【写真付きで解説】ベトナムでのSIMカード購入から電話開通、チャージ方法まで

記事をシェアする

こんにちは、バインミー将太郎です。

世界中どこで生活する時も必要不可欠なのが、スマートフォン
都会の生活に慣れ切った僕は、もはやスマホなしでは生きていけません。

そこで今回は、ベトナム現地に降り立ってからどうやってSIMカードを購入し使用するのか、詳しく解説していきます。

 

事前準備:SIMロック解除の方法

スマートフォンを日本から持参して使う場合、事前にSIMロックの解除が必要となります。

※SIMロックとは
携帯端末を購入した携帯会社と、利用する通信回線を提供している携帯会社が同一でなければ、通信できないように携帯電話がロックされている状態のこと。

SIMロックの解除は店頭またはオンライン上によって手続きのフローや料金が異なり、一部解除できない端末もあります。具体的な方法については、各主要キャリアのホームページで必ず確認してください。
SIMロック解除の手続き/softbank
SIMロック解除の手続き/docomo
SIMロック解除の手続き/au

SIMロックが解除されたスマートフォン(SIMフリー携帯)を準備できれば、あとはSIMカードをベトナムで購入するだけです。

 

ベトナムでSIMフリー携帯を購入する方法

SIMフリーの携帯を新たに購入したい場合は、現地のスマートフォンショップへ向かいましょう。
ベトナムのスマホはSIMフリー対応になっており、購入後にSIMカードを設定するだけで利用できます。中古品も広く出回っており、購入からSIMカード設定までショップ店員が対応してくれることもあり便利です。

▼おすすめショップはこちら


thegioididong
住所:136 Nguyễn Thái Học, Phường Phạm Ngũ Lão, Quận 1, Hồ Chí Minh
営業時間:午前8時~午後8時(土日も営業)

スマホ専門の大手チェーンショップで、あちこちに店舗があります。
定期的に割引も行っており、他店と比較してホスピタリティも高いショップです。

 

グエンキム電気
住所:63-65-67 Đường Trần Hưng Đạo, Phường Cầu Ông Lãnh, Quận 1, Hồ Chí Minh
営業時間:午前8時~午後8時(土日も営業)

大型家電量販店です。最新のガジェットから身の回りの家電製品まで一通り揃います。
近隣のグエンキム通りは秋葉原のような電気街としても知られています。

 

CellphoneS
住所:157 Nguyễn Thị Minh Khai, Phường Phạm Ngũ Lão, Quận 1, Hồ Chí Minh
営業時間:24時間営業

中古のスマートフォンショップです。市街地の店舗は外国人慣れしているスタッフも多く英語が通じます。
iphoneSE(64GB)で200ドルくらいでした。安い!

 

ベトナムでSIMカードを購入する方法

ベトナムの主要キャリアはViettel(ベトテル), Vinaphone(ビナフォン), Mobiphone(モビフォン)の3社となり、いずれも政府系の企業となっています。金額などに大差はないため、3社のいずれかを選ぶのがベターです。

ベトナムではプリペイド式のSIMカードが主流となっており、通信量は30日間で200,000VND(約1,000円)程度です。電話・SMS・インターネットを利用することができ、日本と比較すると格安です。

SIMカードは空港やコンビニ、キャリアショップ、個人商店などあらゆる場所で購入できますが、キャリアショップではアクティベートや各種設定などすべて店員さんが行ってくれるため安心です。

▼おすすめショップはこちら


Mobifone(Nguyễn Du店)
住所:80 Nguyễn Du, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh
営業時間:午前8時~午後8時(土日も営業)

観光地のど真ん中にあり、英語対応も可能です。
店舗に着いたら、入って右側の受付でSIMカードを購入したい旨を伝え、番号札を受け取り順番を待ちます。カウンターに呼ばれたら店員さんにSIMカードが購入したいと伝え、お好みの料金プランを選択します。

