【ベトナム人】高収入な職業ランキングTOP5!!

記事をシェアする

こんにちはベトナム人ライターのVyです。

今回はベトナムでの給料が高い主な職業5つについて書きたいと思います。


 

ベトナムでの給料が高い職業(月給)

 

  1. パイロット(約3.500 USD)

高い給料が支払われる職業はその仕事の大変さと比例していると思います。特にパイロットは、100人以上の乗客の命を預かる責任を抱えながら、飛行機を操縦するための集中力が必要とされています。パイロットになるためには、操縦に必要な体力と精神力を鍛えるために、厳しい訓練を行わなければなりません。しかし、実用的に操縦訓練を行える大学はベトナムではごく限られており、教育の質も決して高いわけではありません。したがって、パイロットを志望する学生のほとんどはベトナムの大学に行きますが、金銭面で余裕のある富裕層の学生は外国の大学で学ぶことが多く、実際にベトナムでパイロットになった人の大半は外国の大学で学んだ方が多いです。ちなみにベトナム航空のパイロット職員のなかには、10,000USD程度もらっている方もいるそうです。

Airline pilot

 

 

2. IT企業職員 (約900USD)

現在の経済状況では、多くの外国のIT企業がベトナムに投資しています。 そのため、IT業界の採用の需要は非常に大きいです。さらに、流暢な英語や経験を持っているベトナム人のITエンジニアには1,000USD以上支払れることがあります。また、新卒採用者も500-600USDを支払われます。

IT企業職員

 

 

3. 客室乗務員(CA) (約800 USD – 1.000 USD)

ベトナムでは、CAは学歴に関係なく給料が高い仕事として、珍しい職業だとみなされています。日本と異なり、ベトナムではCAは国家資格であり、国立の訓練学校にて職業訓練をする必要があります。学歴に関わらず、この職業の平均給与は多くの若者が望んでいる額とほぼ同じ額をもらうことができます。しかし、皆さんご存知の通り、CAは表では華やかに見えながら、大変な職業です。1日のほとんどを飛行機の中で過ごし、機内に拘束されています。そして勤務時間は固定されていません。その代わり、急速な昇進によってさらなる給与がもらえることが期待されます。

客室乗務員

 

4. 航空管制官 (約800USD)

この仕事はストレスをもたらす非常に大変な仕事だと言われています。彼らの任務は、いつもコンピュータ上で飛行機の航行状態を観察し、スケジュールを見ながらフライトを手配することです。トレーニングプロセスもとても複雑で、長い期間を必要とするため、途中で断念する人も少なくありません。また、パイロットとのコミュニケーションに英語は必ず必要とされます。彼らには様々な状態でも臨機応変に対応できる能力が不可欠です。根気が必要な仕事ですがその労働に等しい給料が支払われます。

航空管制官

 

 

5. 人事部職員 (約1500USD – 5000USD)

最近ベトナムでは、人的資源管理を専攻する大学生の新卒でも、一月辺り最低270USDほどもらうことができます。マネージャークラスになると、1000USD、シニアクラスになると2500~3000USDまでもらうことができます。さらに外資系企業で働くベトナム人は4000USD近くもらっていることもあります。実際にICONIC調べによると、HRのマネージャーで1,500USDもらっている人はきわめて少ないそうです。

人事部職員


 

 

 

 

 

出典: http://mywork.com.vn/tin-tuc/10-nganh-nghe-dang-co-muc-luong-&39;khung&39;-nhat-tai-viet-nam_34523.html

 

vytran

ICONIC

私はVyと申します。友達からはMoonと呼ばれています。ベトナム人です。1992年12月12日生まれました。射手座です。HOASEN 大学を卒業し、専門はビジネス英語です。ホーチミン市に家族と一緒に住んでいます。暇な時、買い物したり、映画を見たり、音楽を聞いたりします。今まで、ICONIC会社で翻訳者として働いています。機会があれば、私は日本の人々や文化についてを学ぶために日本に行きたいです。どうぞ宜しくお願いします。

記事をシェアする

関連する記事