特の時間の流れにすっかりはまったビール好きライター。旅は自分で車を運転していくのが好き。ビーチで夕日を見ながら一杯!が至福の時間。

記事をシェアする

関連する記事