「こんな果物見たことない!」ベトナムで食べたい南国フルーツ8選

記事をシェアする

皆さん、こんにちは!Hanです。

猛暑のベトナムで1番楽しいことと言えば、鮮やかな色のひんやり冷たい果物を味わうことです。真っ赤なスイカに齧りついて、口に広がる爽やかさと甘さを感じたり、色々な果物から作るヘルシーで美味しいシントー(ベトナムのスムージー)を飲んだり……想像しただけで涼しくなりますね!

ベトナムは東南アジアでも南国フルーツ王国として知られており、訪れた誰もが数千にも及ぶ品種やその美味しさ、ちょっと変わった形状などに驚かされます。かつては新しい品種を海外で発見し、国内に持ち帰って栽培したことが始まりとされています。その後、多くの生産者や研究者は現状に留まらず、新しい苗木や果物の研究に余念がありません。

そんな訳で今回は、ベトナムのちょっと変わった果物について、私と一緒に研究していきましょう。
日本では見ることのない珍しい南国フルーツに、びっくりすると思いますよ!

 

1. 小玉スイカ

最初に紹介するのは、小玉スイカです。ベビースイカとも呼ばれており、メキシコや中米諸国に起源があります。ベトナム国内ではラムドン(Lam Dong)省のダラット(Da Lat)で多く栽培されています。

種を植えると苗木が育ち、写真のように枝に実が成ります。手のひらサイズで重さは200~300グラム、熟すと黄色っぽくなり、紫色の筋が浮かびます。中身の種が少ないのも、普通のスイカとの違いです。

ベビースイカは甘みが少ないものの、水分をたくさん含んでいるため、砂糖と混ぜてシントーを作るのに適しています。また、スイカは縁起物とされており、テト(旧正月)にお供え物として飾られます。

ユニークな色合いの小玉スイカ
引用:https://www.chudu24.com/thongtindulich/2016/12/21/tour-vuon-tuoc-co-mot-khong-hai-o-da-lat/tour-vuon-tuoc-co-mot-khong-hai-o-da-lat-2/

 

2. 紫色の竜眼

メコンデルタの名物といえば竜眼(リュウガン。ロンガンとも言う)です。ライチよりも小ぶりで、茶色い皮の中にツルっとした白い果肉が入っています。しかし、今回紹介したいのは特別な紫色の竜眼です。

この紫竜眼は見た目に限らず出自も特別で、ベトナム全土でもメコンデルタに住むTran Van Huyさんのもとにのみ生息しています。17年前、普通の竜眼を育てていたHuyさんの庭に紫竜眼の枝が突然現れ、驚いたHuyさんはその枝を切って植え直し、その後枝が成長して綺麗な紫色の竜眼が実ったそうです。

Huyさんはこの苗木を近所の人にも分け与え、今では彼の住むソクチャン省は紫竜眼の産地として全国に知られています。但し、タイ・台湾・中国などの国外から苗を求めて来た人には誰にも売らず、「神様がくださったご縁」として、地元で大切に育てているそうです。

鮮やかな紫色の竜眼
引用:https://www.24h.com.vn/thi-truong-tieu-dung/can-tet-vuon-nhan-tim-van-nguoi-me-un-un-nguoi-xep-hang-xin-mua-c52a1019727.html

 

3. 2色のココナッツ

次は、ちょっと不思議なココナッツの紹介です。Nguyen Chi Cuongさんという農業技術者が6年の月日を経て研究・繁殖したとされる、アドナ・ココナッツです。

通常、ココナッツは背の高い木に成り黄緑色の見た目をしていますが、アドナ・ココナッツは手を伸ばしただけで取れる背の低い木に成り、黄色・オレンジの2色の鮮やかな色合いとなっています。この品種は病気に強く、1本の木に300~350もの実をつけ、1個あたりの重さは最大2キログラムにも上るという生産効率の良さです。1個50,000~150,000ドンで売られています。

Cuongさんはホーチミン12区にココナッツ農園を持っており、多くの観光客を受け入れています。ココナッツを味わったり、付近で釣りや水上自転車を楽しむことができますよ。

 

綺麗な色合いの2色ココナッツ
引用:https://nongsanvietnam.vn/trong-dua-2-mau-trong-dua-trong-chau-vua-giau-vua-sang/

4. 果肉が赤いりんご

りんごといえば赤い見た目をイメージすると思いますが、今回私が紹介するのは、一見普通のりんごでも齧ると赤い果肉が出てくるりんごです。初めて食べる方はびっくりすると思います。

2014年にスイス人がベトナムに輸入し、次第に好んで食べる人が増え、今では多くの農家で栽培されています。2色ココナッツのように低い木(高さ1~2メートル)に成り、病気に強く、外来種ながらベトナムの気候に合う育てやすい品種です。18~24ヶ月くらいで収穫できます。

いくつかの研究資料によると、この赤いりんごは栄養価が高く、ビタミンが豊富で抗酸化作用があるなど、健康にとても良いそうです。もし私の家に庭があれば、絶対にこのりんごを育てると思います!鮮やかな色が綺麗ですし、育ちやすくて栄養もあって美味しい……メリットしかありません。

 

切るとびっくり!赤いりんご
引用:https://hatgiongdocla.net/san-pham/hat-giong-tao-ruot-do-redlove-hang-chuan-117.html

 

