40分で海外へ行ける! インドネシアのリゾート地、ビンタン島

記事をシェアする

インドネシアにビンタン島(Bintan Island)というリゾート地がある事をご存知ですか? 日本にいるとあまり馴染みがないかもしれませんね。でもシンガポールからはフェリーで気軽に行ける、週末で楽しめるリゾート地としてとても人気の島なんです。綺麗な海でのんびりできるのはもちろん、ゴルフも安くて人気です。


 

フェリーで海外へ!

ビンタン島はインドネシアの島で、シンガポールのリゾート地として発展してきました。シンガポールからはなんとフェリーで40分という近さ!

 

 

タナメラ・フェリーターミナルからフェリーに乗ります。ターミナルまでは市街地からタクシーで20分ほど、チャンギ空港からは10分ほどで到着します。

 

 

singapore_cruisecenter

 

フェリーターミナルでチケットを購入し、出国手続きを済ませていざビンタン島へ。休日に行く場合には、チケットを事前に予約することをおすすめします。ターミナルには出発の45分前までに行きましょう。

チケットは往復58〜70 シンガポールドル(SGD)。ピーク期かどうかで金額が変動します。

フェリーは自由席なので、窓側に座りたいなど希望がある場合にはゲートに早めに並ぶと良いですよ。

 

singapore_cruise

 

フェリーに乗ること40分、ビンタン島につきました! こんなに気軽に他の国に行けるなんて、日本ではちょっと考えられませんね。

 

bintanisland

 

海がきれい!

ビンタン島にあるのは、どこまでも広がる遠浅の海。透明度が高くてとても綺麗なんです。

 

bintanisland_beach

 

こんなに綺麗な海なのに、ビーチにあまり人がいないためのんびり過ごすことができます。なんという贅沢!

シンガポールのリゾート地だけあって、ホテルも充実しています。カップルがのんびりできるプライベートなヴィラタイプのホテルや、家族連れでワイワイできるような大きなプールがついたホテルまで、目的に応じて選ぶことができます。ゴルフが好きな人は、ゴルフコース併設のホテルを選ぶのも良いかもしれません。

 

bintanisland_resort

 

価格はシンガポール並

インドネシアは物価の安い国ですが、ビンタン島だけは違います。特にホテルはシンガポール価格!

ホテルのレストランでビールを頼むと、缶ビールは平均して10SGD(約800円)ほど! カクテルも30SGD(約2400円)からといったところ。シンガポールのレストランと同じ価格帯に驚きます。もちろんレストランの食べ物もシンガポール価格。インドネシアの他の島から来ると、あまりの値段の高さに驚くかもしれません。ですが、サービスの質はしっかりしていますし、味も確かです。

 

何度でも行きたくなる島

bintanisland_beach_sky

 

週末だけちょっと気分転換したいなという時に、大都会シンガポールの喧騒を忘れさせてくれる静かで綺麗なリゾートとしてビンタン島はおすすめです!とても気軽に行けるので、シンガポール旅行の1日に組み込んでみるのも楽しいですよ。

 


■フェリーの予約:

Bintan Resort Ferries

hitomilk

好奇心の奴隷

hitomilk

お酒と居酒屋と人間が好きです。世界で一番お酒がおいしく飲める場所を探し求めて、海外の酒場を放浪しています。最貧スラム街から天空ルーフトップバーまでお酒が呼べば何処へでも。未知との遭遇とお酒の誘惑という快楽の奴隷であること以外はごく普通の女の子です。たぶん、おそらく。

記事をシェアする

関連する記事