ホーチミンの中華系料理店を巡る!サイゴン中華飲食ツアー

記事をシェアする

Hi!みなさん!
ホーチミン在住のベトナム人Hanです。
ホーチミンでは年々中華料理店が増えており、店舗同士の競争も加速しています。そうしたなかでも勝ち残った人気店や老舗店の存在を、みなさんはご存知でしょうか。
今回はホーチミンでおすすめの中華系料理店を紹介する、「中華飲食ツアー」にみなさんをご招待したいと思います。朝から晩まで中華系料理を楽しみましょう!

 

ツアーの始まりは、1杯のコーヒーから。

まずは6区の中国人街、313 Tan Phuoc StreetにあるThanhおじさんのフィルターコーヒー店を覗いてみましょう。90年代を彷彿させる希少なフィルターコーヒーは、かつてベトナムに移り住んだ中国人が伝えたと言われています。

引用:http://cstc.cand.com.vn/Muon-mau-cuoc-song/Ca-phe-vot-o-dat-Sai-thanh-482694/

布フィルターで抽出したネルドリップのコーヒーは、一口飲むと豊満な味と香りが舌先から喉まで溶けて広がるよう。美味しく淹れるコツは、洗剤でフィルターを洗わずにコーヒーの香りを残すこと(フィルターが黒くなるほど美味しいそう)、漢方薬を煎じるための陶器を使うこと、そして薪を使用したコンロで湯を沸かすことです。

引用:https://lozi.vn/kikibabeboo/ca-phe-vot-nua-the-ky-an-minh-trong-hem-sai-gon-1420310574000?utm_campaign=copy

抽出したコーヒーに、Ong Thoという練乳とビエンホア産の砂糖を加えて完成です。これでなんと1杯10,000VND。店内ではThanhおじさんの友人やチョロン地区の人々が、コーヒーを味わいながら雑談を楽しんでいます。昔のサイゴンに戻ったみたいですね。

コーヒーはもちろんですが、付け合せのChao quay(揚げパン)との相性も抜群です。みなさんも訪れた際は、ぜひコーヒーと一緒に注文してみてください。

※2018年8月20日追記
Thanhさんのコーヒー店は現在、営業を停止しています。

 

土鍋で出てくるフーティウミー

コーヒーを飲んだら、次は朝ごはんを食べに5区のフーティウ店へ向かいましょう。417 Hong BangにあるHoa Ky Hu tieu mi tay camです。ここでは全メニューがフーティウで、中でも土鍋のフーティウミーが最高に美味しいです。

引用:https://www.facebook.com/DiaDiemAnUong/photos/pcb.1962201090473908/1962200837140600/?type=3&theater

コシのある米麺と豚足が入ったスープに、Chao(腐乳)とSa te(ラー油)を添えていただきます。初めは真っ赤な肉に驚くかもしれませんが、これは豆板醤で調味しているためです。少し甘めに味付けされたホーチミンのフーティウと異なり、華人の伝統を感じさせる料理ですね。取っ手の付いた土鍋で出てくることから、「取っ手フーティウミー」と名付けられました。
私はよく土曜の朝に食べに行きます。もうすぐ全メニュー制覇しますよ~!

 

土碗でいただくご飯

フォーなどの麺料理が有名なホーチミンですが、長年親しまれてきた主食といえば、やはり米です。1区のTon That Dam Streetにはかつて多くの華人が住んでおり、華人もベトナム人も揃ってご飯を食べていたものです。

引用:https://thanhnien.vn/doi-song/am-thuc/com-tho-60-nam-cua-sai-gon-751291.html

この通りで60年以上米屋を営むCom Tho Chuyen Kyは、ホーチミンで唯一、土碗(陶器のお茶碗)に盛ったご飯を提供しています。美味しいご飯とそれに合うおかずをリーズナブルな価格で提供し、三世代に渡って経営してきました。
お米を通じて伝統的な食文化を守り続けています。

引用:https://thanhnien.vn/doi-song/nguoi-sai-gon-ai-tung-an-nhung-mon-nay-tai-quan-com-69-nam-tuoi-906691.html

 

炭火を使った小島の鍋

さて、美味しいお米を楽しんだら、次はLau Dan Ichへ向かいましょう。Nguyen Trai通りとChau Van Liem通りの交差点にある鍋料理店です。
Lauは鍋料理のことで、Lau Dan Ichでは日本でもおなじみのしゃぶしゃぶ鍋、火鍋子を使用しています。真ん中の煙突部分に暑い炭を入れて、下から加熱して調理します。煙突部分がスープに浮かぶ小さな島のように見えることから、nồi lẩu cù lao(小島の鍋)と呼ばれるようになりました。

引用:https://www.foody.vn/bai-viet/nhung-mon-lau-thich-hop-chieu-mua-sai-gon-13035

具材はエビ・チャカ・魚のすり身・イカ・きのこ類・野菜など様々で、家族や友達と一緒にいただきます。現在は電気コンロで手軽に調理することができ、人気料理となりました。

 

変電所で食べる!?中華風チェー

ツアーの最後は、デザートを食べに行きましょう。チェーと言えばベトナム風のチェーをイメージする方が多いと思いますが、中華風のチェーも好きになれると思います。
5区のDuong Tran Hung Dao通りには、70年営業しているChe Chau Giangというチェー屋さんがあります。広東人のPhanさんが経営しています。彼は路上販売が禁止されていたフランス政権時代に、変電所の作業場でお店を開きました。その後も4世代に渡って作業場で経営していることから、通称“Che Nha den(電気屋チェー)”と呼ばれています。

引用:https://sweetiesandrose.wordpress.com/2013/06/27/my-favourtie-che-o-sai-gon-che-chau-giang/

引用:https://sweetiesandrose.wordpress.com/2013/06/27/my-favourtie-che-o-sai-gon-che-chau-giang/

華人がつくるチェーや優しい甘さで、体にもよく、毒素の排出を促してくれると思います。Che Nha denは小さいお店ですが、20種類ものチェーを楽しめますよ。詳細を知りたい方は、ぜひ直接訪ねてみてくださいね。

 
以上、ホーチミンの中華飲食ツアーをお届けしました。見ているだけでお腹が一杯になったと思います(笑)
かつてホーチミンには様々な飲食店がありましたが、今もなお残っているお店は僅かです。私たち現代人は昔の人々の生活について知り、伝統的な食文化を守っていく必要があるでしょう。そのためにも、ぜひ紹介したお店に足を運んでみてくださいね。

HanT

人生は一度きり!

ICONIC

大学で日本語学科を専攻していましたHanです。2013年よりICONICでアルバイトとして働き始めました。かれこれ4年もの間、いろいろな外国人の方と接する機会をいただいています。人生は一度きりなので、これからも有意義に楽しんでいきたいと思います。

記事をシェアする

関連する記事