Mobile Internet:https://www.mobifone.vn/wps/portal/public/dich-vu/internet-data/internet-data-chi-tiet/mobile-internet
例えば4Gの場合、HD70というプランが3.8GBで30日間70.000 d(約350円)となっています。

SIMカード購入後はすべて店員さんが設定してくれるため、待っているだけでOKです。
ただし、購入時はパスポートが必要になるため必ず持参しましょう。

店内ではWi-Fiにアクセスできるほか、新型スマートフォンのお試しやアクセサリの購入、SIMカード紛失時の再購入・設定などもでき、なにかとお世話になるショップです。ぜひ覚えておいてください。

 

SIMカードのチャージ方法

SIMカードのチャージは、キャリアショップやコンビニ、個人商店などどこでも可能ですが、特に便利な2つのチャージ方法をお伝えします。

コンビニでチャージする方法

ベトナムにはファミリーマートやミニストップ、セブンイレブンなど日本でもおなじみのコンビニがあります。
チャージする際は、レジに並んで携帯会社名とチャージしたい旨を伝えればOKです。金額を聞かれるので、チャージしたい金額分の紙幣を渡しましょう。難しければ、紙幣を渡しながら「Mobiphone(モビフォン)、チャージ!」と連呼すれば伝わるはずです。

その後レシートのようなものを発行してくれます。
SIMカードチャージに必要なレシート

 
赤枠の14桁の番号を以下のように入力し、発信します。
「*100*14桁の番号#」
番号入力画面
 

 
発信後、携帯キャリアから以下のようなメッセージが届きます。

メッセージが届けばチャージ完了です!楽勝!

 

オンラインでチャージする方法

近くにコンビニがない、行くのが面倒、という方はオンラインでチャージしてみましょう。
まずはキャリアのトップページを開きます。Mobiphone(モビフォン)の場合は以下のWebサイトです。

http://mobifone.vn/wps/portal/public
※赤枠を選択し、言語を「英語」に変更することをおすすめします。

オンラインペイメント_mobiphone①

 
トップページ下にある赤枠の「Online Payment」を選択します。
オンラインペイメント_mobiphone②
 

電話番号などを入力し、「Pay」を選択します。
オンラインペイメント_mobiphone③
 

チャージする金額を選択します。
オンラインペイメント_mobiphone④
 

クレジットカード情報を入力します。

 

メッセージが届けばチャージ完了です!

 

残高照会方法

SIMカードを使い始めたら、残高が残っているのかもチェックしてみましょう。
「*101#」を入力して発信すると、以下のようなメッセージが表示されます。

一番上に表示されている「71165 d」が残高です。
利用プランの料金に従い、必要に応じてチャージしましょう。

 

ベトナムのフリーWi-Fiスポット

万が一インターネットが繋がらず困った際は、以下のフリーWi-Fiスポットがオススメです。

・タンソンニャット空港
・レストラン、カフェ(スターバックス、THE COFFEE HOUSEなど)
・大型ショッピングモール
・コンビニ

これら場所でWi-Fiにアクセスできるか試してみてください。
特にカフェは街中のいたるところにあり、小綺麗な店はほぼ確実にWi-Fiがあります。店内やレシートにパスワードが掲示されているため、飲み物などを購入しアクセスしてみましょう。

 
 
以上、ベトナムでのSIMカード購入から利用方法までお届けしました。
SIMカードを上手に活用して、インターネットに不自由しない快適なベトナムライフをお過ごしください!

ベトナム料理を食い尽くせ!

ベトナム料理を食い尽くせ!

ICONIC

バインミー将太郎です!どうぞよろしくお願いします。ベトナム料理に魅せられ、気づいたらホーチミンにいました。特にバインミーが大好き。美味しいベトナム料理を食べつくし、ホーチミンの彦摩呂を目指します。ちなみに体重はトップシークレット。

記事をシェアする

関連する記事