5. 黄金ミルクフルーツ

みなさんはベトナムのミルクフルーツを食べたことがありますか?丸い形状で皮は緑色、中はミルクのように白く柔らかい果肉が入っています。これが名前の由来で、一般的なミルクフルーツのことを指します。しかし、私がお伝えしたいのはもっと高価な黄金ミルクフルーツです。

黄金ミルクフルーツにはアビウ・ミルクフルーツやスターアップル、水晶柿といった別名もあります。写真のようにパキッとした黄色で、皮は薄く、切ると種が1粒だけ入っていて、良い香りがします。

ルーツはビンフオック(Binh Phuoc)省にあり、現地に50本のみあった苗木を生産技術を応用して栽培し、自動給水システムを導入するなどして、数千本まで増やすことに成功したそうです。

ベトナムでは高級フルーツとして扱われ、輸入品を扱う青果店などで1個300,000~350,000ドンで売られています。紙に包んで冷蔵庫に入れると1週間ほど保存できるため、主婦にも重宝されています。

眩しい色の黄金ミルクフルーツ
引用:http://soha.vn/la-lung-vu-sua-vo-vang-dat-gap-10-lan-vu-sua-viet-gay-sot-thi-truong-20180524114555938.htm

 

6. 034アボカド

アボカドの美味しい食べ方といえば、ベトナム人ならすぐにアボカドシントー(アボカドスムージー)を思い浮かべます。そして、美味しいシントーを作るためには美味しいアボカドを選ぶことが1番大切です。

「アボカドの王様」として認められている034アボカドは、写真のとおり特徴的な外見です。普通のアボカドよりも27~30センチ程度長く、重さは300~800グラム、まるでヘチマのようです。

034アボカドは、Nguyen Dang Trungさんという農家の方が13年の研究・投資を経て栽培した成果との事です。彼は長年アボカド畑の開拓や品種探しをしており、どこかで新たな品種が見つかれば、すぐさま飛んでいくという熱心な人です。そしてついに、タイグエン(Tay Nguyen)省にあるBao Lam町で古木のアボカドを発見し、接ぎ木の許可を得て034アボカドの栽培に成功したのです。

その過程で何度も失敗しましたが、改良を繰り返し、034アボカドは現在国内各地で栽培されています。9月~12月が旬で、みなさんは市場やスーパーに行けば手頃な価格で購入できますよ。アボカドは粘膜の炎症や潰瘍を防ぎ、抗酸化作用もあると言われている、健康をサポートしてくれる果物です。

へちまのように長い、034アボカド
引用:https://giongcay.net/giong-bo-034

 

7. カラオレンジ

カラオレンジとは、写真のように果肉が濃いオレンジ色の品種を指します。起源はベネズエラにあり、アメリカに輸出されその後オーストラリアに渡り、現地の在留ベトナム人が持ち帰ったことで広まりました。

一般的なオレンジよりも大きく、重さは約200グラム、皮は薄くて黄色で、切るとたっぷりの果汁が出てきます。中に種はなく、少し酸っぱいグレープフルーツのような味がします。

研究者の間では、カラオレンジはビタミン豊富でがん予防が期待できるとされており、特に女性の身体に良いそうです。ジュースにするより生で食べたほうが良いとも言われています。

燃えるような色のカラオレンジ
引用:https://vov.vn/kinh-te/thi-truong/cam-ruot-do-da-lat-luon-trong-tinh-trang-chay-hang-567411.vov

 

8. サチの木(サチャインチ)

最後に紹介するのはサチの木、別名サシャインチです。なんと1000年以上前からペルーに生息しており、2007年に行われたパリの食品展覧会がきっかけで世の中に知られることとなりました。2010年にはSachiVinaという企業や農業大学がベトナムに持ち帰り、4年ほど試験的に育成した後、現在はタイグエン(Tay Nguyen)省にて広く栽培されています。

サチの木はつる植物で、高さ2メートル、ハート型の葉が生い茂っています。写真のように星柄に実り、中には4~8つの種が詰まっています。木の寿命は15~30年と長く、長期に渡って栽培できます。

私がみなさんにサチを紹介したい理由は、種の部分が豊富な栄養素を持つスーパーフードとして知られているからです。いくつかの統計データによると、種には身体機能をサポートする大切な不飽和脂肪酸が含まれており、オメガ3脂肪酸48~58%、オメガ6脂肪酸30~36%、オメガ9脂肪酸8~13%の含有量になるそうです。サチの種はスキンケア用品に使われていたり、ティーバッグやドライシードの状態で摂取できます。但し、ベトナムでは生産量を増やしている最中のため、少し高価になります。

サチ/サチャインチ
引用:https://tantan.com.vn/blog/sachi-vua-cua-cac-loai-hat-ban-da-biet-chua

 
以上が、みなさんに紹介したいベトナムのちょっと風変わりな、でも美味しくて身体に良いとされる果物です。私もまだ全て試したわけではありませんが、病気の予防や健康維持のためにも、必ずこれらを見つけ出して食べるつもりです。

農業技術の発展とともに、ベトナムの農業研究機関や農家の人々が、このような私達の国の「果物コレクション」をもっと豊富にしてくれるものと信じています。

人生は一度きり!

人生は一度きり!

ICONIC

大学で日本語学科を専攻していましたHanです。2013年よりICONICでアルバイトとして働き始めました。かれこれ4年もの間、いろいろな外国人の方と接する機会をいただいています。人生は一度きりなので、これからも有意義に楽しんでいきたいと思います。

記事をシェアする

関連する記事