ベトナムの結婚式事情 時間通りじゃ恥をかく【ベトナム三人娘執筆】

記事をシェアする

ベトナムでは日本人と結婚する人も少なくありません。

そこで気になるのは、やはりベトナムの結婚事情です。

今回は簡単なベトナムでの結婚式事情について説明したいと思います。


現在ベトナムではほとんどが恋愛結婚になっています。
法律によると女性は18歳男性は21歳から結婚できるが、大体25歳くらいで結婚する人が多いです。

恋愛結婚の場合、結婚前に誰もが通るのがプロポーズです。普通は男の人から女の人へプロポーズをしますが、ベトナムでは「私の奥さんになりたいですか」、「結 婚してくれませんか」と言うように、ストレートな言い方が多いです。これがシンプルでわかりやすいですが、日本のようなロマンチックな感じはありません。

プロポーズが成功したら、相手の家族に紹介して、結婚の承認をもらってから結納します。この時、ビンロウの実を持って行き、相手の母親が受け取ったら婚約成立ということになっています。

そして、男性の家族は縁起の良い日を選んで、結婚式の日取りを決めます。遠いところは別ですが、二人は一ヶ月前には招待客に招待状を手渡しします。

 

ベトナムの結納
(出典:https://commons.wikimedia.org/File:Engagement_Vietnam.JPG)

結婚式は、日本のように仏前と神前の結婚式があるわけではありません。双方の家に親戚が集まって、結婚指輪の交換を済ませると、それぞれの先祖に報告の挨拶を行います。ただし、キリスト教徒は教会に行って式を挙げるようです。

 

ベトナム人の結婚式

レストランでの披露宴
レストランでの披露宴<http://ttvnol.com/threads/tiec-cuoi-ngoai-troi-lang-mang-tai-nha-hang-sun-palace.1311858/>

 

地域によって披露宴が行われる場所も異なります。人によっては、新郎新婦の家でステージを組み立てて、パーティーを挙げますが、都市部ではホテルやレストランで式を挙げます。入り口で花嫁と花婿はお迎えをし、来賓客はここでお祝い金やプレゼントを渡します。招待客が集まったところでパーティーが始まります。司会の開会の言葉、二人の紹介と家族の紹介が終わったら、乾杯をして食事を始めます。新郎新婦と両家の両親が一つ一つのテーブルに挨拶回りをし、一緒に写真を撮ります。料理を食べ終えたら、席を立ち、花嫁と花婿に見送られて式場を後にします。

 

もしベトナムで結婚披露宴に招待されたら、注意してほしいことがあります。

それは、実際の披露宴の開始時間は招待状に書かれる開宴時間より30分~1時間ぐらい遅いため、時間にゆとりをもちながら訪れるのが良いということです。またベトナムの結婚祝いのプレゼントは現金です。

時間に関しては日本人にとってちょっと不思議な感じだと思いますが、招待客にとってはこのほうがいいのかもしれませんね。

 

Mai

ICONIC

マイです!日本人と少し似た名前ですが、レッキトしたベトナム人です。薬学部の五年生ですが、2015年5月からICONICでフリーランス翻訳者として働いています(笑)なぜなら日本のことが大好きで、何でもチャンスがあれば是非挑戦したいとずっと思いたからです。ホーチミンに住んでいますのでペットは飼えないんです。それが残念。実家には猫3匹もいます。マイペースでネコ人間とよく言われてしまいますが、どうぞ宜しくお願い致します。

記事をシェアする

関連する記事