【悩む余地なし】今すぐ使うべきインドネシア生活必需アプリ

記事をシェアする

こんにちは!インドネシア在住の日本人ライター鈴木です。
インドネシアに来て驚いたことの一つが、想像以上にWEBサービスが発達していることです。

インドネシアは発展途上国ということもあり、WEBサービスには期待していませんでした。しかし、生活し始めると分かりますが、日本と同じぐらい色々なサービスがあり、日常生活を快適に過ごす上でスマホアプリはとても重要です。
(むしろセーフティーネットの意味合いでは、インドネシアでの生活の方が重要かも)

ネット環境は多少なりとも問題があるのは事実ですが(笑)、どこでもWi-Fiが使えますし、通信料も日本より安いのです。
インドネシアに赴任される方も、一緒にいらっしゃるご家族も、インターンで来られる学生さんも、インドネシアで使用できるスマートフォンを手に入れたら“即”インストールしたい、そしてインドネシア在住の日本人のほぼ100%がスマホに入っていると言っても過言ではない「アプリ」をご紹介します。

 

1. Google翻訳

赴任直後にインドネシア語が全くできなくても、Google翻訳さえあれば最低限の生活ができます。
マンションの不備が多いジャカルタでは、幾度となく業者に修理を依頼する機会が訪れます。そんな時、細かいニュアンス等を伝えるのに本当に便利です。

さらに、相手の話しているインドネシア語が分からない時も、相手にスマートフォンを渡して入力してもらい日本語に翻訳することで意思疎通が可能となります。但しインドネシア語から日本語に翻訳する時は、変換が上手くいかず分かり辛いこともあるので、いったん英語に翻訳すると良いでしょう。

カメラ入力の翻訳も優秀で、こちらは買い物に行った時や、レストランでのメニューを読む際に使用すると便利です。ついでにアプリとは関係ありませんが、使用しているスマートフォンの言語設定にインドネシア語を追加しておくと後々便利です。

 

2. Google Maps

私がジャカルタ生活で一番お世話になっていると言っても過言ではないアプリです。

目的地の確認に限らず、
・行きたい場所をピンする(リスト保存)
・お店のレビュー確認
・渋滞の確認
・目的地までの経路確認

などに使えます。

ジャカルタからバリ島へ行くのはもちろん、東南アジア各国へのアクセスが容易なインドネシア。このアプリで行きたい国・場所をすべて登録しておくと、休日の予定を立てるのにとても便利です。現地での移動手段も検索できるので、本当に賢いアプリです。
ちなみに私のGoogle Mapsは行きたい場所のフラグだらけになっています。

また、一部ナンバープレート規制対策用に、奇数・偶数ごとに最適な道順を教えてくれるそうです。(使用している携帯のアプリストアをインドネシアにする必要があるとか…)最近は渋滞情報の精度も上がってきているように感じますが、渋滞がひどいときは過信せず、早めの行動を!特に雨の日!

 

3. Zomat

お店探しには欠かせないアプリ!
インド発のアプリですが、ジャカルタでも大人気。食べログのインドネシアver.みたいなものです。
Google Mapsよりおしゃれな写真が多く、ジャンル検索やイベント検索もなどできます。私はイベント検索を使って、飲み放題をしているお店を探しています。(ジャカルタはお酒が高いので、飲み放題はありがたい!)

「Newly Opened」というカテゴリーがあるので、新しくできたお店をいち早く知ることもできます。お店選びがマンネリ化することもなくなるはずです。

 

4. GO-JEK

このアプリ1つで、できることが山ほどあるGO-JEK。
インドネシア発のタクシー配車アプリで、現在10種類以上のサービスが利用可能です。
その中でも特に利用するであろうサービスが以下2つ。

●車の手配
・タクシーを呼ぶ「GO-BLUEBIRD」
・配車アプリGrabのように車を手配する「GO-CAR」
・バイクの相乗りができる「GO-RIDE」

などを利用できます。
タクシーがつかまりにくい時間や場所にいるときは、割高になりますが「GO-CAR」を利用します。

●食べ物のデリバリー
「GO-FOOD」を利用して、ファストフードから屋台飯まで幅広くデリバリーしてもらえるサービスです。

一日中家にこもりたいときや、体調がすぐれないときにとても重宝します。
私はまだ使ったことがないのですが、この他にも「GO-PAY」というWEBマネーの機能もありますよ。

 

5. Grab

上記のGO-JECと似ているサービス。こちらはマレーシア発のアプリになります。
サービス内容がほとんど同じなので、詳細な紹介は割愛しますが、配車する際にGO-JECとGrabの両方を持っていると安心です。マレーシアやベトナムなど、他のASEAN国でよく利用されています。

 

6. Tokopedia

インドネシア発の通販サイトのアプリです。

・モールに行ったからといって欲しいものが見つかるとは限らない
・ちょっとほしいものがあっても、渋滞を考えると移動したくない
・そもそもどこに欲しい物が売っているのか分からない

そんな時に役立つのがtokopediaです。
購入するときは、念のために各ストアに在庫確認をしてから購入したほうが安心できます。インドネシアあるあるで、在庫がないのに「在庫あり」になっている可能性は充分に考えられます(笑)
意外と何でも見つかるので、スマホに入れておくと便利です。私はハロウィンの衣装を探すときに初めて使いました。

 

7. まとめ

以上、インドネシアでの生活を過ごしやすくするおすすめアプリを紹介しました。

ちなみに大人気のゲームアプリ「ポケモンGO」は、インドネシアでもプレイ可能です!
ダウンロードしておくと渋滞時間に多くのポケストップをクリアできるので、渋滞のストレスが少しは減るかもしれません。

マイブームはプリン作り

マイブームはプリン作り

ICONIC

ジャカルタ歴2年目。予想以上に近代都市なジャカルタを好きになりかけ中! 最近はプリン作りにはまってます。目指せジャカルタNO,1!

記事をシェアする

関連する記事