ベトナムで結婚式を思いっきりやってみた日本人にインタビュー

記事をシェアする

ベトナム人女性と結婚をするにはいくらかかるのか?

実際にベトナム人女性と結婚した、弊社マネージャーMに徹底インタビュー!

(ベトナム人男性と結婚される方もぜひご参照ください。)

 

1. プレゼントのジュエリーはマスト

 

2013-annuity-plated-gold-necklace-phoenix

イメージ図。「もっと金だったよ」って…

 

M「一番ダントツで高かったのは、女性に贈る貴金属」

私「と、いうと?」

M「僕の場合は金やダイヤモンドのピアスとかイヤリングとかブレスレットとかネックレスとか。指輪は、僕の場合はだけど、既に婚約指輪にダイヤのを買ってたから、新しくは買わなかった」

私「わあ、それはすごそう。どれくらい普通かけるもんなんですか?」

M「これに普通というのはない。これにかかる金額はあなたの気持ち次第です。

出たー!そういうやつ!男女ともにどうしたらいいか困るやつ!(私だったら困ります)

結局、彼の場合は40万円使ったそうです。金製品はローカルで買ったのだとか。

(40万円あったら私だったら旅行に行ってしまいます…!)

 

2. 写真を撮るための旅行あるいは街中散策代、衣装代

人生の中でもビッグイベントとされる結婚式ですから!ということで、特別な写真をたくさん撮ったそうです。

1526134_1567498806851067_4866716796787676514_n

すごい!綺麗です!映画みたいです!

旅行代金、カメラクルーを雇うお金、貸衣装代がパッケージになっていたとか。

M「写真撮るためにね、夜明け前に出かけて、ブンタウの近くくらいまで行ったんですよ。午前1時始まり、午後10時終わりでした。それでどっかに座って、ポーズをとらされたり、はいキスしてーって言われたり」

私「日の出をバッグにドラマティックな写真を撮るんですね!」

M「トータル20万円くらいですかね。だいぶ金かけたほうです。実はベトナム人にとって、結婚式は親が主催するしきたり的な部分が多くて、自由度が無いんです。だからその分写真撮影に手間をかけて、自分を表現します。花嫁にとっては結婚式当日より、こっちのほうが大事なんです。だから、ベトナムで一番疲れたイベントだったけど、これをテキトーにすることはできませんでした。頑張りましたよ」

11011289_1567506006850347_5800302837231216341_n

いろいろなバージョンがあります

10997770_1567505553517059_9031653934231058832_n

すごくたのしそう。(こんなに彼がジャンプするなんて知りませんでした)

 

3. ホテルレストランの貸切費

M「嫁さんの故郷のベンチェっていう田舎のホテルでパーティーをしたんだけど、そこのレストランを貸しきって、料理付けると大体10万円だった。

私「やったことに対しては安く聞こえますね!」

M「田舎だからね。でも一番いいところでやったよ」

 

4. 車などの移動費

M「レンタカーをね、3つ用意した。花嫁と花婿が乗るやつと、親族が乗るやつと、その他のみんなのためのバスを1台。全部で5万円ぐらい」

私「そんなのあるんですね」

M「ちょっといい車をね。あとこの車にはものすごく恥ずかしい大きな花飾りをつける」

11034256_1567495116851436_7921484881178230321_n

これでホーチミン市内を走ったそうです。目立ちそう。

私「街中で見たことあります!これは確かに日本人のセンスからは生まれない」

M「そう。あと田舎で準備するためのもろもろの移動費3万円くらいと、この飾りと似たような花のアーチ1万円と、諸経費1万とかそういう感じ」

 

しめて、費用は大体100万円。準備期間は大体一ヶ月。日本人の平均結婚費用(http://wedding.rakuten.co.jp/market-price/)を考えると、やっぱりとても安く済みますね。

また、今回彼の場合は、だいぶお金をかけたほうのケースなので

30万円くらいあれば、十分にできるそうです!

18915_1567499260184355_6120042739450845459_n

映画のようなショット2枚目。ただし新郎棒立ち。(このころには相当疲れていたそうです)

ご結婚おめでとうございました。

そういえば…

私「手続き関係はどうされたんですか?」

M「準備は全部任せました。率直に言うと、ベトナム語が相当分からないと、日本人には無理です!相手にやってもらってください。日本人はお金だけ出してください

なるほど。

 

一生に一度(ではないかもしれませんが)、結婚式はベトナムで豪勢にやってみては?

takim

ICONIC

日本人女子大生。10歳のときフィリピン、マニラに2年間ステイしたおかげで、いつの間にかすっかり東南アジア女。あのけたたましさと、フルーツが大好き。ホーチミンは2度目で、他にはカンボジア(アンコールワット)など。シティーも大好きだけど、日本人が知るべきはバリ以外のアジアンリゾート。ダイビングライセンス有。一緒に海に行きましょうー!

記事をシェアする

関連する記事