インドネシア移住前準備2

記事をシェアする

こんばんは。アイコニック・インドネシアのFukumuraです!

 

今日は断食スタート間近の休日ということだからでしょうか、モールがものすごく混んでました。色々なお店で安売りもしており今が買い物時です。大きな特需が生まれる時期ですね!

 

++

 

さて、昨日の記事で概要をお話しした、“インドネシアへ移住する前に準備した13のこと”を順にお伝えしていこうと思います。私が行った準備ですが、具体的な準備におけるご参考になればと思います。

 

1. 日本の住民票

 

私の場合は、当時神奈川 県川崎市に一人暮らししていましたが、インドネシアでの仕事開始にあたって、海外転出届けを区役所へ提出しました。よく言われる、住民票を抜く、というや つです。当時まだインドネシアでの住所が確定していなかったのですが、役所へは「転出します(要はその地域からいなくなります)」という届け出をするだけ なので、問題ありませんでした。ちなみに、転居する大体2週間前ぐらいから届けることが役所から勧められていて、私は1週間前くらいに届けました。

 

住民票を抜くことによっ て、後で触れる年金や保険においての状況が変わってきますが、さらに住民税を払う必要が無くなる、という点が変わります。それまでも会社勤めをしていたの で、給与から天引きされる住民税にあまり意識を持っていなかったのですが、これが結構大きな金額なのです。もし住民票を残すと住民税の支払い義務が生じま すが、日本に住んでいないのに支払うのはなかなかきついですよね。

※ただし、住民税自体は住んでいた事実をもとに後から支払うものなので、在住時期と支払いにはタイムラグは発生します。

 

また、住民票を抜くデメリットとして、住民票に紐づく各種証明や勿論住民票自体を発行できなくなるので、それらが必要なサービスを受けられなくなります。私の場合は特に必要となる予定がなく、実際現時点でも困っていることはありません。

 

2. 各種住所変更

 

まず急ぎで行ったのが、郵便物の転送届けです。これはまぁ国内での引っ越しでも同じですね。1年間有効なので私の場合は実家へ転送するように変更しました。これはインターネットでも手続き可能です。ちなみに国外への転送はできません。

 

また、いくつかある銀行口座の住所変更も行いました。これもインターネットバンキングに申し込んでいればネット上で手続き可能です。無ければ、窓口へ行けばすぐに手続きできると思います。

 

3. 保険(健康保険・国民健康保険)

 

私は日本在住時、前職企 業での社会保険に加入していたのですが、海外で働くことを決め、前職を退職してから約2ヶ月ほど間が空き(海外をふらついていました)、インドネシアへ来 ました。日本は国民皆保険なので、2ヶ月ほどの空白期間も保険へ入ることが義務づけられます。つまり、以下のような流れになりました。

 

(1) 前職在職時は、給与から天引きされる健康保険

(2) 退職後、就業していない期間は国民健康保険

(3) インドネシアへ転居後は日本の保険は脱退

 

私の場合は、一旦国民健 康保険に切り替わった際(手続きをしていなくても勝手に切り替わる)、歯医者での治療をしていたので、わずか2ヶ月ですが役所で証明書をもらいそれを使っ ていました。またインドネシア転居後は、前述の住民票のところで触れたように、私は住民票を抜くという選択をしました。そのため国民健康保険は加入するこ とが出来なくなり脱退する形となっています。勿論、そのため保険料は納めていません。もし、住民票を残したままで保険加入を続けた場合は、海外で病院にか かった際の治療費にも適用されるので、現地では全額負担ですが、あとで日本でまとめて清算できるようです。(勿論適用範囲はあります)

 

4. 年金(厚生年金・国民年金)

 

状況としては、前述の保険の際と同じであり、以下のような流れになりました。

 

(1) 前職在職時は、給与から天引きされる厚生年金

(2) 退職後、就業していない間は国民年金

(3) インドネシアへ転居後は日本の年金は任意でストップ

 

保険と合わせて、年金に ついても前職と現職の間の期間は国民年金を支払っていました。ただ、インドネシアへ転居後については、住民票を抜いたので国民年金の加入は任意となりまし た。私の場合は年金の支払いは一旦ストップしています。その手続きは転出届けの提出時に同時に行いました。勿論その分将来受け取れる金額も減るので余裕の ある方は払い続けた方が良いかもしれません。ちなみに住民票を残した場合は加入は義務となるので、支払いは続ける必要があります。

 

5. 銀行・郵便局

 

まず前述のとおり、各々住所変更を行いました。私の場合はそれ以上のことはせず、インドネシアでは新たに現地の銀行へ口座を開設し、そこを給与振込口座としています。

 

ただし今考えると、今ま での預金をインドネシアで引き出すことが困難な状態になってしまっていますので、海外にて現地通貨でATMから引き出せるデビットカードの申し込みとか、 海外でも使えるシティバンクの口座を作っておくとかしておけば良かったかな、と思っています。これは私自身、今後でどうしていくか検討中の部分です。

 

6. インターネット

 

私は日本在住時、モバイルwifiを契約し使用していました。海外で使用できるプランもあったのですが、それは旅行者など短期滞在者用なので金額が高く、実際には解約することにしました。

 

もし日付を指定して使用できるプラン等、色々なプランのあるプロバイダーであれば、海外から日本への一時帰国時だけ、すぐに使うような契約プランもできるかもしれません。私の場合はそれまでの契約期間云々のため、そういったことが少々ややこしく、断念しました…

一時帰国時は無料wifiが使える場所でなんとかやり過ごそうと考えています。

 

ちなみに解約は出国当日までとしました。有線LANでインターネットをつないでいる方は、勿論家の退去時に解約するよう調整する必要があります。

 

また別の記事で触れます が、インドネシアにおいては4Gの回線も少しずつ整備されてきており、また、ルーター購入および契約をしてすぐに使い始めることも可能なので日本でのルー ター等を持ち込まなくても特に不自由はしないと思います。契約も結構簡単で金額は驚くほど安いです。

 

++

 

今回はここまでにして、次回残りの7項目をお伝えしたいと思います。

銀行やインターネットについては、正直もっと上手くやる方法があると思いますが(笑)

<関連ページ>

記事をシェアする

関連する記事