マレーシアでスマホに入れておくべきお得で便利なアプリ

記事をシェアする

こんにちは、マレーシア在住のライター パンダンです。

日本でもSNS系をはじめ、クーポン、スマホ決済など便利がアプリが増えてきていますね。
では、マレーシアで使えるアプリは?と気になる方もいらっしゃると思います。

今回は個人的にではありますが、スマホに入れおくとお得だったり便利だったりするアプリを紹介します。すでにメジャーなものが多いので、概要のみのざっくりとしたピックアップとなります。

 

タクシーアプリといえばGrab

自家用車やバイク、公共交通機関を利用しないでも移動できるタクシー配車アプリといえば、Grab(グラブ)。お酒を飲飲んだ帰りに、ショッピングに、友だちの家までタクシーを気軽に利用できます。クアラルンプールではここ数年、利用者が増えています。

数年前まではタクシーといえば流しのタクシーで、メーターを倒してくれない、最初に価格交渉しなければならない、といった利用に際してのハードルの高さが目立ちましたが、Grabの登場によりその心配はほぼ無用。

まずはアプリをダウンロードし、名前や電話番号など必要な情報を入力すればすぐに使えます。自分の居場所をGPSか場所名(近くにあるお店や通りの名前など)を検索して入力し、目的地も入力します。その後料金が表示されるので、現金やクレジットなどの支払い方法を決定し、ドライバーを手配します。

ドライバーが決定すると、画面には「ピックアップまでの時間」「担当ドライバーの名前と車種、ナンバープレート」などが表示されます。何分後に誰がどんな車で迎えに来るのか、今どこにいるのかをリアルタイムで確認できて安心です。

チップは基本的に不要ですが、高速料金は別途支払う必要があります。

Grabは基本的にタクシー配車アプリとして利用しますが、スマホ決済アプリとしても使えたり、ポイントを貯めてお得なクーポンを使えたりと、奥が深くなりつつあります。

Grabの詳細・インストールはこちら

 

割引クーポン連動のスマホ決済アプリFave

日本でも最近増えてきたスマホ決済アプリ。
コンビニへ行くにも、現金を持たずスマホ1台あればよいので利用者が増えているそうですね。

マレーシアでは、割引クーポンとスマホ決済が一つになったFave(フェイブ)というアプリが人気。割引可能なジャンルは、食事・美容・マッサージから旅行・フィットネスなどさまざまです。

fave(フェイブ)

スマホ決済の場合、クレジットカードを登録することになります。現在はマレーシア国内発行のカードのみ利用可能となっています。取得していない場合はペイパル(PayPal)からの引き落としを使うことも可能。

Faveで支払うと、次回会計時に使えるキャッシュバックがあります。割引率はそれぞれですが、最高で30%にもなります。同じ店で買い物をする際は、前回利用分に受けたキャッシュバックが使えます。(例えばAショップで買い物をした場合、割引を受けるには同じAショップのキャッシュバックのみ利用可能)

Faveの詳細・インストールはこちら

 

メッセンジャーアプリといえばWhatsApp

LINEのようなメッセンジャーアプリといえば、マレーシアではワッツアップWhatsApp(ワッツアップ)が一般的です。筆者も知らなかったのですが、ユーザ数が世界一と言われているアプリです。友だちとの連絡やグループチャットだけではなく、レストランなどの店舗予約も可能で、ありとあらゆる場所で使われています。

こちらに来て連絡先の交換といえば、主流はWhatsApp。アドレス帳に登録されている相手がWhatsAppを利用していれば、即メッセージを送ったり、通話ができます。英語での設定になりますが、日本でLINEを利用している方なら直感的に動かせるので、問題なく使えるのではないでしょうか。

WhatsApp(ワッツアップ)

また種類は多くありませんが、Sticker(日本でいうスタンプ)やGIF動画も実装されました。なんとなく海外っぽい柄が多い印象ですが、これから期待したいところです。

WhatsAppの詳細・インストールはこちら


マレーシアで使うと便利なアプリは、まだまだたくさんあります。ローカルの方たちがどんなアプリを使っているか教えてもらうことで、コミュニケーションを取ったりすることもできます。現地での生活にぜひ役立ててみてはいかがでしょうか。

写真:全て筆者撮影

野生の勘を磨け!

野生の勘を磨け!

ICONIC

暑いところが大嫌いだったはずが、住んでみたらマレーシアの南国独特の時間の流れにすっかりはまったビール好きライター。旅は自分で車を運転していくのが好き。ビーチで夕日を見ながら一杯!が至福の時間。

記事をシェアする

関連する記事